カブドットコム証券の信用ダイヤモンド・プラチナ・ゴールドプランについて

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

カブドットコム証券における信用取引の大口顧客は制度信用取引一般信用取引も両方、買方金利が優遇されています。また、信用取引の手数料が無料となります。

今までは、建玉の残高などによって「信用プラチナプラン・信用ゴールドプラン・通常顧客」の三者にランクが分けられていましたが、2018年12月から新たにダイヤモンドプランが加わります。

以下の画像はカブドットコム証券のウェブサイトからの抜粋したものです。スマートフォンでこの画像が見にくい方は、ピンチアウト機能で拡大してみてください。

ダイヤモンドプランが最も買方金利が安くなりますが、最も適用の条件が厳しくなっています。

ゴールドプランは0.3%しか買方金利が優遇されませんが、適用の条件は他の二つより緩くなっています。

プラチナプランは、ダイヤモンドプランとゴールドプランの中間に位置しています。

以下、カブドットコム証券のウェブサイトからの抜粋です。

~~~~~~~~

信用取引の買方金利「最」優遇プランが登場します

2018年12月適用分より信用金利優遇の最上位プラン「ダイヤモンドプラン」をリリースいたします。ダイヤモンドプランでは、買方金利1%台のご提供を実現いたしました。

ダイヤモンドプラン12月適用分は、お客さまの2018年10月21日~11月20日の新規建約定金額合計、もしくは11月20日時点の建玉残高により11月21日に判定が行われます。

上記お取引条件を満たされなかった場合でも、下記「条件3」記載の条件を達成していれば、ダイヤモンドプランの適用(※)が可能です。

※「条件3」記載のダイヤモンドプラン適用条件のみ、お取引画面内からのお申し込みが必要です。お申し込みは11月17日以降受付いたします。

※1
前1ヶ月の建玉残高…判定期間最終日(前月20日(約定日ベース)・休業日の場合は繰り上げ)に返済されていない建玉総額

※2
前1ヶ月の新規建約定代金合計…判定期間開始日(前々月21日)~終了日(前月20日)(約定日ベース)までの新規建約定代金(売建・買建、内出来を含む)の合計です。

※3
4月~9月の6ヶ月間、または10月~3月の6ヶ月間のいずれかの期間において、ゴールドプラン以上のプラン適用回数の合計が4回以上となった場合(但し、ダイヤモンドプラン適用条件を除く)、翌4月又は10月から開始となる6ヶ月間のうちお客さまが希望する月にプラチナプランを適用することが可能(1回のみ)。適用を希望の場合には、適用を希望する月の前月末営業日から起算して5営業日前までにログイン後マイページに掲載される専用エントリーフォームからお申込いただくことが必要です。なお、※3の条件に該当しプラチナプランが適用された回数は、※3適用条件の適用回数には含めません。

 ※3に申込いただいた場合、原則として申込の取消はできません。但し、※1の条件または、※2の条件でプラチナプランが適用される場合は、プラン適用希望月の申込締切までに申込をされていても、申込は取消されたものとみなします。その場合、対象期間内で異なる月を希望月として再申込いただくことは可能です。※1の条件または、※2の条件でゴールドプランの適用予定となっている場合には、申込は有効なものとして扱いプラチナプランを適用いたします。
システム障害等により、お客さまからの申込を当社が確認できなかった場合、※3の対象とはなりません。

※4
4月~9月の6ヶ月間、または10月~3月の6ヶ月間のいずれかの期間において、ダイヤモンドプランもしくはプラチナプラン適用回数の合計が4回以上となった場合、翌4月又は10月から開始となる6ヶ月間のうちお客さまが希望する月にダイヤモンドプランを適用することが可能(1回のみ)。適用を希望の場合には、適用を希望する月の前月末営業日から起算して5営業日前までにログイン後マイページに掲載される専用エントリーフォームからお申込いただくことが必要です。なお、※4の条件に該当しダイヤモンドプランが適用された回数は、※4適用条件の適用回数には含めません。

 ※4に申込いただいた場合、原則として申込の取消はできません。但し、※1の条件または、※2の条件でダイヤモンドプランが適用される場合は、プラン適用希望月の申込締切までに申込をされていても、申込は取消されたものとみなします。その場合、対象期間内で異なる月を希望月として再申込いただくことは可能です。※1の条件または、※2の条件でプラチナプランの適用予定となっている場合には、申込は有効なものとして扱いダイヤモンドプランを適用いたします。
システム障害等により、お客さまからの申込を当社が確認できなかった場合、※4の対象とはなりません。

~~~以上、カブドットコム証券のウェブサイトからの抜粋~~~

カブドットコム証券が信用取引の大口顧客の買方金利を改定したので、後日、当サイトの下記の二つの記事を更新する予定です。

ちなみに、下記の2社も2012年から、信用取引の大口顧客の優遇金利を導入しています。

2社の大口顧客の金利引き下げについて詳しく知りたい方は、下記リンク先の記事をクリックしてください。

▼関連記事

信用取引 手数料比較表

一日定額制 「信用取引 手数料比較表」

信用取引とは【株式用語解説】

制度信用取引とは【株式用語解説】

一般信用取引(無期限信用取引)とは【株式用語解説】

マネックス証券における信用取引のメリットとは

マネックス証券、信用取引の手数料 最大10万円キャッシュバック キャンペーン実施中

トレードステーションにて「トレステ デビュー応援プログラム」実施中

SMBC日興証券の信用取引の資金効率が改善

東海東京証券が信用取引ユーザーの株取引手数料を値下げ

カブドットコム証券、信用取引の手数料を値下げ

カブドットコム証券のメリットとは

カブドットコム証券が代用貸株サービスの提供を開始

カブドットコム証券の単元未満株取引「プチ株」の手数料の解説

カブッドコム証券が一般信用取引(長期)の返済期日を10年に延長

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2018年12月28日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2018年12月31日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。現在、Amazonギフト券4000円分がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。

  • SBI証券・・・投資家の口座開設数が430万口座を超えておりオンライン証券業界で首位です。(2018年6月末現在)

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

  • カブドットコム証券・・・IPOがシステム抽選で全てのユーザーに公平なチャンスがあります。また一般信用取引の売建可能銘柄の数が豊富なので、株主優待銘柄をつなぎ売りで狙うのに適した証券会社です。

 

※上記の証券会社7社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする