マネックス証券では「ひふみ投信」に、つみたてNISAやiDeCoで投資できる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

当サイトをご覧になっている読者さんは、株式や投資信託の売買に興味がある方でしょう。

現在、インデックスファンドではなく、アクティブファンド※の中で国内で一番有名なのはおそらく「ひふみ投信」です。

ひふみ投信を運用しているレオス・キャピタルワークスの社長である藤野英人氏が、昨年、テレビ東京のカンブリア宮殿に出演した影響もあり、ひふみ投信の知名度が飛躍的に上昇しました。

  • インデックスファンド・・・日経平均株価やダウなどの株価指数になるべく連動するように運用される投資信託のこと。
  • アクティブファンド・・・ファンドマネージャーと呼ばれる投信運用責任者が、株価が上がりそうな銘柄を複数買って作り上げる投資信託のこと。ファンドマネージャーの手腕によって成績が大幅に変わる

テレビや雑誌で、ひふみ投信を知り、この投資信託に投資したいと思っている個人投資家の方もいるかと思います。

投資するための選択肢がいくつかあるので、解説します。

▼ひふみ投信に投資する方法 その1

ひふみ投信の公式ウェブサイトで口座を開設して、ひふみ投信を買付する

この方法を選ぶと、ひふみ投信が主催するセミナーに参加することが可能となります(セミナーなので毎回、定員はあります)。

また、5年以上、ひふみ投信を保有すると信託報酬が実質的に割引されます。

セミナーや信託報酬の割引に興味がある人は、ひふみ投信の公式ウェブサイトで口座を開設するのがよいでしょう。

しかし、これらの特典に興味がない人は、マネックス証券で口座を開設して投信を買付するのがおすすめです。理由は後述します。

▼ひふみ投信に投資する方法 その2

証券会社で証券取引口座を開設して、ひふみプラスを買付する

証券会社で買える「ひふみ投信」は「ひふみプラス」と呼ばれています。ひふみ投信もひふみプラスも、両方とも投資方針や投資銘柄は全く同じです。中身は一緒ですが、販売する会社が違うので商品名を別にしているのです。

ひふみプラスを買付するために使う証券会社としてはマネックス証券を選ぶのが無難です。なぜなら、複数ある買付の仕方(口座)の中から自分にあったものを選べるからです。

以下、マネックス証券でひふみを買い付けする選択肢の一覧です。

長所
短所
通常の証券取引口座で、ひふみプラスを買付
  • NISAやiDeCoのことを勉強しなくてよい。
  • 投資するお金が潤沢にあればいくらでも投資信託を買える
節税メリットはない
NISA口座で、ひふみプラスを買付
  • 譲渡益に税金がかからない。
  • もし気が変わったら、投信への投資をやめて、株式を買ってもOK
新規投資額で毎年120万円が上限(最大600万円)
つみたてNISA口座で、ひふみプラスを買付
  • 最大の非課税投資枠は20年間で最大800万円となり、20年間積み立てると非課税枠が通常のNISAより200万円多くなる。
  • 設定をきちんと行えば、毎月定期的に投資できる

新規投資額で毎年40万円が上限。

株式の個別銘柄への投資は不可能

iDeCo口座で、ひふみ年金を買付
  • iDeCo口座で買える、ひふみ年金は信託報酬率が0.8208%となっており、1.0584%のひふみプラスより安い。
  • iDeCoでの投資は年金扱いなので、投資した掛金が全額所得控除の対象となる。所得控除の影響で、所得税や住民税が減少する。つまり、節税効果がある。
  • 投資した金融商品で運用益が出た場合でも、運用益に課税はされない。
掛金を原則として60歳まで引き出せない

証券会社によっては、通常の証券取引口座でひふみプラスが買えるだけで、NISA口座やiDeCo口座でひふみが買えないという会社も複数あります。

しかし、マネックス証券なら通常の証券取引口座・NISA・iDeCoのどれでも、ひふみの投資信託を買うことができます。

自分の都合に合わせて、どの口座を使うか選び、投資信託を買えばいいでしょう。

▼関連記事

iDeCo(個人型確定拠出年金)のメリットとは

マネックス証券、現物株式と投資信託の買付手数料実質0円プログラム実施中

投資信託の取引に対応したマネックス証券アプリがリリース

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2018年12月28日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2018年12月31日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。現在、Amazonギフト券4000円分がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。

  • SBI証券・・・投資家の口座開設数が430万口座を超えておりオンライン証券業界で首位です。(2018年6月末現在)

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

  • カブドットコム証券・・・IPOがシステム抽選で全てのユーザーに公平なチャンスがあります。また一般信用取引の売建可能銘柄の数が豊富なので、株主優待銘柄をつなぎ売りで狙うのに適した証券会社です。

 

※上記の証券会社7社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする