マネックス証券の通常口座において信用取引の手数料が値下がり

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マネックス証券の通常の証券取引口座において、2017年11月27日から信用取引の手数料が値下がりします。

値下がりするのは、1注文ごとに手数料を計算する「取引毎手数料コース」です。下記リンク先の書類は、マネックスグループが発表したものです。

2017年11月27日から、下記の表のように信用取引の手数料が改定となります。

マネックス証券の信用取引の取引ごと手数料の新旧比較

1注文の約定金額
取引手数料
現行
パソコン(PC)
スマートフォンアプリ・携帯電話
10万円以下
100円
95円
10万円超 20万円以下
180円
140円
20万円超 30万円以下
250円
190円
30万円超 40万円以下
350円
40万円超 50万円以下
450円
50万円超 100万円以下
成行:1,000円
約定金額の0.10%
355円
指値:1,500円
100万円超 150万円以下

成行:約定金額の0.10%

指値:約定金額の0.15%

600円
150万円超 200万円以下
800円
200万円超
一律1,000円

なお、上記の表に載っている手数料の金額はマネックス証券の通常の証券取引口座のものです。

マネックス証券には別の株取引のサービスとしてトレードステーションがありますが、今回の信用取引手数料の値下げはトレードステーションには関係がありません。トレードステーションは別の手数料体系になっています。

トレードステーションの株取引の手数料について詳しく知りたい方は、下記リンク先の記事をご覧ください。

以下、マネックス証券のウェブサイトからの抜粋です。

~~~

信用取引手数料を大幅に引き下げ 業界最安水準に

配信日:2017年11月14日

2017年11月27日(月)約定分より、マネックス証券の信用取引手数料が大きく変わります。

約定金額100万円以下の場合は、業界最安!お客様が信用取引を行いやすい取引環境を提供いたします。また、約定金額が200万円を上回る場合、取引手数料は一律1,000円。新しくなったマネックス証券の信用取引サービスをぜひご利用ください。

また、11月中に、信用取引入門セミナーと相場展望セミナーを開催いたします。ふるってご参加ください。

※本ページ内の「業界」はSBI証券、楽天証券、カブドットコム証券、松井証券、マネックス証券をいいます。SBI証券はスタンダードプラン、楽天証券は超割コースの場合。松井証券には取引ごとの手数料体系はありません。2017年11月14日現在。マネックス証券調べ。

※本コンテンツ内の手数料はすべて税抜表示をしています。

 ~~中略~~

取引しやすさを重視した格安手数料!

マネックス証券の信用取引の取引ごと手数料の新旧比較

1注文の約定金額
取引手数料
現行
パソコン(PC)
スマートフォンアプリ・携帯電話
10万円以下
100円
95円
10万円超 20万円以下
180円
140円
20万円超 30万円以下
250円
190円
30万円超 40万円以下
350円
40万円超 50万円以下
450円
50万円超 100万円以下
成行:1,000円
約定金額の0.10%
355円
指値:1,500円
100万円超 150万円以下

成行:約定金額の0.10%

指値:約定金額の0.15%

600円
150万円超 200万円以下
800円
200万円超
一律1,000円

※新手数料体系は2017年11月27日(月)約定分より適用

※旧 オリックス証券の手数料体系が適用されているお客様は対象外となります。

※一日定額手数料、現物株の取引ごと手数料、コールセンター手数料の変更はありません。

信用取引では、元本(保証金)に比べ、取引額が大きくなる可能性があるため、価格の変動等により元本を上回る損失(元本超過損)が生じることがあります。信用取引を利用するときは、その仕組みをよく知り、お客様自身の判断と責任において行うようお願いいたします。

また、信用取引口座の開設には審査がございます。審査の結果によっては口座開設を受けかねる場合もございますので、あらかじめご了承ください。

わかりやすく、シンプルな体系に!

~~以上、マネックス証券のウェブサイトからの抜粋~~

ちなみに、マネックス証券の通常の証券取引口座では、口座開設後31日間の信用取引の株式売買手数料が最大10万円までキャッシュバックとなるキャンペーンを実施中です。キャンペーンの詳細を知りたい方は、下記リンク先の記事をクリックしてください。

なお、2017年11月27日からマネックス証券の信用取引の手数料が値下がりする予定なので、後日、当サイトの「信用取引 手数料比較表」という記事を更新します。

▼関連記事

日本株分析ツールの「マネックス銘柄スカウター」がリリース

マネックスアドバイザー提供開始

マネックス証券、「ゼロ投信つみたて」を開始。投信積立が実質手数料無料に

無料で自動更新株価を見ることができる証券会社 【リアルタイム株価】

フル板を無料で使える証券会社 (比較あり)

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする