カブッドコム証券の一般信用取引(長期)は建玉を最大で10年保有できる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 5

カブドットコム証券で信用取引口座を開設すると、制度信用取引だけでなく一般信用取引(長期)を行うことも可能です。

この一般信用取引(長期)ですが、主に三つのメリットあります。

  1. 建玉の返済期限が長い
  2. 証券取引所に上場するすべての銘柄を取り扱うことができる ※1
  3. 空売りしても逆日歩を払わないでいいので、株主優待のただ取りに向いている ※2

 ※1 整理ポスト銘柄など例外はあり

 ※2 株主優待のただ取りに興味がある方は、当サイトの「「配当・株主優待の権利取り最終日」についての解説」という記事をご覧ください。

一般信用取引(長期)には上記の三つの長所がありますが、今回の記事に関係があるのは「1」の建玉の返済期限についてです。

通常の制度信用取引では、証券取引所のルールで、建玉の返済期限が6ヶ月と決められています。しかし、一般信用取引では返済期限を各証券会社が決めることが可能です。

カブドットコム証券の一般信用取引(長期)では、建玉の返済期限は最長で10年となっています。

一般信用取引(長期)は長く建玉を保有できるので、制度信用取引のような「株価が半額以下に暴落したので、とりあえず塩漬けで様子を見たいけれど、半年後には決済されてしまう!」といった事態が避けられます。

また、逆に「利益がすごく出ているので半年以上保有して様子を見たいけれど、制度信用取引なので期限が来てしまう」といった事態を避けることも可能です。

そして、一般信用取引(長期)は株主優待のただ取りでも便利です。株主優待の権利取り最終日の2週間より前から、優待クロス取引が可能なので、金利がいくぶん多くかかっても、早めに現物株の確保と一般信用の売建をしておきたい場合に使えます。

なお、カブドットコム証券で信用取引口座を開設すると、一般信用取引が使えるだけでなく、kabuステーションというパソコン用のトレーディングツールの通常プランの利用料が無料になるというメリットもあります。

▼関連記事

カブドットコム証券の信用ゴールドプランなどの金利の引き下げについて

カブドットコム証券では投資信託が100円から購入できる

kabuステーションのスマホアプリが日経225先物取引に対応

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

 

※上記の証券会社7社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする