信用取引 手数料比較表

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 6

株の信用取引の手数料は安いに越したことはありません。手数料の安い証券会社を見つけるために、ネット証券の「信用取引 手数料比較表」を作成したので、ご覧ください↓

▼1注文の取引金額別の売買手数料比較表(~300万円) (税抜き) (信用取引のみ)

順位
証券会社
20万円
50万円
100万円
200万円
300万円
備考
1位

ライブスター証券

0円

キャンペーンではなく常に無料
1位 SMBC日興証券通常料金
0円
キャンペーンではなく常に無料
1位 auカブコム証券
0円
キャンペーンではなく常に無料
4位

GMOクリック証券

130円
170円
240円

500万円超は240円

5位

楽天証券超割コース

大口顧客は信用取引の手数料が無料となる

135円
180円
350円

50万超350円

5位

SBI証券

大口顧客の割引サービスあり

135円
180円
350円

50万超350円

7位 マネックス証券
140円
190円
355円
800円
1,000円
200万円超は1000円
8位 岡三オンライン証券
150円
300円
500円
1000円
300万円超1200円
9位

丸三証券

(逆指値注文は疾風くんが必要)

200円
500円
1000円
2000円
3000円

約定代金×0.1%

500万超5000円

10位 内藤証券
248円
448円
30万超448円
番外 岩井コスモ証券のスタンダードコース。ただしデイトレフリーあり

400円

800円

1000円
500万円超
1500円
キャンペーン

マネックス証券の通常口座

最大10万円までの手数料キャッシュバックキャンペーン実施中

手数料10万円まで実質無料
手数料キャッシュバック キャンペーン
順位 証券会社
20万円
50万円
100万円
200万円
300万円
備考

  • ピンクの部分が最安値で、が2番目に安い部分を示しています。水色はキャンペーン価格です。
  • 上記の表は1注文の約定代金による手数料です(手数料は全て税抜価格)。

  • マネックス証券は信用取引口座を開設すると、口座開設日から31日間の信用取引の取引手数料が最大10万円までキャッシュバックされます。またトレードステーションというトレードツールを使えば、通常の証券取引口座より大多数の人は手数料が安くなります
  • この比較表は、2019年10月の消費税増税に対応しています

▲上記の証券会社は全て、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。 (私が全ての会社の口座を開設して確認済みです。)

▼信用取引の1日の約定金額の合計額によって手数料が決まる「1日定額制」の手数料比較表を見たい方は、こちらをクリックしてください。

一日定額制 「信用取引 手数料比較表」

▼証券会社選びのポイント

▼信用取引の株式売買を頻繁に行う方へ

信用取引の売買を頻繁に行う方は、手数料や金利が安い会社がいいですね。信用取引の手数料が無料の証券会社は今のところ下記の三社があります。

この中でauカブコム証券は買方金利が高いので、信用取引のトータルのコストでは、他の2社に見劣りします。

3社の中で一番買方金利が安いのはライブスター証券です。ただし、一般信用取引の売建はできません。「制度信用取引で買建と売建ができればいい」という人は、ライブスター証券で取引をするとコストが安いです。

SMBC日興証券は買方金利も貸株料も普通ですが、一般信用取引で売建ができるのは長所です。

ちなみに、ライブスター証券は、今なら口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。

なお、各証券会社の買方金利や貸株料が気になる人は、下記リンク先の記事を読んでください。

▼トレーディングツールがない証券会社の場合、マーケットスピード2を使いましょう

SMBC日興証券は信用取引の手数料が常に無料ですが、SMBC日興証券には「無料で利用ができるパソコン用のトレーディングツール」が存在しません。

こういった証券会社で取引をする場合は、楽天証券のマーケットスピード2を併用するのがよいでしょう。マーケットスピード2は優れたトレーディングソフトですし、利用料金は無料ですから。

また、楽天証券は逆指値が使える証券会社の中では、投資関連の情報が充実している証券会社です。逆指値はとても便利な機能なので、逆指値が使える証券会社の口座を一つは作っておきたいものです。

このページの比較表に載せた証券会社は、全て逆指値が使える会社です。ただし、丸三証券だけは疾風くんという有料のトレーディングツールが必須です。他の証券会社は無料で逆指値の利用が可能です。

▼最後に

どんなにシステム構築にお金をかけている証券会社でもシステム障害が発生する可能性はあります。システムトラブルに備えて、証券口座は一つだけでなく最低二つ以上は作っておきましょう。

このページの手数料比較表に載っている証券会社は、全て口座管理料がタダになっています。筆者が全ての会社の口座を開設して、無料であることを確認済みです。銀行口座を作って通帳を持つ感覚で、証券口座を作って大丈夫です。

 現物株取引の売買頻度が高い方は、こちらもご覧下さい↓

なお、この記事は毎月、定期的に更新しています。ですから、この記事を「お気に入り」や「ブックマーク」に追加しておくと便利だと思います。

▼関連記事

マネックス証券、信用取引の手数料キャッシュバック キャンペーン実施中

マネックス証券における信用取引のメリットとは

信用取引の金利比較表 (制度信用取引版)

信用取引の金利の安さランキング (一般信用取引編)

株取引の手数料無料サービスがある証券会社 【取引し放題】

日経225先物取引手数料比較表

日経225mini手数料比較表

日経225先物取引とは

日経225miniとは

auカブコム証券が信用取引の手数料を無料化するも、小口投資家は金利が値上げ

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。信用取引の手数料は常に無料です。。2020年6月30日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、株取引と日経225先物の手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2020年4月30日まで口座開設で現金2000円がもらえるキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。現在、Amazonギフト券4000円分がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。また米国株取引サービスに強みがあります。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピード2の情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。

  • SBI証券・・・投資家の口座開設数が500万口座を超えておりオンライン証券業界で首位です。(2020年2月末時点)

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

  • auカブコム証券・・・IPOがシステム抽選で全てのユーザーに公平なチャンスがあります。また一般信用取引の売建可能銘柄の数が豊富なので、株主優待銘柄をつなぎ売りに使える証券会社です。

 

※上記の証券会社7社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする