マネックスポイントはAmazonギフト券に交換可能

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

マネックス証券にはマネックスポイントというポイント制度があります。

同社の証券取引口座で、投資信託を保有したり、手数料がかかる投資信託を購入したりするとマネックスポイントが貯まります。

また、株式の売買で一日定額手数料コースを選んでいる人が日計り取引を行うと、手数料の片道分のポイントがもらえます。貯まったポイントはTポイントなどに交換することが可能です。

さて、このマネックスポイントですが、2019年10月1日から交換先にAmazonギフト券が加わりました。

Amazonギフト券には、1マネックスポイントを1円相当として、1ポイントから交換可能です。

以下、マネックス証券のウェブサイトからの抜粋です。

~~~

ますます便利に!ポイント交換にAmazonギフト券を追加

配信日:2019年9月30日
更新日:2019年10月1日

サービス開始直後より、交換の受付を休止しておりましたが、2019年10月1日の18:30頃より再開いたしました。

マネックス証券でのお取引などでたまる「マネックスポイント」の交換先に、Amazon.co.jpでのショッピングに利用できるAmazonギフト券が加わります。交換は1ポイントからOK。ギフト券は即時発行され、すぐにお買い物に使えます。

 ~~中略~~

1ポイント=1円相当、いつでもすぐに交換できます

Amazonギフト券には、1マネックスポイントを1円相当として、1ポイントから交換可能です。ポイント交換のお申込み直後にAmazonギフト券が発行され、交換完了画面にギフト券番号が表示されます。

お客様のAmazon.co.jpアカウントにギフト券番号をご登録いただくことで、お買い物に利用できるようになります。

マネックス証券にAmazon.co.jpアカウント情報をご登録いただく必要はありません。

※1 本プログラムはマネックス証券による提供です。本プログラムについてのお問い合わせはAmazonではお受けしておりません。マネックス証券までお願いいたします。

※2 Amazon、Amazon.co.jpおよびそれらのロゴは Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。

サービス概要

交換単位

1マネックスポイント以上1マネックスポイント単位

(1マネックスポイント=Amazonギフト券1円相当)

対象者

マネックス証券に口座をお持ちの方

ただし、ギフト券のご利用には、Amazon.co.jpのアカウントが必要になります。

交換申込 MY PAGEより、「保有残高・口座管理」→「マネックスポイント」→「ポイントを使う」画面で、「Amazonギフト券」を選択し、申込いただけます。
交換時期

交換指示後、すぐにAmazonギフト券が発行されます。

※ギフト券発行後の取消しはできません。

~~以上、マネックス証券のウェブサイトからの抜粋~~

マネックスポイントは株式手数料に充当できたり、仮想通貨や下記のポイントに交換できたりします。

  • Tポイント
  • nanaco
  • WAON
  • 永久不滅ポイント
  • ANAのマイル
  • JALのマイル

これらに、今回Amazonギフト券が加わったことになります。

Amazonギフト券なら1円分から交換可能なので、マネックス証券のポイントの消化がこれまでより楽になりますね。

他社だと「Amazonギフト券に交換できるのは1000ポイントから」といった会社もあるので、1円から交換できるのは歓迎です。

▼関連記事

マネックス証券、信用取引の手数料 最大10万円キャッシュバック プログラム実施中

マネックス証券の一般信用取引の売建の解説(貸株料引き下げ)

マネックス証券の信用取引ではトレーディングツールの利用料が無料

マネックス証券ではスマホ用のトレーディングアプリの利用料が無料

マネックス証券の株取引では多彩な注文方法を利用できる

マネックス証券の通常口座において信用取引の手数料が値下がり

マネックス証券、現物株式と投資信託の買付手数料実質0円キャンペーン実施中

マネックス証券における信用取引のメリットとは

マネックス証券のニュース閲覧機能に株式新聞とフィスコが追加

マネックス証券の一般信用取引の売建対象で株主優待銘柄が増加

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

 

※上記の証券会社7社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする