日本株分析ツールの「マネックス銘柄スカウター」がリリース

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

2017年10月26日、マネックス証券マネックス銘柄スカウターという新しい日本株分析ツールをリリースしました。

マネックス銘柄スカウターを使えば、上場企業の決算情報を、過去にさかのぼって詳しく調べることが可能です。マネックス証券の証券取引口座を持っている人は無料で利用できます。

私はマネックス証券の口座を持っているので、実際にマネックス銘柄スカウターを使ってみました。

マネックス銘柄スカウターには、最長過去10年間の企業業績を閲覧する機能や、3ヶ月ごとに区切った企業の業績を閲覧する機能があり、ファンダメンタルズ分析(企業分析)を重視する個人投資家向けのサービスになっていると感じました。

以下の二つの画像は、マネックス銘柄スカウターの画面です。2017年10月31日に私がソフトバンクグループ株の情報を閲覧したものです。

1.ソフトバンクグループの通期業績推移の画面

↑このようにマネックス銘柄スカウターでは過去10年の決算情報を閲覧することが可能です。10年間の情報を閲覧すると、ソフトバンクグループが企業買収で売上を拡大してきた歴史を思い出しますね。

ちなみに、マネックス証券では会社四季報のデータを閲覧することもできますし、他の大手証券会社でも会社四季報のデータを閲覧できる会社はありますが、過去4年程度のデータしか見られない設定になっているのが一般的です。

2.ソフトバンクグループの四半期業績推移の画面

 ↑マネックス証券のマネックス銘柄スカウターでは四半期ごとの業績を一覧表にして、閲覧することが可能です。

他の証券会社の企業分析ツールだと、過去の業績は一年ごとにまとめられているの一般的です。四半期の業績が載っていても「直近のものだけ掲載」というパターンが多くなっています。

上場企業の過去4年間の詳細な業績推移を知りたい個人投資家にとっては、マネックス銘柄スカウターの四半期業績推移の画面は便利でしょう。

なお、会社四季報のデータを閲覧できる証券会社について興味がある人は、下記リンク先の記事をクリックしてください。

会社四季報を無料で読むことができる証券会社

▼関連記事

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2018年9月30日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2018年9月30日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。現在、Amazonギフト券4000円分がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。

  • SBI証券・・・投資家の口座開設数が420万口座を超えておりオンライン証券業界で首位です。(2018年3月末現在)

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

  • カブドットコム証券・・・IPOがシステム抽選で全てのユーザーに公平なチャンスがあります。また一般信用取引の売建可能銘柄の数が豊富なので、株主優待銘柄をつなぎ売りで狙うのに適した証券会社です。

 

※上記の証券会社7社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする