楽天市場の買い物でもらえるポイントを増やすために、楽天証券で投資信託を500円買う手順

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

2018年9月3日から楽天証券における投資信託の買付で条件を満たすと楽天市場における買い物でもらえる楽天スーパーポイントが1%増加するようになりました。

もらえるポイントを増加させるための条件について、詳しく知りたい方は、下記リンク先の記事をご覧ください。

この記事ではポイント増加のための条件を満たすために投資信託を500円以上買う手順を解説します。手順の解説に画像を使っていますが、画像の中の赤い丸の線は、私が画像ソフトで着色したものです。

■第一段階 ポイントコースを選びSPU(スーパーポイントアッププログラムの設定を行う

▼まず楽天証券では、取引でもらえるポイントが「楽天スーパーポイントコース」と「楽天証券ポイントコース」の二通りありますが、「楽天スーパーポイントコース」を選んでおく必要があります。

証券取引口座にログインして「設定・変更」を選び、自分のポイントコースが楽天スーパーポイントコースになっていることを確認しましょう。

↓「ポイント・楽天銀行連携」というタブをクリックかタップして、自分のポイントコースの状況を確認します

↓この画像では楽天スーパーポイントコースになっていますが、楽天証券ポイントコースになっている人は設定を変更しておきましょう

↑また、楽天市場での買い物でポイントを1%増加させるためには、楽天証券のログイン後の管理画面からSPU(スーパーポイントアッププログラム)の設定を行っておく必要があります。

この画像のように、「SPUのご利用には設定が必要です。」という文言が表示されている場合は、右の「利用設定する」という四角いボタンをクリックかタップして、利用設定しましょう。

↓「利用設定する」ボタンを押したら、楽天証券ではなく楽天へのログインを求められます。楽天のIDとパスワードを入力します

↓「同意する」ボタンを押します

上記の画面が表示された後、下記の画像のように「SPU↑設定済」という文言が画面に表示されたらSPUの設定は成功したことになります。

SPUの設定ができたら続いて、楽天ポイントを1ポイント以上使って、投資信託を500円以上買いましょう。

▼第二段階 ポイントを使って投資信託を500円以上買付する

↓証券取引口座にログインしたら投資信託の画面に飛びましょう

↓私はファンド名を検索して、買いたい投資信託を選びました。

↓今回はノーロードで信託報酬が安い「eMAXIS Slim 先進国株式インデックス」を買いました。

↓投資信託を選んだら「買い注文」のボタンを押しましょう

↓投資信託説明書(交付目論見書)をざっと読んだら、「確認」ボタンを押します

↓楽天市場での買い物のポイント付与率を上げるには、投信を500円以上買わないといけません。よって、今回は買付金額を500円に設定しました

楽天市場での買い物のポイント付与率を上げるには、投信を500円以上買うときに、楽天ポイントを1ポイント以上使わないといけないので、「ポイント利用」ボタンを押します

↓今回は楽天ポイントを1ポイント、買付に使用しました

↓口座選択は「NISA」「特定」「一般」のどれを選んでも大丈夫です

↓「分配金コース選択」は「再投資型」「受取型」のどちらを選んでも大丈夫です

↓入力した内容に問題がなければ「注文」ボタンを押しましょう

↓取引暗証番号を入力します

↓注文が受理されます

↓ここまで来れば、よほどのイレギュラーがない限り、投資信託は約定します。この注文日の翌日か、遅くとも翌々日には楽天市場の買い物でもらえるポイントが1%増加します。私の場合は、注文日の翌日からポイント付与率が増加していました

↓私の場合、投資信託を買付する前でも、楽天カードを所有していており、カードの特典で楽天市場での買い物でもらえるポイントは買い物金額の3%になっていました

↓ポイントを1ポイント使って、投資信託を500円分買った後の画面です。ポイントの付与率が3%から4%増加しています

ポイントを1ポイント以上使って、投資信託を500円以上買うと、買付した月の楽天市場での買い物でもらえるポイントが1%増加します。

よって、楽天市場での買い物でもらえるポイントを毎月増やしたい人は、毎月500円以上投信の買付を行ってください。

▼関連記事

楽天証券、自動入出金の設定で現金1000円プレゼントキャンペーン実施中

楽天証券で投信を500円以上買うと、楽天市場の買い物でもらえるポイントが増加する【条件の解説】

楽天証券にて投資信託の買付に楽天ポイントが使用可能になりました

楽天スーパーポイントを使って投資信託を買う手順の解説

楽天証券の投信積立でポイント利用が可能になります 【2018年9月30日より】

楽天証券の投信積立で楽天カード決済が可能になり、ポイントがもらえる【2018年10月27日】

楽天証券で投信積立を行うと買付手数料が全額ポイントバックされる

楽天証券のiDeCoで投資を行うメリットとは

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2018年9月30日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2018年9月30日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。現在、Amazonギフト券4000円分がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。

  • SBI証券・・・投資家の口座開設数が420万口座を超えておりオンライン証券業界で首位です。(2018年3月末現在)

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

  • カブドットコム証券・・・IPOがシステム抽選で全てのユーザーに公平なチャンスがあります。また一般信用取引の売建可能銘柄の数が豊富なので、株主優待銘柄をつなぎ売りで狙うのに適した証券会社です。

 

※上記の証券会社7社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする