楽天証券の米国株取引で逆指値注文が使用可能になります

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 6

楽天証券の証券取引口座を開設している人は、日本株だけでなく、アメリカの株式市場に上場している株の取引が可能です。

さて、今のところ楽天証券の米国株取引では注文をする際、成行注文指値注文しか使えません。

しかし、2021年4月12日からアメリカ株の取引で逆指値注文が使用可能になります。同日から、まずスマートフォン用株取引アプリであるiSPEEDで逆指値注文が利用可能となります。

また、2021年5月9日からは、パソコンのウェブサイトでも米国株の逆指値注文が使用可能になる予定です。

以下、楽天証券のウェブサイトからの抜粋です。

米国株式取引に逆指値機能を追加します。
(4/12 iSPEED先行リリース)

2021年3月22日

米国株式取引きで逆指値機能がご利用頂けます。

かねてより多くのご要望をいただいておりました米国株式の逆指値注文機能を、4/12(月)よりiSPEEDに追加いたします。PCウェブには5/9(日)より対応を予定しております。

また、同時にiSPEEDの機能アップデートも予定しております。

要約すると

  • iSPEED/PCウェブに米国株式の逆指値注文機能を追加します
  • iSPEEDでの米国株式注文入力時に予想受渡代金の明細が確認できます

米国株式取引に逆指値機能を追加!

逆指値とは?

■トレンドフォロー、ロスカットが容易になります

逆指値とは、通常の注文とは逆で、指定の注文条件より、高くなれば「買い」低くなれば「売り」が設定できる注文方法です。

逆指値注文は、注文を登録しても市場にはすぐに執行されず、証券会社(現地取次先)にて市場値段の監視を行い、市場値段が指定条件に達したタイミングで市場へ執行致します。

ご注意
逆指値注文は「指定価格到達後に市場へ発注」といった注文となるため、意図した価格で約定しない場合がございますのでご注意ください。

突然の急騰・急落に備える

米国市場は日本市場とは異なり、1日の値幅制限(ストップ高・ストップ安)がないため、株価の予想外の急落により想定以上の損失が生じる可能性があります。また、米国の取引時間は日本の夜間に当たるため、相場を見ながら取引することが難しいですが、逆指値注文をご利用いただくことで相場の急落時でも損失を限定することが可能となります。また、利益確定の売りにもご利用いただけます。

また、相場の急騰に備えて、日ごろから気になっている銘柄で逆指値注文を入れておくことで、あの時買っておけばよかったということもなくなります。

~~以上、楽天証券のウェブサイトからの抜粋~~

逆指値注文とは、株式売買における通常の指値注文とは逆で、指定した価格より株価が高くなったら「買い」、安くなったら「売る」という発注方法のことです。

逆指値注文を使うと「A株が1000ドルを下回ったら成行の売り」といった注文を出すことができます。株価が変動して、1000ドルを下回ると自動的に成行売りの発注が出され、それ以上損失を拡大するリスクを抑えられます。これが逆指値の代表的な使用例です。

いわゆるストップロスオーダーという手法ですね。ロス(損失)をストップさせるための注文方法です。取引時間中の株価を見ることができない人には重宝します。

米国株取引は基本的に日本の夜間に行われるので、逆指値注文が使えると便利になります。

▼関連記事

楽天証券、自動入出金の設定で現金1000円プレゼントキャンペーン実施中

楽天証券のiSPEEDでは米国株式取引機能が可能

フル板を無料で使える証券会社 (条件比較あり)

楽天証券、いちにち定額コースの手数料を値下げ。1日あたり100万円まで手数料無料

楽天証券の信用貸株サービスについて解説

楽天証券、超割コースの大口優遇の条件を緩和

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • SBIネオトレード証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。信用取引の手数料は常に無料です。
     また、2021年6月30日まで口座開設で現金2000円がもらえるキャンペーンを実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。現在、Amazonギフト券4000円分がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。また米国株取引サービスに強みがあります。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピード2の情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

  • auカブコム証券・・・IPOがシステム抽選で全てのユーザーに公平なチャンスがあります。また一般信用取引の売建可能銘柄の数が豊富なので、株主優待銘柄をつなぎ売りに使える証券会社です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする