STREAMの口座へ即時入金する手順の解説

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 5

STREAM(ストリーム)という新しい証券会社があります。

STREAMは現物株取引も信用取引も取引手数料が常に無料という非常に大きな特長を持っています。現物株取引がずっと手数料無料の証券会社は、私が知りうる限りではSTREAMだけです。

ただし、STREAMはパソコンでは取引ができず、スマートフォンで株取引を行う仕組みになっています。

先日、当サイトでSTREAMの口座開設の手順を解説しました。口座開設が完了した後、口座にお金を入れないと株取引ができないので、今日は、STREAMの口座へ即時入金する手順を解説します。

なお、ネットバンキングサービスを使ったオンライン即時入金は、振込手数料が無料になっています。

▼STREAMの証券取引口座へ即時入金する手順

まず、スマートフォンでSTREAMのアプリを起動してログインし、トップページを開いてください。画面の下部にある「資産状況」というボタンをタップしましょう。

↓次に画面の下部にある「入金する」ボタンをタップしてください。

↓「オンライン即時入金する」ボタンをタップします。

ちなみに、オンライン即時入金はスマートフォンのポップアップブロック機能をOFFにしないと利用できません。iPhoneのポップアップブロック機能の無効化の手順は、この記事の後半で説明します。

↓次の画面では「上記を確認した」ボタンをタップします。

↓画面を下にスクロールして、金融機関の選択画面に移動しましょう。

↓下記の金融機関の中から、自分がネットバンキングサービスを使える会社を選びましょう。私は初回入金において住信SBIネット銀行を使いました。

↓「入金金額」の項目に自分が希望する入金額を打ち込みます。私は練習がてらに初回は1万円を入金しました。

↓次へボタンをタップします。

↓「許可」ボタンをタップします

↓ネットバンクのサイトに飛びました。各ネットバンクの入金の手順に従って、入金手続きを進めます。

↓ネットバンク側で手続きが終わったら、STREAMの画面を開きましょう。ネットバンク側の手続きがうまくいったなら、下記の「振替申込受付」の画面が表示されます。

↓STREAMのアプリにおいてトップページ画面下部にある「資産状況」のボタンをタップして、下記の画像のように買付余力に資金が反映されていれば、株取引ができる状態になります。

なお、スマートフォンのブラウザでポップアップブロック機能を有効にしている人は、ブロックのせいでSTREAMの証券取引口座に即時入金ができません。STREAMの口座に入金をしたい人は、ポップアップブロック機能を無効にしましょう。

↓以下、iPhoneでポップアップブロック機能を無効にする手順です。まず、設定ボタンをアップして開いた画面の中からSafariをタップしましょう。

↓開いた画面の中で「ポップアップブロック」という項目があります。これが緑色になっていると有効の状態なので、ボタンをさわって白色に設定を変更してください。

↓この画面のように白くなっていると無効になっている状態なので、STREAMの口座に即時入金を行うことが可能です。

以上、STREAM(ストリーム)の証券取引口座への即時入金の手順解説でした。

▼関連記事

STREAM(ストリーム)の口座開設の手順を解説します

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2019年12月30日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2019年10月31日まで口座開設で現金2000円がもらえるキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。現在、Amazonギフト券4000円分がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。

  • SBI証券・・・投資家の口座開設数が460万口座を超えておりオンライン証券業界で首位です。(2019年3月末時点)

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

  • カブドットコム証券・・・IPOがシステム抽選で全てのユーザーに公平なチャンスがあります。また一般信用取引の売建可能銘柄の数が豊富なので、株主優待銘柄をつなぎ売りで狙うのに適した証券会社です。

 

※上記の証券会社7社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする