カブドットコム証券が代用貸株サービスの提供を開始

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

2018年10月5日、カブドットコム証券が代用貸株サービスの提供を開始しました。

代用貸株の利用申込みをすると、信用取引の委託証拠金として担保にしている現物株を貸株として貸すことができるので、金利がもらえます。

信用取引の委託保証金として担保に入れている現物株は、代用有価証券と呼ばれています。

この代用有価証券を貸株に出すことで金利がもらえるサービスは、カブドットコム証券によると業界初ということです。

信用取引の担保に使っていない通常の現物株を貸株に出して金利を受け取るサービスなら、カブドットコム証券以外にも複数の証券会社が提供しています。しかし、代用有価証券を貸株に出せるサービスは私もカブドットコム証券しか聞いたことがありません。

以下、カブドットコム証券のウェブサイトからの抜粋です。

~~~

業界初!信用保証金代用有価証券を貸付する「代用貸株」を提供開始【PDF】
~貸付により発生する金利の一部(最大10%)をお客さまに還元します~

2018年10月4日

カブドットコム証券株式会社(以下「当社」といいます)は、2018年10月5日より「代用貸株(正式名称:代用貸付制度)」の提供を開始します。

「代用貸株」は、お客さまが差し入れた信用取引の委託保証金代用有価証券(以下「代用有価証券※1」といいます)について、委託保証金としての評価を維持しながらに、お客さまの同意のもと、他の金融機関に貸付※2を実施するサービスです。

当社は貸付の実施により得られた金利の一部をお客さまに貸付還元料としてお支払します。

代用有価証券としての評価はそのままに、貸付による貸付還元料が得られるサービスは業界初です。

▼「代用貸株」の特徴

01 貸付中も代用有価証券の評価はそのまま!

代用有価証券が貸付中の状態でも、代用有価証券としての評価は維持されます。

02 代用有価証券相当額の分別管理を実施!

貸付が行われている期間、当該代用有価証券の時価相当額を当社の資産とは厳格に区分して分別管理をしております。

それにより、万一、当社が破綻し、また貸付中の株式等をお客さまへ返却できない事態が生じた場合においても、当該株式等の時価相当額をお支払することのできる体制を整備しております。

03 貸付中も自由に売却・品渡が可能!

代用有価証券が貸付中の状態でも、別途手続き等をおこなわず売却・品渡が可能です。

▼信用取引をご利用のお客さまのニーズにお応えします!

代用貸株は、貸付中の代用有価証券でも代用掛目80%(原則)で評価されますので、収益チャンスを狙って信用取引を利用しつつ、貸付還元料も受け取れます。※3

※1 株式、ETF、REITのみが対象。投資信託は含みません。

※2 金融商品取引法第四十三条の四に基づき貸付を実施します。また、貸付の実施は借入の需要がある場合に実施するものであり、貸付の実施を保証するものではありません。

※3 貸付の実行および貸付還元料のお支払は必ず行われることを保証するものではなく、貸借市場における需給状況により実施されない場合があります。

▼さらに、信用取引コストを抑えることができるケースも!

毎月受け取れる貸付還元料が、信用取引にかかるコスト(費用)を上回るケースがあります。

例)一般信用買建玉(買方金利:3.09%)100万円分、一般信用長期の売建玉(貸株料:1.5%)100万円分の保有と貸付還元料率2.0%の代用有価証券300万円分の貸付が1年間行われたと仮定した場合、貸付還元料が信用取引にかかる買方金利および貸株料を14,100円上回ります。※

年間の買方金利 -30,900円
年間の貸株料 -15,000円
年間の貸付還元料 +60,000円
差引金額 +14,100円

※ 上記の例は税金等を考慮せず、また、代用有価証券の評価額や貸付還元料率が1年間変更ないことを仮定しています。実際の信用取引の建玉の保有にあたっては、「信用金利」、「信用取引貸株料」、「貸株料(逆日歩)」、「管理費」、「権利処理手数料(名義書換料)」等の費用がかかります。また、代用有価証券が1年間貸付されたと仮定しています。なお、権利確定等で返却された際、改めて貸付を希望される場合は再度、貸付同意のお手続きが必要となります。

~~以上、カブドットコム証券のウェブサイトからの抜粋~~

なお、カブドットコム証券の通常の貸株サービスと、代用貸株サービスの大まかな違いを比較表にまとめました。

▼貸株サービスと代用貸株サービスの違い

貸株サービス 代用貸株サービス
もらえる金利 カブドットコム証券の口座のログイン後の画面にて個別銘柄の金利が発表されているので、もらえる金利が事前に計算できる 事前にもらえる金利はわからない。金利が証券取引口座に入金されたときに初めて金利がいくらだったか判明する
金利がもらえるタイミング
月に一回
貸株として貸し出す株 信用取引の代用有価証券になっていない通常の現物株 信用取引の代用有価証券として使っている現物株
分別管理 貸株サービスで貸し出した株式は、分別管理や投資者保護基金の保護対象外

分別管理が行われている。万一、カブドットコム証券が破綻し、また貸付中の株式等を個人投資家へ返却できない事態が生じた場合においても、当該株式等の時価相当額を支払することのできる体制を整備している

(カブッドコム証券のウェブサイトより)

配当金

自動優待取得設定を行っていれば通常は配当金がもらえる。

通常の銘柄でない場合はもらえないこともある。

心配な人は権利付最終日に手動で貸株の設定を外せばよい

代用貸株に出している現物株は権利付最終日に自動的に代用貸株から外れる。

よって配当金をもらうことが可能。

配当金の権利を得た後、代用貸株に戻したい場合は手動で代用貸株に戻す必要がある。

株主優待

自動優待取得設定を行っていれば通常は株主優待がもらえる。

通常の銘柄でない場合はもらえないこともある。

心配な人は権利付最終日に手動で貸株の設定を外せばよい

代用貸株に出している現物株は権利付最終日に自動的に代用貸株から外れる。

よって株主優待をもらうことが可能。

株主優待の権利を得た後、代用貸株に戻したい場合は手動で代用貸株に戻す必要がある。

貸株サービス 代用貸株サービス

▼関連記事

カブドットコム証券のメリットとは

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2018年12月28日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2018年12月31日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。現在、Amazonギフト券4000円分がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。

  • SBI証券・・・投資家の口座開設数が430万口座を超えておりオンライン証券業界で首位です。(2018年6月末現在)

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

  • カブドットコム証券・・・IPOがシステム抽選で全てのユーザーに公平なチャンスがあります。また一般信用取引の売建可能銘柄の数が豊富なので、株主優待銘柄をつなぎ売りで狙うのに適した証券会社です。

 

※上記の証券会社7社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする