SBI証券、アクティブプランの株式手数料を改定。約定10万円以下の手数料を無料化

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SBI証券が 2017年8月31日から、株取引の手数料を一部改定しました。1日の約定代金合計額に対して手数料がかかるアクティブプランの手数料体系が変わっています。

以前は1日の約定代金合計額が10万円以下の場合、96円(103円)の手数料がかかっていました。

2017年8月31日から、1日の約定代金合計額が10万円以下の場合、手数料は無料となりました。

以下、SBI証券のウェブサイトからの抜粋です。

~~~

これぞ業界NO.1!これがSBI証券の手数料『0円』!

2017/8/31(木)約定分より、1日の約定代金合計額に応じて手数料が決まる「アクティブプラン」の10万円以下の手数料が完全無料になりました!

総合口座開設数、NISA口座開設数、国内株式個人売買代金シェアでNO.1の当社だからこそ、実現した手数料体系となります。

国内株式市場には、10万円以下で買付可能な銘柄が多数あります!この新手数料を活用して、少額から気軽に株式投資をはじめましょう。

▼国内株式委託手数料引き下げの概要及び主要ネット証券(※)の委託手数料比較

適用日:2017/8/31(木)約定分から

対象顧客:インターネットコースのお客さま

対象プラン:アクティブプラン(1日の約定代金合計額に応じて手数料が決まるプラン)

※「アクティブプラン」の10万円超の手数料に変更はありません。

  • 比較対象範囲は、主要ネット証券5社との比較となります。「主要ネット証券」とは、口座開設数上位5社のSBI証券、カブドットコム証券、松井証券、マネックス証券、楽天証券(カナ順)を指しますが、カブドットコム証券は1日の約定代金合計額に応じてかかる手数料体系がないため掲載しておりません。(2017/08/31現在、各社公表資料等より、SBI証券調べ)
  • 各社の大口取引優遇、期間限定等による割引手数料は除きます。
  • SBI証券は100万円以降、100万円増加毎に400円(税込432円)ずつ増加。

▼10万円以下で買付可能な主な銘柄

10万円以下で買付可能な銘柄は、1,120銘柄!株主優待銘柄も287銘柄!
(2017/8/17時点。ETF・ETNは除く)

SBI証券の『銘柄スクリーニング』を活用すれば、10万円以下で買付可能な銘柄を選定することができます。さらに、『株主優待検索』を活用すれば、10万円以下で買付可能な株主優待銘柄を簡単に検索することもできます!

~~以上、SBI証券のウェブサイトからの抜粋~~

上でも述べましたが、2017年8月31日から、SBI証券のアクティブプランでは1日の約定代金合計額が10万円以下の場合、手数料は0円となっています。

約定代金合計額が10万円以下の場合、現物株取引信用取引も両方とも0円の対象となります。

ただし、アクティブプランでは、「国内株式の現物取引」、「国内株式の制度信用取引」、「国内株式の一般信用取引」の「約定代金合計額」・「手数料」は各々別口として計算されます。

よって、1日で「現物10万円+信用10万円=合計20万円」の取引をした場合でも、手数料は無料です。ですから、株主優待狙いで10万円以下の現物株を買い、同じ銘柄を信用取引で売建したとしても、両方とも手数料は無料となります。

なお、SBI証券がアクティブプランの手数料を改定したため、後日、当サイトの「一日定額制 手数料比較表」という記事を更新する予定です。

▼関連記事

現在、株の夜間取引ができるのはSBI証券だけです【PTS】

SBI証券、全ての気配値情報が閲覧できる「全板」サービスに無料利用条件を追加

SBI証券と住信SBIネット銀行における「外貨入出金サービス」の解説

「配当・株主優待の権利取り最終日」についての解説

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2017年12月31日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2017年12月31日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。現在、Amazonギフト券4000円分がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2017年10月31日まで口座開設とFX取引で、楽天ポイントが最大で1万円分もらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする