FINTOS!(フィントス)を使った感想 【野村證券の投資情報アプリ】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 6

野村證券が2021年2月にリリースした「FINTOS!(フィントス)」という投資情報アプリがあります。

今のところiOS版はなくAndroidのスマートフォン向けのアプリとなっているのですが、「さすが最新のアプリだな」といった印象でして、株式関連情報が見やすいソフトとなっているので紹介します。

FINTOS!(フィントス)は株取引の機能はなく、株式市場に関する情報を得るのに特化したアプリとなっています。

上場企業の決算発表スケジュールの画面が見やすいのが個人的に一番ありがたい点です。スマートフォンでもストレスなく操作できるようになっているので、ファンダメンタルズに注目して株取引を行っている個人投資家には有益なアプリではないかと思います。

マーケット情報やニュースなどは無料で閲覧できますが、野村のリサーチレポートなど一部有料の内容があります。

また、アプリで表示される株価の情報はリアルタイムではなく20分遅れのものになっているので、デイトレーダーには向きません。日中激しく取引をするわけではない長期投資家向けのアプリといえます。

以下の画像は、FINTOS!の画面を私がスマートフォンで保存したものです。

FINTOS!を起動したトップページの画面です。初期設定では日記平均株価、ダウ、「米ドル/円」の価格が表示されています。

↓上場企業の決算発表の予定日を見ることができる画面です。非常に見やすいです。その日にどんな上場企業の決算発表があるのか一目瞭然となっています。

↓アプリの画面の下部に「ニュース」のアイコンがありますが、これをタップするとニュース記事の一覧を見ることができます。記事の見出しをクリックすることで、記事の本文を読めます。

↓他にも決算速報や外国株の情報を閲覧することも可能です。

↓上記のようにFINTOS!(フィントス)では株式投資に関して豊富な情報が閲覧できるわけですが、なぜそれができるかというと、野村證券だけでコンテンツを作っているわけではなく、他の投資情報メディアと提携を行って情報提供を受けているからです。

今のところ、以下の会社から情報提供を受けています。

  • 日経QUICKニュース
  • ミンカブ・ジ・インフォノイド
  • フィスコ
  • アイフィス株予報(アイフィスジャパン)
  • トレーダーズ・ウェブ

FINTOS!(フィントス)を使えばスマートフォン一つで個別銘柄に関する情報をかなり収集することが可能となっています。個人的にはAndroid版だけでなく、iPhoneやiPadでも使えようにiOS版も作ってもらいたいアプリです。

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • SBIネオトレード証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。信用取引の手数料は常に無料です。
     また、2021年6月30日まで口座開設で現金2000円がもらえるキャンペーンを実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。現在、Amazonギフト券4000円分がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。また米国株取引サービスに強みがあります。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピード2の情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

  • auカブコム証券・・・IPOがシステム抽選で全てのユーザーに公平なチャンスがあります。また一般信用取引の売建可能銘柄の数が豊富なので、株主優待銘柄をつなぎ売りに使える証券会社です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする