kabuステーションのスマホアプリが日経225先物取引に対応

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

カブドットコム証券にはスマートフォン専用トレーディングアプリの「kabu STATION for iPhone」と「kabu STATION for Android」があります。

この2つのアプリですが、今まで株取引にだけ対応していましたが、2019年1月26日から日経225先物取引を行うことが可能となります。また、日経225オプション取引にも対応します。

そして、アプリに逆指値注文の機能が追加されます。

以下、カブドットコム証券のウェブサイトからの抜粋です。

~~~

kabuステーションスマホアプリで先物・オプション取引を提供!
~株式と先物・オプションが1つのアプリ内でお取引可能に~

2019年1月25日

カブドットコム証券株式会社(本社:東京都千代田区、代表執行役社長:齋藤正勝、以下「当社」)は、2019年1月26日(土)(予定)より、従来の株式(現物/信用)取引に加え、先物・オプション取引※に対応したスマートフォン専用トレーディングアプリ「kabu STATION for iPhone」及び「kabu STATION for Android」(以下、「kabuステーションアプリ」)をリリースいたします。

本対応により株式と先物・オプションを1つのアプリ内でお取引いただけるトレーディングアプリとなり、仕事の合間や外出時でも今までよりさらに便利で直観的なお取引が可能となります。

また本リリースでは、多くのお客さまから頂戴したお声にお応えして、自動売買機能「逆指値」を追加致しました。

当社は、今後も最先端技術を利用した投資環境・情報サービスの拡充を行うことで、お客さまの投資成績の向上に貢献してまいります。

※ kabuステーションアプリで先物・オプション取引を行なうには先物・オプション口座の開設が必要です。

▼kabuステーションアプリについて

kabuステーションアプリは、kabuステーション(PC)のハイクオリティ機能はもちろんのこと、“より便利に”、 “よりスピーディーに”、“よりスマートに”をコンセプトとしたUI/UX設計により、外出先でもストレスフリーなお取引を実現いたします。

「板発注」「2Way注文」「発注ダイアログ」の多彩な発注方法や、スマートフォンならではの操作性をフルに活用したフリックメニュー、そしてkabuステーション(PC)や、カブボードフラッシュとのシームレスな銘柄連携機能等、アクティブトレーダーのお客さまにとって、モバイル環境における最適なお取引ツールとしてご利用いただくことを念頭に開発いたしました。

▼「逆指値」について

「逆指値」とは、株価が売買注文時から「指定の株価まで下落したら売り」「指定の株価まで上昇したら買い」とする自動売買のことです。通常の指値注文と反対の形態であるため「逆指値」と呼ばれています。

逆指値があればロスカットもトレンドフォローも自由自在。損失の拡大を防ぎ、勢いに乗って利益を伸ばすような売買を目指すことが可能です。

当社は「逆指値」についての特許を取得し(特許第3875206号)、国内株式では個人投資家向けとして初めて導入いたしました。

逆指値使用例

※ 株式(現物/信用)取引の場合、株価以外にも、日経平均やTOPIXなどの指数の現在値を発注の条件とすることが可能です。

▼kabuステーションアプリの多彩な発注方法

2017年6月の初版リリース以降多くのお客さまにkabuステーションアプリの直観的なユーザビリティによる様々な発注方法を体験していただいております。

シームレスな発注導線を意識したフリックメニューにより、各種画面へ素早く遷移する新感覚UXを実現!

発注画面への遷移は、銘柄名を長押しするフリック操作で行えます。銘柄リストや残高照会画面からのシームレスな画面遷移を、フリックメニューにて提供しております。

2WAY注文画面から最短1タップ発注。板発注画面から2タップで発注・訂正・取消が可能に!

2WAY注文画面では、最短1タップ売買が完了するシンプルかつスマートな画面を設計いたしました。また、板発注画面では、板上から直接発注することが可能です。取引を2タップで完了するシンプルな構成で、訂正や取消もシームレスに行えます。

▼kabuステーションアプリご利用料金/環境

利用料金

無料

※ 一部機能のご利用はkabuステーション(PC)のご契約が必要となります。

利用環境

iOS9以上(※iPadは対象外)

※ 推奨端末はiPhone5s以降となります。推奨端末以外の動作につきましてはサポート対象外となります。

Android 4.4以上

カブドットコム証券に口座開設済みのお客さま

※ 口座開設がお済みでない場合、リアルタイムの株価をご覧いただくことができません。また、ご利用いただける機能も一部に限ります。

~~以上、カブドットコム証券のウェブサイトからの抜粋~~

▼関連記事

カブドットコム証券のメリットとは

カブドットコム証券の信用ダイヤモンド・プラチナ・ゴールドプランについて

カブッドコム証券が一般信用取引(長期)の返済期日を10年に延長

カブドットコム証券、信用取引の手数料を値下げ

カブドットコム証券の単元未満株取引「プチ株」の手数料の解説

カブドットコム証券が代用貸株サービスの提供を開始

カブドットコム証券はNISA口座でスピード開設ができる

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2019年6月28日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2019年4月26日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。現在、Amazonギフト券4000円分がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。

  • SBI証券・・・投資家の口座開設数が450万口座を超えておりオンライン証券業界で首位です。(2018年12月末時点)

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

  • カブドットコム証券・・・IPOがシステム抽選で全てのユーザーに公平なチャンスがあります。また一般信用取引の売建可能銘柄の数が豊富なので、株主優待銘柄をつなぎ売りで狙うのに適した証券会社です。

 

※上記の証券会社7社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする