マネックス証券、日経225先物と日経225miniの取引手数料を値下げ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 5

マネックス証券が2019年8月13日から、日経225先物日経225ミニ取引手数料を値下げしました。

値下げ後の日経225先物の手数料は1枚あたり250円(税抜)です。日経225miniは1枚あたり35円(税抜)です。

また、2019年8月13日から日経225先物やミニに必要な証拠金率が改定されました。改定後の必要証拠金に関する掛け目は、原則「SPAN×1.0倍」となっています。

以下、マネックス証券のウェブサイトからの抜粋です。

~~~

日経225先物・ミニの取引手数料を大幅引き下げ

配信日:2019年8月13日

2019年8月13日(火)のお取引より、先物取引において「日経225先物」「日経225ミニ」の取引手数料を引き下げました。

日経225先物・ミニの取引手数料を大幅引き下げ

2019年8月13日(火)日中立会のお取引より、先物取引において「日経225先物」の取引手数料を1枚につき250円(税抜)に、「日経225ミニ」の取引手数料を1枚につき35円(税抜)に引き下げました。

 ~~中略~~

併せて、証拠金率も見直します

また、必要証拠金に関する掛け目も、2019年8月13日(火)夜間立会(予定)より、原則1.0倍(※4)に変更いたします。

~~~以上、マネックス証券のウェブサイトからの抜粋~~~

なお、マネックス証券には日経225先物や日経225ミニの取引に対応した「マネックストレーダー」というパソコン用のトレーディングツールが存在します。

また、「マネックストレーダー先物 スマートフォン」というスマートフォン用の日経225先物取引アプリもあります。

パソコン用のツールもスマホ用のアプリもどちらも利用料金は無料です。

パソコン用ツールはWindowsに対応していて、スマホ用アプリはiPhoneにもAndroidにも対応しています。

取引手数料が値下げされましたし、ツールも無料なので、マネックス証券では安いコストで日経225先物取引を行うことが可能となっています。

▼関連記事

マネックス証券、現物株式と投資信託の買付手数料実質0円プログラム実施中

マネックス証券のニュース閲覧機能に株式新聞とフィスコが追加

マネックス証券の株主優待検索が使いやすくなりました

マネックス証券、米国株の最低取引手数料を無料に引き下げ

マネックス証券、「米国株 手数料キャッシュバック プログラム」実施中

マネックス証券、「米国株の配当金通知メール」サービスを開始

マネックス証券の一般信用取引の売建の解説【貸株料引き下げ】

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

 

※上記の証券会社7社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする