SBI証券 株アプリの銘柄分析機能が強化【バージョンアップにて】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

SBI証券には「SBI証券株アプリ」というスマートフォン用の株取引アプリがあります。

「SBI証券 株アプリ」は国内株の株取引を行うことができます。現物株取引信用取引の両方に対応しています。

 (ちなみに、SBI証券には日経225先物や日経225miniの取引ができるHYPER 先物オプションアプリというアプリもあります)

「SBI証券 株アプリ」は最短1秒間隔の株価自動更新機能が備わっています。

また、個別銘柄の詳細情報「株価・板情報(気配値)・チャート」や各種ランキングの確認ができます。「SBI証券 株アプリ」の利用料金は無料となっています。

さて、この「SBI証券 株アプリ」ですが、2018年9月8日にバージョアンアップが行われ、機能が強化されました。主に下記の三つの機能が強化されています。

  1. Push通知機能が追加
  2. 銘柄選びで便利な個別銘柄のランキング機能が拡充
  3. 企業業績分析機能が強化

私はSBI証券の口座を開設しているので、実際にバージョンアップ後の「SBI証券 株アプリ」を使ってみました。

Push通知機能が追加されたことや、ランキング機能が充実したことも改善点といえるのですが、個人的に企業分析機能が強化されたことが一番ありがたいです。

スマートフォンでこれだけ充実した上場企業の決算情報が閲覧できるようになると、外出先での情報収集がはかどります。

以下、SBI証券のウェブサイトからの抜粋です。

~~~

SBI証券株アプリ

 ~~中略~~

new!

1.Push通知機能で2つのアラートサービスを開始! 
瞬時のタイミングを逃さない!

約定通知

約定した注文を瞬時に把握する事で、次回の取引タイミングを見逃さない

企業情報通知

決算発表、権利付最終売買日など重要なイベントをアラートで通知!
気になる銘柄の配当権利や優待の権利をGet!

※本サービスはApple社(iOS版)及びGoogle社(Android版)のサービスを利用しているため、通知を保証するものではありません。

 ~~中略~~

new!

2.銘柄選びに重要なランキング機能を大幅拡充!!

「どんな銘柄の売買が多いの?」「どの銘柄が上がっているの?」

「急騰している銘柄はなんだろう?」そんな銘柄選びの悩みを解決!ランキングを見るだけで銘柄の動きがリアルタイムでわかる!銘柄探しや取引をスムーズに行う事ができるようになりました。 

低位株除外機能

株価50円以下のいわゆる低位株は変動幅が大きく出てしまう場合があるため、ランキングから除外することが可能。

新規追加になったランキング項目

株価往復 値動きの回数が一目でわかるので、トレーディングに非常に便利なランキング!
ティック回数

売買代金、出来高と合わせてみることで、取引の多さをしっかり判断!

(当日の約定回数を降順で表示したランキング)

株価急騰/急落

急な株価の変動、動きを見逃さない!

(指定時間の株価と、現時点での株価とを比較した騰落率)

寄前気配上昇/下落率 寄り付き前の気配値を見ることでその日の立会をしっかりと把握!

便利な一覧機能

ストップ高/安 ストップ高/ストップ安値段のついた銘柄を一覧で確認!
年初来高値/安値 年初来からの高値,安値を更新した銘柄の一覧で今後のトレンドを確認!
特別買/売気配 特別気配を見逃さない!

 ~~中略~~

new!

3.決算・適時開示・速報ニュース!銘柄分析機能を充実!
圧倒的な情報量を実現!!

圧倒的な情報をグラフや表で表示!

業績進捗率をグラフ等で表現する事で、難しい情報も一目で把握

絞込み機能の充実

見たい情報を絞込みで一発検索

銘柄分析に役立つ情報が充実!

銘柄分析に役立つ情報が充実!

適時開示情報 企業の発表をいち早くチェック
決算速報、決算カレンダー 気になる決算のスケジュールをカレンダーで管理
銘柄分析 業績推移
株価指標分析
銘柄比較
アナリスト予測 アナリストの予想レーティング

 ~~中略~~

▼その他にも便利な機能が充実!

株主優待情報を検索できます

優待の内容や、その株主優待を受け取るのに必要な金額から検索ができます。
きっと、お気に入りの優待銘柄が見つかるはず。

テーマキラー!(テーマ投資)の取引が可能に

今注目されているテーマや、話題の銘柄をまとめて買う「テーマキラー!」の取引が可能に。銘柄検索機能としてもご活用いただけます。

進化し続ける「SBI証券 株アプリ」をご活用ください!

※HYPER株アプリは2018年10月末で終了予定です。

~~以上、SBI証券のウェブサイトからの抜粋~~

▼関連記事

SBI証券、スタンダードプランの株取引の手数料を値下げ

SBI証券、アクティブプランの株式手数料を改定。約定10万円以下の手数料を無料化

「SBI証券 株アプリ」を使った感想【レビュー】

SBI証券の一般信用取引の短期売り注文のメリット

SBI証券、一般信用短期売りの返済期限を5営業日から15営業日へと延長

SBI証券、米国株式や米国ETFの定期買付サービスを開始

SBI証券、SBBO-Xサービスを開始

SBI証券では条件を満たすと、全ての気配値情報が閲覧できる「全板」サービスの利用料が無料となる

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2018年12月28日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2018年12月31日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。現在、Amazonギフト券4000円分がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。

  • SBI証券・・・投資家の口座開設数が430万口座を超えておりオンライン証券業界で首位です。(2018年6月末現在)

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

  • カブドットコム証券・・・IPOがシステム抽選で全てのユーザーに公平なチャンスがあります。また一般信用取引の売建可能銘柄の数が豊富なので、株主優待銘柄をつなぎ売りで狙うのに適した証券会社です。

 

※上記の証券会社7社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする