マネックス証券では日経QUICKニュースを無料で読むことが可能

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 6

マネックス証券で証券取引口座を開設している人は、口座にログインすることで「日経QUICKニュース」を無料で読むことが可能です。

日経QUICKニュースでは、市況概況や個別株価の上昇・下落の材料、企業ごとの決算内容、日々の注目ニュースなど読むことができます。

この記事では実際のログイン後の画像を使って、日経QUICKニュースが、どんな投資情報なのか解説します。

▼日経QUICKニュースの画面

まず、ママネックス証券の口座にログインします。そして、画面上部にある「投資情報」という文字をクリックして、さらに「ニュース」をクリックします。

そうすると、下記のようにニュース一覧の画面が表示されます。

↑この画面だと日経QUICKニュース以外に四季報速報や株式新聞などの見出しも表示されています。

日経QUICKニュースだけを読みたい場合は画面左の「NQN」という文字をクリックします。NQNとは日経QUICKニュースの頭文字を取った略称です。

↓「NQN」という文字をクリックすると、下記のように日経QUICKニュースの見出しだけ表示されます。次は気になるニュースの見出しをクリックします。

↓記事の見出しの文字をクリックすると、下記のようにニュースの本文が表示されます。これは個別株が上場来高値を更新したときのニュースです。

↓こちらは日本市場全体の相場概況を解説したニュースです。

↓これは、この日に大きな動きがあった銘柄に関するニュースです。

↓この日の株価材料一覧の記事です。

↓ログインした日に、決算の発表がある企業に関しては、このように決算発表銘柄一覧として記事になります。

さて、信用取引で主に短期トレードをやっている方の中には、上場企業のニュースや決算データを見ていない方もいるかもしれません。

ただ、決算の業績が上方修正された銘柄や、下方修正された銘柄はテクニカルに関係なく、業績修正後の数字で株価が大きく動くことがあります。

また、決算が発表されていなくても、株価材料のニュースの内容に影響を受けて、テクニカルを無視して株価が急騰したり急落する銘柄もあります。

ですから、短期取引がメインの投資家も気になる上場企業のニュースはチェックしておいた方がよいわけです。

日経QUICKニュースは情報が早いですし、記事がコンパクトにまとまっているので、株式市場の情報を手軽に素早く入手したい個人投資家に向いている情報源といえます。

なお、上場企業の決算情報を調べるためのツールですが、個人的にマネックス証券のマネックス銘柄スカウターという投資情報が気に入っています。

マネックス銘柄スカウターは、四半期ごとの業績を一覧表にして過去の分まで閲覧すること可能なので、上場企業の細かい業績の変遷が分かりやすく、企業の業績を分析するツールとして非常に便利です。

▼関連記事

マネックス証券が最大で2800円分のPayPayギフトカード プレゼントキャンペーン実施中

マネックス証券が投資信託の買付手数料を無料化

マネックスポイントはAmazonギフト券に交換可能

マネックス証券、信用取引の手数料 最大10万円キャッシュバック プログラム実施中

マネックス証券の一般信用取引の売建の解説(貸株料引き下げ)

マネックス証券における信用取引のメリットとは

マネックス証券のニュース閲覧機能に株式新聞とフィスコが追加

マネックス証券の一般信用取引の売建対象で株主優待銘柄が増加

マネックス証券がETFとREITとETNの信用取引の売買手数料を実質無料化

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。信用取引の手数料は常に無料です。。2020年6月30日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、株取引と日経225先物の手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2020年4月30日まで口座開設で現金2000円がもらえるキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。現在、Amazonギフト券4000円分がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。また米国株取引サービスに強みがあります。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピード2の情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。

  • SBI証券・・・投資家の口座開設数が500万口座を超えておりオンライン証券業界で首位です。(2020年2月末時点)

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

  • auカブコム証券・・・IPOがシステム抽選で全てのユーザーに公平なチャンスがあります。また一般信用取引の売建可能銘柄の数が豊富なので、株主優待銘柄をつなぎ売りに使える証券会社です。

 

※上記の証券会社7社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする