マネックス証券のニュース閲覧機能に株式新聞とフィスコが追加

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 5

マネックス証券の証券取引口座を開設している人は、口座にログインすると株式市場に関するニュースを読むことが可能です。

さて、2019年6月1日に、マネックス証券の投資情報で配信されるニュースの提供元として、フィスコと株式新聞のニュースが追加されました。これらのニュースは無料で読むことが可能です。

上場企業の好決算や逆に悪い決算のニュースが流れたりすると、株価が乱高下することがあります。現物株取引をやっている人も、信用取引をやっている人も、株式市場に関するニュースはある程度見ていた方がよいでしょう。

さて、私はマネックス証券の証券取引口座を開設しているので、実際にフィスコと株式新聞のニュースを読んでみました。

下記の画像は、私のパソコンでこれらのニュースを表示させたものです。まず、株式新聞のニュースからです。

▼株式新聞ニュースの見出し一覧の画面です

見出し一覧から、記事のタイトルをクリックすると、下記のようにニュースの本文を表示できます。

次にフィスコのニュース画面を見てみましょう。フィスコのニュースの見出し一覧の画面です↓

↓フィスコのニュースも記事のタイトルをクリックすると本文を読むことができます

以下、マネックス証券のウェブサイトからの抜粋です。

~~~

投資情報の配信ニュースをリニューアル

配信日:2019年4月18日
更新日:2019年6月3日

2019年6月1日よりマネックス証券の「投資情報」で配信されるニュースの提供元に「フィスコ」と「株式新聞」が加わりました。これまでよりも決算や銘柄情報に関連したニュースが大幅に強化されます。ぜひリニューアルしたマネックス証券のニュースをご活用ください。

証券専門紙でトップシェアを誇る株式新聞が提供する日本株を中心とした投資情報です。独自の情報網を活用した取材、徹底した調査・分析により、個人投資家の資産運用に役立つ情報を発信しています。
オンラインにおける投資情報配信において高い実績を誇るフィスコが提供する日本株関連情報です。個別銘柄に関するコメントを中心に、見通しや材料など個人投資家が日本株投資を行うために必要となる様々な記事を提供しています。

ニュース提供元に「フィスコ」と「株式新聞」を追加

ログイン後のマネックス証券のウェブサイト「投資情報」で配信されるニュースの提供元に「フィスコ」と「株式新聞」が加わりました。株価上昇・下落の材料や企業ごとの決算内容、日々の注目ニュースなど、配信ニュースが一層充実いたしましたのでぜひマネックス証券の「ニュース」をご活用ください。

「みんかぶニュース」はウェブサイト上での配信を終了

これまでご愛顧を賜りました「みんかぶニュース」はマネックス証券のウェブサイト上では配信を終了いたします。ページ下部でご説明しております通り、「マネックストレーダーシリーズ」ではこれまで同様「みんかぶニュース」をご覧いただけます。

マネックストレーダーシリーズの配信ニュースについて

「マネックストレーダー」「マネックストレーダー株式 スマートフォン」「マネックストレーダー株式 タブレット」のニュースの提供元も今後変更する方針ですが、現時点ではこれまでと変更ありません。「みんかぶニュース」をご覧になりたいお客様はぜひ以下から「マネックストレーダー」シリーズをインストールしてご利用ください。

~~以上、、マネックス証券のウェブサイトからの抜粋~~

なお、「みんかぶニュース」はウェブサイトでの配信が終了したのでブラウザでは閲覧不可能になりましたが、「マネックストレーダー」と「マネックストレーダー株式 スマートフォン」と「マネックストレーダー株式 タブレット」では閲覧可能となっています。

▼関連記事

マネックス証券、信用取引の手数料 最大10万円キャッシュバック プログラム実施中

マネックス証券が一般信用取引の売建(無期限)を追加

マネックス証券の信用取引ではトレーディングツールの利用料が無料

マネックス証券ではスマホ用のトレーディングアプリの利用料が無料

マネックス証券の株取引では多彩な注文方法を利用できる

マネックス証券の通常口座において信用取引の手数料が値下がり

マネックス証券、現物株式と投資信託の買付手数料実質0円キャンペーン実施中

マネックス証券における信用取引のメリットとは

マネックス証券では上場企業の決算発表の予定一覧(時間帯も掲載)を見ることができる

マネックス銘柄スカウターに「10年スクリーニング」機能が追加

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2019年9月30日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2019年10月31日まで口座開設で現金2000円がもらえるキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。現在、Amazonギフト券4000円分がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。

  • SBI証券・・・投資家の口座開設数が460万口座を超えておりオンライン証券業界で首位です。(2019年3月末時点)

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

  • カブドットコム証券・・・IPOがシステム抽選で全てのユーザーに公平なチャンスがあります。また一般信用取引の売建可能銘柄の数が豊富なので、株主優待銘柄をつなぎ売りで狙うのに適した証券会社です。

 

※上記の証券会社7社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする