SBI証券、一般信用短期売りの返済期限を5営業日から15営業日へと延長

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

SBI証券の一般信用取引サービスでは、売建取引に「一般信用短期売り」という注文方法があります。

一般信用短期売りの主な用途ですが、クロス取引を利用した「株主優待のタダ取り」です。クロス取引(つなぎ売り)を利用した「株主優待のタダ取り」のやり方を詳しく知りたい方は、下記リンク先の記事をクリックしてください。

さて、この「一般信用短期売り」ですが、今までは返済期限が5営業日となっていました。しかし、2018年2月13日からは15営業日へと延長されます。

15営業日に期間が延びることで、今までより早期につなぎ売りの準備を行うことが可能になります。

以下、SBI証券のウェブサイトからの抜粋です。

~~~~

▼どこよりも早く!一般信用短期売りを活用した「つなぎ売り」ができる!

2018/2/13(火)19:00以降の新規建て注文分より、一般信用短期売りの返済期限を5営業日から15営業日へと延長いたします!

一般信用短期売りは株主優待を獲得する手法である「つなぎ売り」をする際に有効的な売買方法です。従来の5営業日から15営業日へと改善されたことにより、どこよりも早く「つなぎ売り」ができるようになります!

ぜひこの機会に一般信用短期売りを活用してお取引してみてはいかがでしょうか?

尚、サービスリリースに伴いまして、1/26(金)引け後から2/13(火)19:00までは一般信用短期売でのお取引が出来なくなりますのでご注意ください。

※一般信用短期売り以外のご注文は通常通り行えます。

▼つなぎ売りがどこよりも早く!

15営業日に期間がのびることで一般信用短期売りを活用した株主優待獲得の手法である「つなぎ売り」が他社よりも早く行う事が出来ます。(※)

人気のある株主優待銘柄はすぐに在庫が無くなり、つなぎ売りが出来なくなってしまいますので、余裕を持って早く準備をすることで、株主優待を獲得できるチャンスが広がります。

※他社とは一般信用短期売りのサービスを提供するネット証券2社(楽天証券・カブドットコム証券)

※2018/1/24現在、各社公表資料等より、SBI証券調べ

※楽天証券、カブドットコム証券は非営業日を含む日数

▼つなぎ売りをする機会が増える!

一般信用の短期売りをしようと思ったら、株が無くて売買が出来なかったという経験はありませんか?

15営業日に期間が延長することで、その問題が解決できる可能性があります!

上記の図の場合、5営業日では、一般信用短期売り銘柄を売買できるチャンスが2回なのに対して、15営業日では4回チャンスがあります。 つまり期間が長くなると、つなぎ売りをするチャンスが増える可能性があるということです!

※上記は一例であり、必ずしも「余裕あり」の回数が増えるわけではありません。

※信用取引の売りでは、各銘柄の保有日数に応じて貸株料がかかります。保有日数が長くなるほど支払う金額が多くなりますのでご注意ください。

▼つなぎ売りカレンダー

2018年3月のカレンダーに照らし合わせてみてみましょう。

従来よりも2週間程度早くつなぎ売りのために新規建てをすることができることがわかります!

~~以上、SBI証券のウェブサイトからの抜粋です~

▼関連記事

SBI証券、スタンダードプランの株取引の手数料を値下げ

SBI証券、アクティブプランの株式手数料を改定。約定10万円以下の手数料を無料化

SBI証券の「つみたてNISA」のメリットとは

SBI証券の投信積立では「NISA枠ぎりぎり注文」を使用可能

SBI証券、投信積立の買付手数料を実質無料化

SBI証券、投信積立に毎日積立や毎週積立コースなどを追加

「SBI証券 株アプリ」を使った感想【レビュー】

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2018年9月30日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2018年9月30日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。現在、Amazonギフト券4000円分がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。

  • SBI証券・・・投資家の口座開設数が420万口座を超えておりオンライン証券業界で首位です。(2018年3月末現在)

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

  • カブドットコム証券・・・IPOがシステム抽選で全てのユーザーに公平なチャンスがあります。また一般信用取引の売建可能銘柄の数が豊富なので、株主優待銘柄をつなぎ売りで狙うのに適した証券会社です。

 

※上記の証券会社7社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする