資産200億円トレーダーcis氏とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

cis氏(しす、1977年 – )は、株式投資家、株式トレーダー。東京都在住。

cis氏は株式投資家である。株式投資だけでなく日経225先物取引日経225オプション取引FX取引も行っている。

また、cis氏は元2ちゃんねら~である。

ちなみに、cis氏は現在、ツイッターもやっている。cis氏のツイッターアカウントはこちら。「リネージュ2 レボリューション」や「ロマンシング サガ リ・ユニバース」というスマートフォン用ゲームにはまっているらしい。

2014年まではスマホゲーム関連のつぶやきが多かったが、2015年以降は株式関係のつぶやきが増加している。Twitterのつぶやきを見るに、最近のcis氏は活発に株やFXや日経225先物取引を行っている。信用取引空売りも行っている。

また、ツイッターを見るに 2017年11月頃から仮想通貨(暗号通貨)のトレード開始した。当時はビットコインMonacoin(モナーコイン・モナコイン)を売買していた。

▼cis氏のトレーダーとしての来歴

cis氏は2000年に104万円の元手で株式投資を始めたが、その後、パチスロや会社勤めで稼いだ資金を追加で投入したので、種銭は合計で数百万~1千万円程度といわれている。

その元手の資金を、2008年には50億円以上に増やした。トレードスタイルは、数秒から48時間程度 株を保有するデイトレードやスイングトレードと呼ばれる短期取引手法をとっている。

cis氏の総資産は、2019年3月5日の時点で自称230億円である。

これは企業経営を行っていない個人投資家の資産として、異例の金額である。

個人投資家でここまでの資産を築いたこともレアケースだが、cis氏のように200億以上の資産を持つ個人投資家がメディアに露出することも、まれである。

cis氏は以前より2ちゃんねる(現在の5ちゃんねる)の株式掲示板では、名が知れた存在だった。

「cis ◆YLErRQrAOE」の固定ハンドルネームで書き込みを行い、トレードの腕が立つ上に、発言が過激なため2ちゃんねるの株板では有名人である。

しかし、テレビや雑誌には一切出演せず、知る人ぞ知るカリスマトレーダーであった。(◆YLErRQrAOEはcis 氏の2ch ID。)

そんなcis 氏は、2007年に株系SNSのカブトモネットの事業立ち上げに参加した(立ち上げ当初は、カブトモネットの会社案内にcis氏の本名が名を連ねていた)。

そのカブトモネットの宣伝のためか、2007年からcis氏は徐々にマスメディアの取材を受け始めた。ただし、顔の露出はNGである。

 cisというハンドルネームの由来・・・かつて格闘ゲームで「俺と戦う奴は必ず死す」というメッセージでスコアランキングにcis=(死す)と入力したのが名前の由来。

カブトモネットの宣伝のためではないようだが、2011年には、すりガラス越し&ボイスチェンジャーありでタモリ氏の笑っていいとも!にテレビ出演した経験がある。

▼cis氏とトレードツール

2011年から2015年にcis氏が出演したマスメディアの情報とcis氏のツイッターを見るに、cis氏が株取引に使っているメイン証券会社はSBI証券である。

また、cis氏の過去のツイッターを見るに、cis氏が使っている日経225先物取引アプリはSBI証券の「HYPER 先物オプションアプリ」である。

  • ツイッターの画像を見るに、cis氏が使ってるiPhoneはau契約のものと思われる
  • また、cis氏の別のTwitterの画像を見るに、cis氏はソフトバンク契約のiPadを所有していると思われる

 ↓ちなみに、投資情報の一部は楽天証券マーケットスピードから得ている。

▼cis氏のトレード環境 SBIマネーワールド cis座談会より抜粋

■PCを何台ぐらい使って、どういう画面構成でトレーディングをしているのか・・・ひとつトレード部屋っていう10畳ぐらいのを作っている。そこにあるのはパソコンが3台と、モニターが7枚。しかし、今はひとつのパソコンはつけていない。画面は5枚とパソコン2台でやっている。

1台のパソコンは、モニターが1枚。それには日経先物と新興市場のマザーズ指数のチャートをずっと表示させて、先物とマザーズ指数と為替を表示させてあるだけ。

あとのもう1台のPCは4画面あって、楽天証券の「マーケットスピード」とかを起動させてあって、その1台がいわゆるメイン、メインというか、その1台でやっているようなもの。

パソコンごとにキーボードとマウスを1つずつ接続している。

キーボードやマウスは無線LANじゃなくて有線LAN。ワイヤレスだと、ノイズなんかでごく稀に反応しないことがある。

■全体相場、観察用のモニタは先物と新興3指数と為替だけか・・・マザーズだけ。マザーズの分足と日経先物と為替だけ。

■分足は何分くらいを表示させてるのか・・・分足はマーケットスピードのデフォルトなので、5分足。

■ グロベックスとかアジアマーケットとかの指数は見ているのか・・・見ていない。まあそれもたまに見るが、値動きに織り込まれていると思っている。

■常時板を見ている監視銘柄は、60銘柄。

なお、cis氏とジェイコム20億男BNF氏は過去に3回会ったことがある。友人というか知り合いらしい。

▼cis氏の金融資産の推移 月刊ダイヤモンドZAi 2007年10月号より

時系列 cis氏の金融資産 備考

2000年

104万円 大学3年生
2001 800万円 就職
2002 300万円 全力買いで失敗し資産減少。サラリーマン生活に終止符
2003 6000万円 2003年の冬、トレーダー関連のOFF会で初めてBNF氏と会う
2004 3億円 2004年の冬、またBNF氏と秋葉原で会う
2005 30億円 ジェイコム株の誤発注事件で6億円を儲ける
2006 42億円
2007 50億円 7月に50億円達成 ZAiの対談記事のためBNF氏と再会

▼その後のcis氏の金融資産の推移 当サイト管理人によるまとめ

時系列 cis氏の金融資産
備考
2010年 自称100億円 2015年9月7日発売の週刊ポスト「2015年 9/18 号」より
2011年 自称100億円 株で100億円儲けた? cis氏が「笑っていいとも!」に出演より
2013年3月ごろ 自称約120億円

証券口座70億円+東京電力債40億円+所有するビル2棟10億円。

株で100億円儲けた? cis氏が扶桑社の雑誌インタビューに登場より

2014年夏頃 自称160億円

証券会社の取引明細書などは44億円から48億円程度の流動資産があった。

資産100億円トレーダーのcis氏がブルームバーグのインタビューに応えるより

2015年8月下旬 自称200億円

2015年8月下旬のcis氏のツイッターの自己紹介文より。

2015年8月25日に日経225先物取引で37億円儲けたことがあるらしい

2015年9月上旬 自称190億円

cis氏のツイッターの自己紹介文より

2017年10月下旬 自称200億円 cis氏のツイッターの自己紹介文より
2017年12月14日 自称210億円 cis氏のツイッターの自己紹介文より
2018年2月8日 自称230億円

cis氏のツイッターの自己紹介文より。

2018年2月6日に日経平均先物取引で約19億円の利益をあげ、ネット上で話題となった

2018年12月 自称230億円

プレジデントオンラインの記事より。

2018年は株で11億円くらい稼いだ。仮想通貨でも4~5億円の利益があったが税金が高いため手元に余り残らなかった。

2019年1月24日 自称230億円 cis氏のツイッターの自己紹介文より。
2019年3月5日 自称230億円 cis氏のツイッターの自己紹介文より。

▼cis氏のマスメディア出演の歴史

出演時期
出演メディア
2019年3月5日 資産230億円の投資家cis氏の素顔 昼食は牛丼、会食は年1億円…
デイリースポーツの記事 new!
2019年3月1日 230億円稼いだ投資家に人生で大切なことを教わった ASCII.jpの記事 new!
2018年12月

プレジデントオンラインより

2016年7月 任天堂の記録的売買、著名トレーダー参戦-数万株買いとCIS氏 (ブルームバーグ社の記事)
2016年7月 LINE上場、個人投資家の需要期待-CIS氏も「注目度高い」(ブルームバーグ社の記事)
2015年9月 cis氏が週刊ポストのインタビュー記事に登場
2015年8月 cis氏はiPhoneやiPadを使っている (2015年8月28日のブルームバーグの記事より)
2015年3月 cis氏が日経ヴェリタスのインタビューに答える
2015年3月 cis氏と けむ氏の対談が少しだけ「SPA!(スパ)」に載っています
2013年4月8日 株で100億円儲けた? cis氏が扶桑社の雑誌インタビューに登場
2011年11月10日 株で100億円儲けた? cis氏が「笑っていいとも!」に出演
2008年11月25日 月刊宝島 09年1月号
2008年8月17日

SBIマネーワールド主催

カリスマcisにマネーワールドユーザが迫る!「cis座談会」

2007年10月21日 月刊ダイヤモンドZAi 2007年12月号
2007年6月14日

イートレ長者村(現SBIマネーワールド)プレミアム企画(全 4 回)

対談 北尾 吉孝(SBI ホールディングス株式会社代表取締役 CEO) × cis(若きカリスマトレーダー

なお、cis氏のネット上の愛称は「しっさん」「課長」など複数存在する。

▼関連記事

資産200億円トレーダーcisさん関連情報のカテゴリ

ジェイコム男BNFさん関連情報

ジェイコム男BNF氏の持ち株 (四季報株主欄より)【2015年夏号】

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2019年6月28日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2019年6月30日まで口座開設で現金2000円がもらえるキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。現在、Amazonギフト券4000円分がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。

  • SBI証券・・・投資家の口座開設数が450万口座を超えておりオンライン証券業界で首位です。(2018年12月末時点)

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

  • カブドットコム証券・・・IPOがシステム抽選で全てのユーザーに公平なチャンスがあります。また一般信用取引の売建可能銘柄の数が豊富なので、株主優待銘柄をつなぎ売りで狙うのに適した証券会社です。

 

※上記の証券会社7社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする