SBI証券の日経225先物はJ-NETクロス取引で約定すると手数料が安くなる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 5

SBI証券では、日経225先物や日経225miniの取引においてJ-NETクロス取引のサービスが提供されています。

J-NETクロス取引では、日経225先物取引におけるSBI証券ユーザーからの注文を、SBIプライム証券が提供するシステムにて機関投資家の注文とマッチングが行えるか確認が行われます。

そして、大阪取引所の立会価格より、取引所の立会外市場が有利または同等の価格にて約定が可能な場合に、機関投資家の注文とマッチングし、日経225先物取引の注文が約定します。

この取引所の立会外市場がJ-NETと呼ばれているので、サービス名が「J-NETクロス取引」となっているわけです。

マッチングが行われた場合、取引所の立会価格より有利または同価格で約定が可能なため、J-NETクロス取引では通常の取引所立会市場に注文するよりも有利な価格での取引機会を享受できる可能性があります。

また、J-NETクロス取引で注文が約定すると、日経225先物は通常の約定よりも、取引手数料が安くなります。

以下、SBI証券の日経225先物取引の手数料です。太字にした部分がJ-NETクロス取引でマッチングが成立したときの約定価格です。

SBI証券の日経225先物取引の手数料

銘柄名 立会約定手数料 J-NET約定手数料
日経225先物 1枚につき250円 1枚につき200円
ミニ日経225先物 1枚につき35円 1枚につき25円

※価格は全て税抜です。

なお、SBI証券の日経225先物取引において、注文画面ではJ-NETクロスを「優先する」が初期設定となっています。

上記で説明したようにJ-NETクロスには価格的なメリットがあるので、通常は「優先する」の設定にしておけばよいでしょう。

▼関連記事

SBI証券、日経225先物と日経225miniの取引手数料を値下げ

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

 

※上記の証券会社7社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする