SBI証券の「日計り信用」と「HYPER空売り」についての解説

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 6

SBI証券の一般信用取引では、デイトレードに特化した二つのサービスがあります↓

  1. 返済期限を「新規建日の当日(1日)」とする「日計り信用」
  2. 「日計り信用」において、通常では空売りできない銘柄について取引機会を提供する「HYPER空売り」

SBI証券で信用取引口座を開設しているユーザーは、この特殊な信用取引サービスを利用することが可能です。

SBI証券の「日計り信用」の解説

「日計り信用」は、信用取引の買建取引と売建取引の返済期限を「新規建日の当日(1日)」に限定したものです。

日計り信用は「返済期限が当日に限定されている」というデメリットがありますが、取引手数料が無料というメリットがあります。

また、100万円以上の建玉を建てると、買いの金利や空売りの貸株料が無料というメリットもあります。

建玉が100万円未満だった場合、買方金利と貸株料は、どちらも年率1.80%です。

なお、日計り信用取引において、新規建を行った当日の大引けまでに建玉が決済されなかった場合、原則としてSBI証券社の任意で翌営業日の寄付(よりつき)で、当該建玉が強制返済されます。

強制決済で返済注文が約定した場合は、コールセンター手数料がかかり、コスト的に割高になるので、建玉の安易な持ち越しは避けた方が無難です。

▼「HYPER空売り」の解説

SBI証券の「HYPER空売り」は、日計り信用の中で、通常は空売りができない人気銘柄を空売りできるサービスです。

人気銘柄を空売りできるというメリットがある代わりに、貸株料とは別にHYPER料という手数料が必要になるというデメリットがあります。

1約定あたり100万円未満の場合、トータルコストは下記のようになっています。

トータルコスト
SBI証券のHYPER空売り 年率1.8%の貸株料HYPER料(1株あたりX円 ※銘柄によって異なる)

ちなみに、1約定あたり100万以上の場合は、かかるコストはHYPER料だけになります。ただし、どちらにしてもデイトレードで取引を終わらせておく必要があります。

以下、SBI証券のウェブサイトからの抜粋です。

~~~~~

~~以上、SBI証券のウェブサイトからの抜粋~~

▼関連記事

SBI証券のメリットとは?

SBI証券、アクティブプランの株式手数料を改定。約定50万円以下の手数料を無料化

SBI証券、日経225先物と日経225miniの取引手数料を値下げ

SBI証券には国内株式銘柄分析ツール「分析の匠」がある

SBI証券、「OCO注文」「IFD注文」「IFDOCO注文」をリリース

SBI証券が無期限の一般信用取引の金利と貸株料を引き下げ

SBI証券の米国株取引で逆指値注文が使えます

SBI証券が投資信託の買付手数料を無料化

SBI証券でPTSの信用取引が可能に

SBI証券では約100銘柄のETFの売買手数料が実質無料

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。信用取引の手数料は常に無料です。。2020年9月30日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、株取引と日経225先物の手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2020年8月31日まで口座開設で現金2000円がもらえるキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。現在、Amazonギフト券4000円分がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。また米国株取引サービスに強みがあります。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピード2の情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。

  • SBI証券・・・投資家の口座開設数が500万口座を超えておりオンライン証券業界で首位です。(2020年2月末時点)

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

  • auカブコム証券・・・IPOがシステム抽選で全てのユーザーに公平なチャンスがあります。また一般信用取引の売建可能銘柄の数が豊富なので、株主優待銘柄をつなぎ売りに使える証券会社です。

 

※上記の証券会社7社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする