マネックス証券のIPOの特長 【公平抽選】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 6

マネックス証券は、ネット証券の中でもIPO(新規上場株)の取扱い数量が多い証券会社の1つです。

個人投資家がマネックス証券を使って、新規上場株の抽選に参加するメリットは大きくいって4つあります。

■メリット1公平な抽選方式

人気が高く、申込みが集中しやすいIPOは、多くの場合、抽選で購入できる人が決定されます。

マネックス証券なら、申込数や過去の取引実績、資産状況などに関係なく、申込みした全てのユーザーに公平に当選の可能性があります。

なぜなら、マネックス証券では、コンピューターで無作為にIPOの抽選を行っているからです。

また、新規上場銘柄に対して抽選の申込者数が多い場合、個人投資家1人につき最大1単位しか抽選に当たりません。つまり、同じユーザーが2単位以上当選することはありません。

そのため、資金が少ない投資家も、大量の資金がある投資家も、抽選に当選する確率が同じなのです。

■メリット2 豊富な取扱い実績:2018年のIPO取扱い実績はNo.3

マネックス証券ですが、2018年は50銘柄の上場を取扱いました。これは証券業界の中で第3位の実績となっています。

取扱いが多いということは、それだけIPOの抽選に参加できるチャンスが多いということです。

ちなみに、2018年の実績でいうと、IPOは全体で95件ありましたが、その内50銘柄を取り扱ったということは、2回に1回程度の割合で幹事を担当していることになります。

■メリット3 IPOの参加手数料が無料

マネックス証券におけるIPOは、申込時や当選後の買付時も手数料は無料です。

また、マネックス証券では、ネットバンクの即時入金サービスを利用すれば、証券総合取引口座への入金手数料が無料となります。

■メリット4 NISA口座からIPOの申込みが可能

マネックス証券のNISA口座は、IPO(新規公開株)およびPO(公募・売出株式)の取扱いに対応しています。

NISA口座で当選したIPO銘柄が当選して、仮に上場後、買値より株価が上昇した状態で売れたとすると利益が発生しますが、その利益に対して税金はかかりません。

主な特長は以上です。

マネックス証券は、資金が少ない投資家も、大量の資金がある投資家も、IPOの抽選に当選する確率が同じなので、資金が少ない株取引の初心者でも、口座開設をして積極的にIPOに参加していきたい証券会社の1つです。

▼関連記事

マネックス証券は郵送のやり取りなしで口座開設が可能

マネックス証券が投資信託の買付手数料を無料化

マネックス証券の株主優待検索が使いやすくなりました

マネックス証券のニュース閲覧機能に株式新聞とフィスコが追加

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。信用取引の手数料は常に無料です。。2020年9月30日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、株取引と日経225先物の手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2020年8月31日まで口座開設で現金2000円がもらえるキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。現在、Amazonギフト券4000円分がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。また米国株取引サービスに強みがあります。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピード2の情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。

  • SBI証券・・・投資家の口座開設数が500万口座を超えておりオンライン証券業界で首位です。(2020年2月末時点)

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

  • auカブコム証券・・・IPOがシステム抽選で全てのユーザーに公平なチャンスがあります。また一般信用取引の売建可能銘柄の数が豊富なので、株主優待銘柄をつなぎ売りに使える証券会社です。

 

※上記の証券会社7社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする