SBI証券ではTポイントで投資信託が買える

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 6

SBI証券では投資信託の購入にTポイントが使用可能です。

Tポイントのような色々なお店やサービスで使用できるポイントを使って、投信などの金融商品を買うことは、証券業界内ではポイント投資と呼ばれています。

SBI証券では最低100円分から投資信託の買付が可能です。利用できるポイント数には上限も下限もありません。さらに、Tポイント利用のときは、買付代金の「全部に利用」、もしくは「一部に利用」のどちらでも選択することが可能です。

注意点としては、使用できるTポイントは原則として通常ポイントです。

SBI証券以外の会社のお店やサービスで手に入れた期間固定Tポイントは投資信託の買付に使えません。SBI証券以外の会社で手に入れた通常のTポイントは投信の買付に使用可能です。

また、SBI証券からもらった期間固定Tポイントは、投信の買付に使用可能です。

私はヤフーショッピングでよく買い物をするので通常のTポイントが手に入る機会が多いので、試しにTポイントで「たわらノーロード 先進国株式」という投信に注文を入れてみましたが、問題なく約定しました。

「通常のTポイントが余っていて、かつ投資をやってみたい」という人の中には、SBI証券の証券取引口座に興味を持つ方もいるでしょうね。

私はSBI証券におけるポイントサービスの一番のメリットは、Tポイントで投信が買えることだと考えていますが、同社のポイントサービスには他にも下記のようなメリットがあります。条件を満たすとTポイントがもらえるのです。

▼SBI証券でTポイントがもらえる条件

条件
もらえるTポイントの種類
備考
国内株式現物取引 Tポイント スタンダードプラン手数料及び現物PTS取引手数料の月間の合計手数料の1.1%相当のポイントがもらえる。
投資信託保有残高 Tポイント

対象投資信託の月間平均保有額が、1,000万円未満の人は年率0.01%~0.1%相当のポイントがもらえる。

対象投資信託の月間平均保有額が、1,000万円以上の人は年率0.01%~0.2%相当のポイントがもらえる。

金・プラチナ・銀取引 Tポイント 金・銀・プラチナのスポット取引手数料、および積立買付手数料の月間合計手数料の1.0%相当のポイントがもらえる。
新規口座開設 期間固定
Tポイント
新規口座開設100ポイントの期間固定Tポイントがもらえる
国内株式入庫 Tポイント

1回の移管入庫につき100ポイントがもらえる。

(ただし、異名義からの移管は対象外)

上記の表を見れば分かりますが、SBI証券現物株取引を行ったり、投資信託の保有を続けたりすればTポイントがもらえます。

そのもらったTポイントで投資信託を買うことも可能です。ただし、100円分以上のTポイントが必要です。

▼関連記事

SBI証券のメリットとは?

SBI証券、日経225先物と日経225miniの取引手数料を値下げ

SBI証券には国内株式銘柄分析ツール「分析の匠」がある

SBI証券と住信SBIネット銀行における「外貨入出金サービス」の解説

SBI証券、「OCO注文」「IFD注文」「IFDOCO注文」をリリース

SBI証券のテーマ投資サービス「テーマキラー!」に5万円コースが導入

SBI証券がSBBO-Xサービスの利用条件を緩和

SBI証券のかんたん積立アプリを使えば確かに投信を選ぶのが簡単

SBI証券が無期限の一般信用取引の金利と貸株料を引き下げ

「SBI証券 株アプリ」の気配値情報に高値・安値ラインが追加

SBI証券の米国株取引で逆指値注文が使えます

SBI証券では投信積立の買付手数料が無料です

SBI証券でPTSの信用取引が可能に

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

 

※上記の証券会社7社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする