STREAM(ストリーム)の口座開設の手順を解説します

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 5

STREAM(ストリーム)という新しい証券会社を紹介します。STREAMはスマートプラス社が運営していて、2018年から株取引サービスを個人投資家向けに提供しています。

STREAMは現物株取引も信用取引も取引手数料が常に無料という非常に大きな特長を持っています。現物株取引がずっと手数料無料の証券会社は、私が知りうる限りではSTREAMだけです。

ただし、STREAMはパソコンでは取引ができず、スマートフォンで株取引を行う仕組みになっています。

今日はSTREAMの証券取引口座の開設手順を説明します。

▼STREAMの証券取引口座の開設手順

まず、下記リンク先をスマートフォンでタップして開いてください。STREAMはパソコンでは株取引ができないので、口座開設もスマートフォンで行うことをおすすめします。

STREAMのウェブサイト

スマートフォンに特化しているので、スマホでも口座開設は簡単にできます。

まず、STREAMのウェブサイトを開くと、下記のような画面が表示されます。黒いボタンをタップして、自分のスマートフォンに合わせて、iPhone用かAndroid用のアプリをダウンロードしてください。

↓アプリがダウンロードできたら、「開く」ボタンをタップしてください。ちなみに、この画像はiPhoneの画面で表示させたものです。

↓アプリを開いた「はじめる」ボタンをタップしましょう

↓Eメールアドレスを入力します。また、パスワードを決めて入力してください。入力できたら「次へ」ボタンをアップします。

↓先ほど入力したメールアドレスに認証コードが届きます。メールを開封して認証コードが確認できたら、それをこの画面で打ち込んで先に進みましょう

↓認証コードの入力が済んでこの画面まで到達できたら、「無料口座開設」のボタンをタップして次に進みましょう

↓「該当しないことを確認しました」ボタンをタップして次に進みます

↓アンケートに答えていきましょう

↓必要な個人情報を入力します。電話番号は携帯電話でもOKです。

↓初心者の方は、配当金は「証券口座で受け取る」を選び、特定口座の源泉徴収は「源泉徴収あり」を選んでおくのが無難です。

↓次にマイナンバーや身分証明書の登録を行っていきます。自分のスマートフォンからこれらの画像をアップロードできます。

↓マイナンバーカードを持っていない人は、まず、マイナンバー通知カードを登録します。スマートフォンでマイナンバー通知カードを撮影してアップロードしてください。それが終わったら運転免許証など身分証明書も撮影してアップロードしてください。

↓マイナンバーや身分証明書がアップロードできたら、口座開設申込みは完了です。

↓この状態ではまだ株取引はできません。STREAMを運営しているスマートプラス社から簡易書留で郵便物が送られてくるのを数日待ちましょう。

↓スマートプラス社からの簡易書留を受け取ったら、中に開設コードが書かれた書類が入っているので開封します。

そして、自分で設定したメールアドレスとパスワードを使って、STREAMのアプリにログインしてください。

↓ログインできたら、下記の画面で「開設コードを入力する」ボタンをタップしてください。

↓この画面で開設コードを入力します

↓開設コードが入力できたら、規約同意のために書類確認をする必要があります。「貸株契約についてのご案内」など4つのボタンをタップして全て書面を開きましょう。

↓全ての書面が開けたら「同意してSTREAMへ」ボタンがタップできるようになるので、それをタップして次に進みましょう。

↓無事にSTREAMの口座開設が完了しました。この後、証券取引口座に入金を行えば株取引ができるようになります。

▼備考・その他の初期設定について

↓口座開設の途中で下記のような画面が表示されますが、OKをタップしても大丈夫です。通知がうっとうしかったら、後でスマートフォンの設定をいじって通知をOFFにすることが可能なので。

↓この画面ですが、STREAMのアプリの中に内蔵されているSNS機能(コミュニティ機能)を使いたい人は同意してください。

なお、スマートフォンのブラウザでポップアップブロック機能を有効にしている人は、ブロックのせいでSTREAMの利用規約に同意ができない可能性があります。STREAMを始めたい人はいったんポップアップブロック機能を無効にしましょう。

↓以下、iPhoneでポップアップブロック機能を無効にする手順です。まず、設定ボタンをアップして開いた画面の中からSafariをタップしましょう。

↓開いた画面の中で「ポップアップブロック」という項目があります。これが緑色になっていると有効の状態なので、ボタンをさわって白色に設定を変更してください。

↓この画面のように白くなっていると無効になっている状態なので、STREAMの利用規約を読めるようになります。

↓ポップアップブロックが無効になっていれば、下記のような重要な利用規約が表示されたときにタップで開封できるようになります。

以上、STREAM(ストリーム)の口座開設手順の解説でした。

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2019年12月30日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2019年10月31日まで口座開設で現金2000円がもらえるキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。現在、Amazonギフト券4000円分がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。

  • SBI証券・・・投資家の口座開設数が460万口座を超えておりオンライン証券業界で首位です。(2019年3月末時点)

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

  • カブドットコム証券・・・IPOがシステム抽選で全てのユーザーに公平なチャンスがあります。また一般信用取引の売建可能銘柄の数が豊富なので、株主優待銘柄をつなぎ売りで狙うのに適した証券会社です。

 

※上記の証券会社7社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする