SBI証券、11通貨ペアのスプレッドを縮小【FX取引にて】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 5

SBI証券には、「SBI FX α(アルファ)」というFX(外国為替証拠金取引)のサービスがあります。

SBI証券が2019年10月1日から、FXの11通貨ペアの基準スプレッドを縮小しました。新しいスプレッドは下記のようになっています。

▼新スプレッド

通貨ペア 旧スプレッド 新スプレッド
米ドル/円 0.5銭 0.3銭
ユーロ / 円 1.4銭 1.1銭
ポンド / 円 2.2銭 1.5銭
豪ドル / 円 1.4銭 1.0銭
NZドル / 円 2.8銭 2.4銭
南アランド / 円 3.8銭 2.1銭
トルコリラ / 円 6.8~12.8銭 4.8銭
カナダドル / 円 3.8銭 2.8銭
メキシコペソ / 円 3.8銭 1.2銭
ポンド / 米ドル 0.00018米ドル 0.00015米ドル
豪ドル / 米ドル 0.00018米ドル 0.00015米ドル

以下、SBI証券のウェブサイトからの抜粋です。

~~~~

米ドル/円を含む11通貨ペアの基準スプレッドを縮小!(2019/10/1~)

10/1より、SBI証券では米ドル/円を含む11通貨ペアの基準スプレッドを縮小!

いつもFXをお取引いただいている方も、これからFXを始めようとお考えの方も、これまで以上にコストを抑えた取引ができるSBI証券のFXをぜひご活用ください!

▼スプレッド縮小概要

通貨ペア 旧スプレッド 新スプレッド
米ドル/円 0.5銭 0.3銭
ユーロ / 円 1.4銭 1.1銭
ポンド / 円 2.2銭 1.5銭
豪ドル / 円 1.4銭 1.0銭
NZドル / 円 2.8銭 2.4銭
南アランド / 円 3.8銭 2.1銭
トルコリラ / 円 6.8~12.8銭 4.8銭
カナダドル / 円 3.8銭 2.8銭
メキシコペソ / 円 3.8銭 1.2銭
ポンド / 米ドル 0.00018米ドル 0.00015米ドル
豪ドル / 米ドル 0.00018米ドル 0.00015米ドル

※スプレッドは「原則固定」となりますが、市場の急変時(震災などの天変地異、その他外部要因)や市場の流動性が低下している状況(週初や週末など)、重要指標発表時間帯などにより、やむを得ず上記以外のスプレッドになることがあります。

※ミニ取引(SBI FXミニ)も対象となります。

※積立FXは対象外となります。

~~以上、SBI証券のウェブサイトからの抜粋~~

今回の価格改定により、米ドル/円のスプレッドが 0.3銭になり、大手FX会社並の安さになったのは非常によいことです。

なぜなら、SBI証券のFXサービス(SBI FX α)は米国株取引に使えるからです。

SBI FX αでは、買ったFXの米ドルの建玉を「現引き」してSBI証券の外国株口座の余力に反映させることが可能です。

つまり、0.3銭のスプレッドで米ドルを手に入れて、それを米国株の買付に使えるわけです。

ただし、この現引をするためには、SBI FX αで1万通貨単位の取引をしなければなりません。

現引をするためには、資金は余裕を持っておきたいので、150万円程度の日本円をFX取引口座に入金しておきたいところです。この資金面でのハードルをクリアできるのであれば、米国株投資用の米ドルを低コストで手に入れることが可能です。

▼関連記事

SBI証券のメリットとは?

SBI証券、日経225先物と日経225miniの取引手数料を値下げ

SBI証券には国内株式銘柄分析ツール「分析の匠」がある

SBI証券と住信SBIネット銀行における「外貨入出金サービス」の解説

SBI証券、「OCO注文」「IFD注文」「IFDOCO注文」をリリース

SBI証券のテーマ投資サービス「テーマキラー!」に5万円コースが導入

SBI証券がSBBO-Xサービスの利用条件を緩和

SBI証券のかんたん積立アプリを使えば確かに投信を選ぶのが簡単

SBI証券が無期限の一般信用取引の金利と貸株料を引き下げ

「SBI証券 株アプリ」の気配値情報に高値・安値ラインが追加

SBI証券では投信積立の買付手数料が無料です

SBI証券でPTSの信用取引が可能に

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2019年12月30日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2019年10月31日まで口座開設で現金2000円がもらえるキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。現在、Amazonギフト券4000円分がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。

  • SBI証券・・・投資家の口座開設数が460万口座を超えておりオンライン証券業界で首位です。(2019年3月末時点)

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

  • カブドットコム証券・・・IPOがシステム抽選で全てのユーザーに公平なチャンスがあります。また一般信用取引の売建可能銘柄の数が豊富なので、株主優待銘柄をつなぎ売りで狙うのに適した証券会社です。

 

※上記の証券会社7社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする