日経225mini手数料比較表

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

225mini_tesuryo_hikaku_top

日経225miniの取引手数料は安いに越したことはありません。手数料の安い証券会社を見つけるために、日経225mini手数料比較表を作成したので、ご覧下さい。

▼日経225mini手数料比較表

証券会社 1枚あたりの手数料
(税抜)
1枚あたり必要証拠金

逆指値

備考(注文機能など)
ライブスター証券 キャンペーン価格

0円

2016年12月30日までに口座開設すると、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、手数料が無料。詳細はこちら

SPAN
×0.12倍

指値(FAS・FOK・FAK)・成行(FOK・FAK)・最良指値(FAS・FOK・FAK)・逆指値S・逆指値M・最大指値・引成・不出来最大指値・OCOIFDIFDO

ライブスター証券の通常価格 35円 0.12倍

指値(FAS・FOK・FAK)・成行(FOK・FAK)・最良指値(FAS・FOK・FAK)・逆指値S・逆指値M・最大指値・引成・不出来最大指値・OCOIFDIFDO

GMOクリック証券 37円 0.15倍

注文の種類 → 成行、指値、最良指値、逆指値

執行条件 → なし、FAK、FOK、引け

楽天証券 38円 0.12倍

注文の種類→指値注文、成行注文、逆指値注文、逆指値通常注文

執行数量条件→FAS、FAK、FOK

執行時間条件→本日中、引け

カブドットコム証券

38円

0.10倍

執行条件→成行、指値、引け成行、最良指値、引け前訂正指値注文、引け指値、逆指値、W指値、±指値、トレーリングストップ、時間指定注文、リレー注文、Uターン注文

執行数量条件→FAS、FAK、FOK

SBI証券
(2016年11月10日現在の価格)

40円

J-NETクロス取引で約定すると手数料がさらに安い

0.11倍
new!

注文種別→通常、OCO、IFD、IFDOCO

執行条件→指値、指値(FAK)、指値(FOK)、成行(FAK)、成行(FOK)、最良指値、最良指値(FAK)、最良指値(FOK)、最大指値、引成、逆指値、ストップ

安藤証券 40円 0.12倍

注文種類 → 指値注文、FAK条件付き指値注文、FOK条件付き指値注文、FAK条件付き成行注文、FOK条件付き成行注文、最良指値注文(Market To Limit)、FAK条件付き最良指値注文、FOK条件付き最良指値注文、最大指値、引成、不出来最大指値、引成注文

特殊注文 → 通常注文、返済予約注文、OCO注文、子注文OCO

松井証券

40円

0.10倍

  • 注文方法→成行注文(FAK)、指値注文(FAS)
  • 執行条件→引け指値、引け成行、指成、FAK
  • 特殊注文→逆指値、追跡指値(OCO)返済予約注文(IFD・IFDOCO)、一括返済
岡三オンライン証券 40円 0.12倍
  • 注文種別 → 通常注文、IFD注文、OCO注文、IFD-OCO注文、リレー注文、バスケット注文、オートネッティング注文時間指定注文
  • 執行条件 → 成行、指値、最良指値、逆指値、最大指値、不出来引成、引成、ストップ(SO)注文
  • 注文条件 → FAS、FAK、FOK
マネックス証券

50円

0.15倍

注文パターン→通常、逆指値、ツイン指値、リバース、バスケット

執行条件→成行、指値、マーケット・トゥ・リミット(最良指値注文、MLO)、クロージング指定

証券会社 1枚あたりの手数料
(税抜)
1枚あたり必要証拠金

逆指値

備考(注文機能など)

▲上記の会社は全て、「資料請求、口座開設費・維持費」が無料です。また上記の証券会社は全て、日経225miniの夜間取引に対応しています。

日経225miniの取引で手数料の安さを求める方はライブスター証券GMOクリック証券楽天証券あたりがよいでしょう。

ちなみに、ライブスター証券は、今なら口座開設から二ヶ月間(40営業日)、手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。

高機能な注文方法を求める方は、逆指値注文OCO注文などが使えるライブスター証券あたりがいいでしょう。ライブスター証券では、iPhoneやAndroidのスマートフォンでもアプリをインストールすることで、逆指値注文やOCO注文が使えます。

なお、当サイトでは「日経225先物取引 手数料比較表」も作成しています。読者の方はこちらのページも参考にして、どの証券会社を使うか検討してみて下さい。

ちなみに、私は松井証券と楽天証券で日経225先物の口座を開設しています。マーケットスピードというパソコン用のトレーディングソフトで日経225miniの取引ができるので、最近は楽天証券を利用する機会が増えました。

▼日経225miniとは?

日経225miniは「日経225先物取引」の売買単位を10分の1に下げたものです。では、日経225先物取引とはなにか?

日経225先物取引は、「日経平均株価」そのものを売買できる証券みたいなものだと考えてください。日経平均株価が将来上がると思えば買い、下がると思えば売ればいいわけです。ETFの売買に似てますが、ETFと違って、取引単位が1000倍になります。

例えば、日経平均先物225を1枚買って日経平均が100円上がったら、「100×1000」で100,000円儲かります。逆に100円下がったら、10万円損します。

日経225先物取引の取引には、下記のような長所と短所があります。

▼長所

  1. 倒産がない・・・日経平均先物225には個別の株のような倒産のリスクはありません
  2. 空売りができる・・・売りから入れるので、腕があれば下げ相場でも儲けることができます
  3. 株の信用取引と違って、空売りをしても逆日歩貸株料を取られない
  4. 差金決済が認められているので、証拠金が足りていれば自由にデイトレードができる。
  5. 手数料が安い・・・一般的に取引手数料は現物株の取引より日経225先物取引の方が安くなっています

▼短所

  1. 投資単位が大きいのでハイリスクハイリターン
  2. 決済期限がある。日経225先物取引の場合、決済期日は3月、6月、9月、12月の第2金曜日の前日となっている。

日経225先物取引は投資金額が大きすぎてハイリスクであるため、個人投資家が参加するには敷居が高いですよね。そこで、投資金額が日経225先物取引の10分の1ですむ日経225miniが生まれたわけです。

日経225miniなら最低取引単位は日経平均の100倍です。日経平均が100円上がったら、「100×100」で1万円の儲け。逆に100円下がったら、1万円の損ということになります。

日経225miniは普通の個人投資家でも参加できる金融商品といえます。

▼日経225miniの概要

  1. 日経225miniは、日経平均株価(日経225)を売買する取引である。
  2. 日経225miniは、日経平均株価がこの先高くなるとおもったら買い、安くなると思ったら売ればよい。日経225miniを買ったときは買い建玉と呼び、日経225miniを売ったときは売り建玉と呼ぶ。
  3. 日経225miniは、最低取引単位を「枚」と呼び、一枚は日経平均株価指数の100倍である。(つまり日経225先物取引の取引単位を10分の1に小口化したものが日経225ミニである)
  4. 日経225miniは、呼値の単位(値段の刻み)が5円単位である。
  5. 日経225miniは、証券会社に証拠金を預けなければならない。
  6. 日経225miniは、株券の受け渡しがないので、損益のお金を受け渡す差金決済になる。差金決済が認められているので、証拠金が足りていれば自由にデイトレードができる。
  7. 日経225miniは、少ない資金で大きな金額の取引を行うことができる(レバレッジを効かすことができる)。
  8. 日経225miniは、SQ算出日という決済期限がある※。それまでに反対売買して清算していなかった場合、自動的に決済される。

※日経225miniのSQ算出日については、下記リンク先に詳細を記載しています。

日経225ミニとは (初心者向けの解説)

▼おすすめ書籍

ポケット図解 日経225miniの買い方・売り方がわかる本―J‐GATE対応版 ・・・日経225ミニと日経225先物の解説書です。内容が分かりやすいです。私は買って読みましたが、これを読めば日経225ミニと日経225先物の取引の概要がわかります。

▼当サイト関連記事

日経225先物取引 手数料比較表

日経225ミニの取引を始めるまでの手順

日経225ミニを一枚売りました

先物取引とは

株価指数とは

株価指数先物取引とは

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2016年12月30日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2016年12月31日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。2017年1月31日まで、15000円分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は最強の個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2016年12月31日まで口座開設とFX取引で、最大8万円分の楽天ポイントがもらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする