マネックス証券、ETFとREITの現物取引手数料キャッシュバックキャンペーン実施

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

マネックス証券が 2017年12月25日から2018年1月12日まで「ETF・REIT現物取引手数料 全額キャッシュバック キャンペーン」を実施します。

キャンペーン期間中の国内上場のETF(上場投資信託)とREIT(上場不動産投資信託)の現物取引手数料(税抜)がキャッシュバックされます。

以下、マネックス証券のウェブサイトからの抜粋です。

~~~

ETF・REIT現物取引手数料 全額キャッシュバック

配信日:2017年12月22日

 ~~前略~~

信用取引だけでなく、現物取引を行うお客様にも朗報です!キャンペーン期間中の国内上場のETF(上場投資信託)とREIT(上場不動産投資信託)の現物取引手数料(税抜)を上限なく全額キャッシュバックいたします。

さらに、ETFの仕組みの動画解説や、いま注目のESGに着目したETFをご紹介いたします。ぜひご一読ください。

今後もマネックス証券では現物取引を行うお客様向けのキャンペーンを実施予定です。お楽しみに!

 ~~中略~~

▼キャンペーン概要

キャンペーン期間 2017年12月25日(月)~2018年1月12日(金)(約定日ベース)
キャンペーン内容

期間中にお取引(買いも売りも含む)いただいたETF(上場投資信託)とREIT(上場不動産投資信託)の現物取引手数料を全額キャッシュバックいたします。(上限なし)

※ETN(指数連動証券)(日本取引所グループのウェブサイトへ遷移します)は対象外となります。ご注意ください。

キャッシュバック時期 2018年2月下旬にお客様の証券総合取引口座へ入金いたします。
注意事項
  • 本キャンペーンは別途エントリーが必要となります。
    キャンペーンエントリーボタンより、お申込みください。
    〈エントリー期間:2017年12月22日(金)~2018年1月12日(金)〉
    取引とエントリーの順序は問いません。
  • 以下の場合や以下の取引の場合は、本キャンペーンの対象外となりますのでご注意ください。
  • トレードステーション口座の取引
  • 新規口座開設キャンペーン、ご家族・ご友人紹介プログラムの対象となるお客様
  • キャッシュバック時、証券総合取引口座を解約されている場合
  • 「iシェアーズJDR売却手数料キャッシュバック」「iシェアーズ新規上場ETF買付手数料キャッシュバック」で対象となる銘柄の取引
  • キャンペーンにエントリーをしたお客様には、別途本キャンペーンについてのご案内をメール等で行う場合があります。
  • 既に他のキャンペーン/プログラムの対象となっている場合、本キャンペーンの対象外となる場合があります。

キャンペーンの内容は、予告なく変更または中止となる場合がございます。あらかじめご了承ください。

~~以上、マネックス証券のウェブサイトからの抜粋~~

なおマネックス証券では、2018年1月15日から別の現物株取引キャンペーンが開始になる予定です。キャンペーンの詳細は2018年1月12日に発表予定です。

▼関連記事

マネックス証券における信用取引のメリットとは

マネックス証券の通常口座において信用取引の手数料が値下がり

マネックス証券、現物株式 買付手数料実質0円キャンペーン実施中(2018年1月末まで)

マネックス証券、2017年1月4日に信用取引の証拠金を1元管理へ移行

無料で自動更新株価を見ることができる証券会社 【リアルタイム株価】

フル板を無料で使える証券会社 (比較あり)

トレードステーションの日本株版を使った感想

トレードステーションにて「トレステ デビュー応援プログラム」実施中

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2018年12月28日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2018年12月31日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。現在、Amazonギフト券4000円分がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。

  • SBI証券・・・投資家の口座開設数が430万口座を超えておりオンライン証券業界で首位です。(2018年6月末現在)

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

  • カブドットコム証券・・・IPOがシステム抽選で全てのユーザーに公平なチャンスがあります。また一般信用取引の売建可能銘柄の数が豊富なので、株主優待銘柄をつなぎ売りで狙うのに適した証券会社です。

 

※上記の証券会社7社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする