SBI証券、アクティブプランの株式手数料を改定。約定50万円以下の手数料を無料化

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

SBI証券が 2019年12月23日から、株取引の手数料を一部改定します。1日の約定代金合計額に対して手数料がかかるアクティブプランの手数料体系が変わります。

アクティブプランでは、同日から、1日の約定代金合計額が50万円以下の場合、手数料は無料となります。

1日の約定代金合計額が50万円を超えると、今まで通りの手数料がかかります。

以下、SBI証券の親会社であるSBIホールディングスのウェブサイトから抜粋です。

~~~

SBI証券、株式委託手数料の無料化の範囲拡大のお知らせ
~2019年12月23日(月)から、現物・信用取引ともに、
株式委託手数料(アクティブプラン)の1日の約定代金合計額「10万円まで無料」を
「50万円まで無料」に拡大~

2019年12月9日
株式会社SBI証券

 株式会社SBI証券(本社:東京都港区、代表取締役社長:髙村正人、以下「当社」)は、2019年12月23日(月)から、現物・信用取引ともに、株式委託手数料(アクティブプラン)を見直し、現在の1日の約定代金合計額10万円まで無料を「50万円まで無料」に拡大することといたしましたので、お知らせいたします。

 当社の手数料体系には、1注文の約定代金に対して手数料がかかる「スタンダードプラン」と、1日の約定代金合計額に対して手数料がかかる「アクティブプラン」の2つのプランがありますが、2019年12月23日(月)から「アクティブプラン」において、無料の範囲を50万円まで拡大することといたしました。

このたびの株式委託手数料(アクティブプラン)の無料化の範囲拡大により、コストを抑えたお取引が可能となり、これまで以上に多くのお客さまに資産運用の選択肢の一つとして、当社のサービスをご活用いただけるものと期待しております。

 当社は今後も、「業界屈指の格安手数料で業界最高水準のサービス」を実現するべく、魅力的な投資商品・サービスを拡充し、個人投資家の皆さまの資産形成を支援してまいります。

■株式委託手数料(アクティブプラン)の無料化の範囲拡大の概要
国内株式・現物取引

1日の約定代金合計額 旧手数料 新手数料
10万円まで 0円
0円
20万円まで 191円(税込210円)
30万円まで 286円(税込314円)
50万円まで 429円(税込471円)
100万円まで 762円(税込838円) 762円(税込838円)
以降100万円増加毎に 400円(税込440円)ずつ増加 400円(税込440円)ずつ増加

国内株式・信用取引

1日の約定代金合計額 旧手数料 新手数料
10万円まで 0円
0円
50万円まで 239円(税込262円)
100万円まで 477円(税込524円) 477円(税込524円)
以降100万円増加毎に 400円(税込440円)ずつ増加 400円(税込440円)ずつ増加

信用取引においては、「約定日の前営業日の未決済建玉の建玉代金合計」または「約定日の前営業日の新規建約定代金合計」が5,000万円以上の場合、上記に関わらず、手数料は無料(0円)となります。

■(参考)2019年12月4日発表済みの手数料無料化の概要(2019年12月16日(月)~)

商品・サービス
詳細
投資信託 販売手数料の無料化(ブルベア型ファンドを含むすべての投資信託)

信用取引

(対象:ETF・REIT・ETN・インフラファンド)

取引手数料を全額キャッシュバックし、実質無料化

※来春を目途にキャッシュバックではなく、完全無料化することを予定

夜間PTS取引

PTS取引のナイトタイムセッション(夜間取引/17:00~23:59)の手数料を全額キャッシュバックし、実質無料化

※来春を目途にキャッシュバックではなく、完全無料化することを予定

インターネットコースのみが対象となります。信用取引では取引手数料とは別に金利や貸株料等の必要諸経費が掛かります。

~~以上、SBI証券の親会社であるSBIホールディングスのウェブサイトから抜粋~~

上でも述べましたが、2019年12月23日から、SBI証券のアクティブプランでは1日の約定代金合計額が50万円以下の場合、手数料は0円となります。

約定代金合計額が50万円以下の場合、現物株取引信用取引も両方とも0円の対象となります。

ただし、アクティブプランでは、「国内株式の現物取引」、「国内株式の制度信用取引」、「国内株式の一般信用取引」の「約定代金合計額」・「手数料」は各々別口として計算されます。

よって、1日で「現物50万円+信用50万円=合計100万円」の取引をした場合でも、手数料は無料です。ですから、株主優待狙いで50万円以下の現物株を買い、同じ銘柄を信用取引で売建したとしても、両方とも手数料は無料となります。

なお、SBI証券がアクティブプランの手数料を改定するため、後日、当サイトの「一日定額制 手数料比較表」という記事を更新する予定です。

▼関連記事

SBI証券のメリットとは?

SBI証券、日経225先物と日経225miniの取引手数料を値下げ

SBI証券には国内株式銘柄分析ツール「分析の匠」がある

SBI証券と住信SBIネット銀行における「外貨入出金サービス」の解説

SBI証券、「OCO注文」「IFD注文」「IFDOCO注文」をリリース

SBI証券がSBBO-Xサービスの利用条件を緩和

SBI証券が無期限の一般信用取引の金利と貸株料を引き下げ

SBI証券の米国株取引で逆指値注文が使えます

SBI証券が投資信託の買付手数料を無料化

SBI証券でPTSの信用取引が可能に

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

 

※上記の証券会社7社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする