マーケットスピード2が日経225先物取引に対応 【2020年7月27日以降】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 6

楽天証券にはマーケットスピード1とマーケットスピード2というWindowsのパソコンに対応した株式トレーディングソフトがあります。

今まで日経225先物取引はマーケットスピード1にしか対応していませんでしたが、2020年7月27日からマーケットスピード2も対応します。

同日からマーケットスピード2では日経225先物取引だけでなく、日経225先物ミニ、東証マザーズ指数先物、日経225オプションに加え商品先物も取引可能となります。

以下、楽天証券のウェブサイトからの抜粋です。

~~~

マーケットスピード II で先物OP取引ができるようになります!(2020年7月27日(月)~)

2020年7月3日

マーケットスピード II で先物OP取引ができるようになります!

マーケットスピード II が2020年7月27日(月)取引分より待望の先物OP取引に対応。これまで当社で取引可能だった日経225先物、日経225先物ミニ、東証マザーズ指数先物、日経225オプションなどの国内株価指数先物・オプションだけでなく、大阪取引所に上場される商品先物も取引できるようになります。

そのほか、当社における総合取引所対応(東京商品取引所から大阪取引所への一部商品の市場移管に伴う対応)については下記もご確認ください。

要約すると

  • 期間指定注文や板発注が使える「先物OP武蔵」、相場急変時に建玉をまとめて決済できる「先物OP全決済」などの新機能でこれまでの先物OP取引機能が大幅にパワーアップ!
  • 「先物OP市況情報」や「チャート」、「ザラバ情報」など、これまでのマーケットスピードの機能も使い勝手はそのままでさらに便利に!
  • 国内の商品先物も同じツールで取引可能となり、投資の幅がより一層広がります!

マーケットスピード II から使える先物OP取引の新機能を追加!

マーケットスピード II にはこれまでのマーケットスピードには無かった新機能が追加され、先物OP取引関連の機能が大幅にパワーアップしています。

先物OPで最大30営業日先まで期間指定が可能に!当社最終取引日の指定もできる!

期間指定注文で、毎回注文を出し直す手間が省けます!

マーケットスピード II では新たに先物OPの期間指定注文に対応し、最大30営業日先まで指定が可能となります。また、注文日から30営業日以上先であっても、当社における取引最終日をワンクリックで指定することができ、満期まで見据えた発注に活用できます。

 ~~中略~~

先物OPでも板発注ツール「武蔵」が使える!

板を見ながらスピーディーに発注!

板発注機能の実装によって取引スピードの向上を実現。確認画面や取引暗証番号の省略設定により最短ワンクリックでの発注も可能に。建玉の有無に応じて新規注文と決済注文を自動で出し分けるAS(オートセレクト)注文やショートカットキーでの枚数操作を活用することでさらに取引スピードが高まります。また、板を使った逆指値注文や訂正注文もできます。

■ご注意
AS注文は建玉以上の反対注文(いわゆるドテン注文)には対応していません。

相場急変時の強い味方、「全決済機能」が使える!

いざという時に建玉をまとめてスピーディーに決済できる!

相場急変時など、建玉をまとめて決済したい場合に使える「先物OP全決済」が登場。一刻を争う緊急事態の強い味方となってくれます。環境設定>注文・約定2>全決済でチェックを外すことで「先物OP全決済」を一時的に無効にもできますので、誤って建玉を決済してしまうこともなく安心です。

~~~以上、楽天証券のウェブサイトからの抜粋~~~

なお、マーケットスピードは初代も2も利用料金が無料になっています。

▼関連記事

楽天証券、自動入出金の設定で現金1000円プレゼントキャンペーン実施中

ネット証券 手数料比較表

一日定額制 手数料比較表

FX会社 & 証券会社、現金プレゼントキャンペーン比較表

ネット証券、口座開設キャンペーン一覧

日経225先物取引手数料比較表

日経225mini手数料比較表

日経225先物取引とは

日経225miniとは

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。信用取引の手数料は常に無料です。。2020年12月30日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、株取引と日経225先物の手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2020年10月31日まで口座開設で現金2000円がもらえるキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。現在、Amazonギフト券4000円分がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。また米国株取引サービスに強みがあります。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピード2の情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。

  • SBI証券・・・投資家の口座開設数が500万口座を超えておりオンライン証券業界で首位です。(2020年2月末時点)

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

  • auカブコム証券・・・IPOがシステム抽選で全てのユーザーに公平なチャンスがあります。また一般信用取引の売建可能銘柄の数が豊富なので、株主優待銘柄をつなぎ売りに使える証券会社です。

 

※上記の証券会社7社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする