投資信託の取引に対応したマネックス証券アプリがリリース

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

2018年2月21日、マネックス証券マネックス証券アプリというスマートフォン向けの新しいアプリをリリースしました。

マネックス証券アプリは、日々の資産の確認や投資情報の閲覧に適したアプリです。また、入出金や投資信託の取引に対応しています。一応株取引にも対応しています。

しかし、スマートフォンで株取引をやるなら同社が提供している別のアプリである「マネックストレーダー株式 スマートフォン」を使用することをおすすめします。こちらは株取引に特化したアプリなので、株取引しかやらない人に適しています。

株取引をやりたい方は上記の「マネックストレーダー株式 スマートフォン」を使えばよいと思いますが、このアプリでは投資信託の取引を行うことができません。

投資信託の取引を行いたい方は、今回マネックス証券が新しくリリースした「マネックス証券アプリ」を使えばよいでしょう。取引した商品によってアプリを使い分ければよいわけです。

以下、マネックス証券のウェブサイトからの抜粋です。

~~~

スマートフォン向け「マネックス証券アプリ」リリース

配信日:2018年2月21日

資産管理や投資情報の閲覧、取引などマネックス証券の提供するサービスをスマートフォンで快適に利用・閲覧することができるスマートフォン向け新アプリ「マネックス証券アプリ」の提供を開始しました。

▼「マネックス証券アプリ」とは

スマートフォン向けサイトの見やすい画面をベースとしたアプリ

「マネックス証券アプリ」はスマートフォン向けサイトの見やすい画面をベースとし、アプリならではの便利な機能を追加したマネックス証券のサービスをスマートフォンで快適に利用・閲覧するための総合アプリです。

日々の資産の確認や投資情報の閲覧、入出金、株式や投資信託などの取引、さらにはお知らせやセミナー・キャンペーン情報の確認にいたるまですべて一つのアプリで行うことができます。

▼「マネックス証券アプリ」の特徴

スマートフォン向けサイトで提供しているサービスが利用可能

「マネックス証券アプリ」では、スマートフォンのブラウザーで閲覧可能なスマートフォン向けサイトの画面をほぼ全て(※)利用できます。これまでスマートフォン向けサイトでマネックス証券のサービスをご利用されていたお客様でもスムーズ、かつより一層快適にご利用いただけるデザインとなっています。

 ※一部、対応していない画面は引き続きスマートフォン向けサイトでのご利用となります。

▼指紋認証、顔認証でのログイン機能

iPhoneSE、iPhone6、7、8など、指紋認証機能があるスマートフォンでは、指紋認証でのログインが可能となりました。

また、iPhoneXは「顔認証(Face ID)」でのログインにも対応しており、セキュリティを重視しつつ、ログインの際の入力の煩わしさを解消することを実現しました。

▼カスタマイズできるメニュー

メニューはアイコン表示の一覧画面を作成し、一目で目的の項目を見つけることができるようになりました。

また、ログイン後のメニューにはお気に入り機能を新たに追加し、よく使う項目をカスタマイズして独自のお気に入りメニューを作成することができます。

お気に入りメニューの登録は簡単で直観的な操作で行え、最大12個まで登録することができます。

▼「マネックストレーダー株式 スマートフォン」との連携

株式取引アプリ「マネックストレーダー株式 スマートフォン(以下、マネトレ)」を起動しておくと各種画面から株価照会画面を開く際、マネトレの株価照会画面を起動することができます。

投資情報の確認は「マネックス証券アプリ」、株取引はマネトレで、という場合も便利にご利用いただけます。

また、設定を変更することで、PC向け株価照会画面(※)を開くこともできます。

※スマートフォン向けに最適化した株価照会画面は2018年6月頃リリース予定です。

▼メッセージボードの未読件数表示・プッシュ通知

マネックス証券からご確認いただきたい内容をお知らせするメッセージボードの未読件数が画面下のメニューアイコンに表示されます。

また、マネックス証券からのキャンペーン等のお得な情報のお知らせをプッシュ通知で知らせる設定を行うことが可能となりました。

~~以上、マネックス証券のウェブサイトからの抜粋~~

▼関連記事

マネックス証券の信用取引ではトレーディングツールの利用料が無料

マネックス証券の通常口座において信用取引の手数料が値下がり

マネックス証券、現物株式と投資信託の買付手数料実質0円キャンペーン実施中 (2018年3月31日まで)

マネックス証券における信用取引のメリットとは

マネックス証券、信用取引の手数料 最大10万円キャッシュバック キャンペーン実施中

日本株分析ツールの「マネックス銘柄スカウター」がリリース

マネックス証券、「ゼロ投信つみたて」を開始。投信積立が実質手数料無料に

トレードステーションにて「トレステ デビュー応援プログラム」実施中

米国株の取引ができるネット証券3社の比較

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2018年12月28日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2018年12月31日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。現在、Amazonギフト券4000円分がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。

  • SBI証券・・・投資家の口座開設数が420万口座を超えておりオンライン証券業界で首位です。(2018年3月末現在)

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

  • カブドットコム証券・・・IPOがシステム抽選で全てのユーザーに公平なチャンスがあります。また一般信用取引の売建可能銘柄の数が豊富なので、株主優待銘柄をつなぎ売りで狙うのに適した証券会社です。

 

※上記の証券会社7社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする