ネット証券の口座開設キャンペーンのまとめ 【期間限定】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

campaign_present_box_white_red_ribbon

【ネット証券 期間限定キャンペーン】 2022.7.1 Last Update!

オンライン証券の口座開設でもらえる特典やプレゼントキャンペーンを、一覧表にまとめました↓

▼ネット証券の口座開設でもらえる特典やプレゼントキャンペーン 比較表

会社名
キャンペーン内容
キャンペーンの締切 詳細
岡三オンライン

2022年9月30日まで、「新規口座開設と5万円以上の入金で現金2000円プレゼント」キャンペーンを実施している。キャンペーンの詳細はこちら

2022年9月30日 詳細
岡三オンライン 証券取引口座を開設した人は、口座開設月を含め最大3カ月間、国内株式の現物株取引(買い・売り)および信用取引(新規建・決済)の取引手数料(税込)が全額キャッシュバックとなる 締切未定 詳細
岡三オンライン

日経225先物・オプション取引口座を開設した人は、口座開設月を含め最大3カ月間、日経225先物や日経225ミニ取引などの新規建てにかかる取引手数料(税込)がキャッシュバックされる。

締切未定 詳細
DMM FX

本ページ経由でFX取引口座の開設申込をして60日以内に、新規1Lot以上のFX取引完了でAmazonギフト券4000円分がもらえる。

終了日未定 詳細
楽天証券

まず、楽天証券のウェブサイトにある口座開設申込フォームで、証券取引口座と楽天銀行の口座開設を同時に申込する。そして、証券取引口座および銀行口座を開設をする。

両方の口座が開設できたら、マネーブリッジ(自動入出金)の設定を行う。そして楽天証券のホームページからキャンペーンにエントリーすると現金1000円がもらえる。
(締切間近)

7月4日の午前9時59分

詳細
楽天証券

株取引に対応したパソコン用のトレーディングツールであるマーケットスピード2の利用料金が誰でも完全無料

常時開催中 詳細
楽天証券 証券総合口座開設後、口座開設月の翌月末まで米国株式にかかる取引手数料がキャッシュバックとなっている。 締切未定 詳細
楽天証券

2022年6月19日から8月31日の間、信用取引口座を開設すると200円相当の楽天ポイントがもらえる。

8月31日
マネックス証券

現在、「米国株デビュー応援拡大キャンペーン」を実施している。

外国株取引口座において、初回入金(※)から20日間の米国株取引手数料(税抜)が、最大3万円キャッシュバックされる。

※初回入金は、外国株取引口座内における為替振替にて「日本円 → 米ドル」への振替取引が対象となる。外国株取引口座に円資金を振替えるだけでは、キャッシュバック期間の起点とはならない点に注意が必要

締切未定 詳細
マネックス証券

米国株取引用の米ドルの買付時の為替手数料が無料となっている。

終了日未定 詳細
マネックス証券

マネックス証券の通常口座で信用取引口座を開設すると、口座開設後31日以内の信用取引の株式売買手数料が最大10万円までキャッシュバックされる

終了日未定 詳細
SBIネオトレード証券

2021年1月から、フル板情報サービスである「発注板ALL」の利用料金が無料となっている。

締切なし 詳細
岩井コスモ証券

2022年7月1日から9月30日の間に証券取引口座を開設した人は、開設月を含めた最大3ヶ月間、現物株取引の手数料がキャッシュバックとなる。ただし、現物株取引の場合、キャッシュバックの上限は30万円となっている。

9月30日 詳細
岩井コスモ証券

2022年7月1日から9月30日の間に信用取引口座を開設した人は、開設月を含めた最大6ヶ月間、信用取引の手数料が全額キャッシュバックとなる。信用取引の方はキャッシュバックに上限はない。

9月30日 詳細
岩井コスモ証券

2022年7月1日から9月30日の間、投資信託の買付手数料がキャッシュバックとなる。ただし、キャッシュバック金額の上限は期間中合計で80万円まで。

キャッシュバックは新規に口座開設した人だけでなく、すでに口座を持っている人も対象となる。

9月30日 詳細
auカブコム証券 証券取引口座を開設すると、Windowsのパソコン用のトレーディングツールである「kabuステーション」の通常プランが申込日の翌々月第1営業日まで無料 常時開催中 詳細
auカブコム証券 2022年6月1日から11月30日までの間に初めて米国株取引を始めた人は、キャンペーンにエントリーしておくと、初回約定月とその翌月の米国株式売買手数料が最大1万円キャッシュバックとなる。 11月30日
DMM 株

証券取引口座を開設すると、1か月間、国内株式の取引手数料が無料となるキャンペーンを実施中。

口座開設完了日から1ヶ月間は、国内株式の現物株取引も信用取こう引も両方とも手数料が無料となる。

締切未定 詳細
楽天カード

クレジットカードの楽天カードを作って、カード会員の管理画面である「楽天e-NAVI」にログインすると楽天ポイントが2000円分もらえる。

また、カードショッピングを1回以上利用すると3000円分の楽天ポイントがもらえる。合計で5000ポイントがもらえる。

締切未定 詳細
松井証券

証券取引口座を開設すると、200円相当の松井証券ポイントがもらえる。

もらった松井証券ポイントはdポイントに交換可能。

締切未定
松井証券 2022年4月1日以降に証券口座を開設した人は、6月1日から7月29日の間、日本株の現物取引を行った月のボックスレート手数料が、最大5,000円までキャッシュバックとなる。 2022年7月29日
松井証券

2022年1月15日から12月30日の間に、新規口座開設してキャンペーンにエントリーし、期間中に合計1万円以上 投資信託を積立すると、証券口座に1000円の入金または松井証券ポイント1500pのプレゼントが受けられる。

ただし、このキャンペーンは先着10万名限定である。

2022年12月30日
SBI証券 株取引に対応したWindowsのパソコン用のトレーディングツール「HYPER SBI 2」の利用料が常に無料。 常時開催中
会社名
キャンペーン内容
キャンペーンの締切 キャンペーンの詳細

また、NISA口座開設キャンペーンについて興味がある方は、こちらをクリックして下さい↓

 NISA口座「口座開設キャンペーンの比較」

なお、このページの記事は毎週、定期的に更新しています。ですから、この記事を「お気に入り」や「ブックマーク」に追加しておくと便利だと思います。

原則として毎週末に更新していますが、祝日の関係などで多少 更新日がずれることがあります。ご了承ください。

▼関連記事

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピード2の情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。現在、Amazonギフト券4000円分がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。また米国株取引サービスに強みがあります。

  • SBIネオトレード証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。信用取引の手数料は常に無料です。

  • auカブコム証券・・・IPOがシステム抽選で全てのユーザーに公平なチャンスがあります。また一般信用取引の売建可能銘柄の数が豊富なので、株主優待銘柄をつなぎ売りに使える証券会社です。

 

※上記の証券会社5社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする