SBI証券、「OCO注文」「IFD注文」「IFDOCO注文」をリリース【2019年3月予定】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

SBI証券が2019年3月23日に、株取引の特殊注文として「OCO注文」、「IFD注文」、「IFDOCO注文」の3つを追加する予定であると発表しました。

これらの特殊注文はSBI証券の「メインサイト、HYPER SBISBI証券株アプリ、モバイルサイト」で使えるようになります。トレーディングツールやアプリだけでなく、ウェブ経由での注文でも利用可能になるわけです。

3つの特殊注文の特長は下記のようになっています。

  • OCO注文・・・指値注文と逆指値注文を同時にセットして注文できる
  • IFD注文・・・買い注文と売り注文を同時に発注できる
  • IFDOCO注文・・・売り注文を指値と逆指値の2つの指値で同時に注文できる

以下、SBI証券のウェブサイトからの抜粋です。

~~~

注文方法を大幅に拡充!「OCO注文」「IFD注文」「IFDOCO注文」をリリース

注文方法を大幅に拡充!

お待たせしました!国内株取引に、お客さまよりご要望いただいておりました「OCO注文」「IFD注文」「IFDOCO注文」の3種類の特殊注文を近日中に追加いたします。

また、期間指定注文についても「今週中」が選択できるようにアップグレード!

日中は仕事で投資にあまり時間をかけることができないというお客さまも、アクティブな取引のお客さまも、特殊注文を活用する事でより国内株式取引の幅が広がります!

尚、注文方法拡充の対応にあわせて、注文入力画面が大幅にリニューアルされます! 取引画面の変更についてもご確認ください。

▼特殊注文のポイント

対象取引 現物取引、信用取引
対象チャネル メインサイト、HYPER SBI、「SBI証券 株」アプリ、モバイルサイト
手数料

特殊注文の手数料は、国内株式の手数料と同様です。

 ※IFD注文、IFDOCO注文の場合には、約定毎にそれぞれ手数料が発生いたします。

OCO注文 指値と逆指値を同時にセットして注文

IFD注文

買い注文と売り注文を同時に発注

 ※信用取引の場合、新規建注文と同時に同じ銘柄の返済注文の発注

IFDOCO注文

買い注文の発注とともに、売り注文を指値と逆指値の2つの指値で同時に注文

 ※信用取引の場合、新規建注文を発注後、同時に同じ銘柄の2つの返済注文の発注

▼期間指定「今週中」

期間指定注文に「今週中」指定が出来るようになりました。営業日単位の週末を指定した注文方法です。

▼OCO注文とは

保有株式の売却注文(現物)

2つの売却注文(指値と逆指値)を同時にセット
 注文A :9,500円の売却 (指値)
 注文B :9,100円の売却 (逆指値)

※SBI証券のOCO注文は訂正型です。
市場に注文を出すのは注文Aの指値のみです。
注文Bの逆指値条件に達した場合に注文Aが注文Bに訂正されます。

▼IFD注文とは

新規の買付注文(現物)

買い注文と売り注文を同時にセット
 注文A :9,000円の買付
 注文B :9,500円の売却

※IFD注文の組み合わせ
・買付×売却
・新規建×返済
保有株売却からの注文や、返済注文からのIFD発注は出来ません。

IFDOCO注文とは

新規の買付注文(現物)

買い注文と売り注文を同時にセットしつつ、
2つの売却注文を同時にセット
 注文A :9,000円の買付
 注文B :9,500円の売却(指値)
 注文C :8,700円の売却(逆指値)

※SBI証券のOCO注文は訂正型です。
注文Aが約定後、市場に注文を出すのは注文Bの指値のみです。注文Cの逆指値条件に達した場合に注文Bが注文Cに訂正されます。

特殊注文の活用方法 についても後日ご紹介する予定です。

~~以上、SBI証券のウェブサイトからの抜粋~~

▼関連記事

SBI証券のメリットとは?

SBI証券、アクティブプランの株式手数料を改定。約定10万円以下の手数料を無料化

「SBI証券 株アプリ」を使った感想【レビュー】

SBI証券と住信SBIネット銀行における「外貨入出金サービス」の解説

SBI証券では条件を満たすと、全ての気配値情報が閲覧できる「全板」サービスの利用料が無料となる

SBI証券、米国株のテーマ・キーワード検索サービスを開始

SBI証券には国内株式銘柄分析ツール「分析の匠」がある

SBI証券が「簡易NISA口座開設」を開始【2019年1月より】

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2019年6月28日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2019年6月30日まで口座開設で現金2000円がもらえるキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。現在、Amazonギフト券4000円分がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。

  • SBI証券・・・投資家の口座開設数が450万口座を超えておりオンライン証券業界で首位です。(2018年12月末時点)

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

  • カブドットコム証券・・・IPOがシステム抽選で全てのユーザーに公平なチャンスがあります。また一般信用取引の売建可能銘柄の数が豊富なので、株主優待銘柄をつなぎ売りで狙うのに適した証券会社です。

 

※上記の証券会社7社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする