ライブスター証券の株取引では多彩な注文方法を利用できる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 5

ライブスター証券は株取引や日経225先物取引の手数料が非常に安い証券会社ですが、株の注文方法が多彩というメリットもあります。

この記事では、ライブスター証券の豊富な株式注文方法の中から、特殊注文をピックアップして説明します。

ライブスター証券の株取引では成行注文や指値注文といった通常の注文方法はもちろん利用できるのえすが、その他にも下記の5種類の特殊注文を利用できます。

  • 逆指値S注文
  • 逆指値M注文
  • OCO注文
  • IFD注文
  • IFDO注文

特殊注文を使うと、あらかじめ売る条件を決めてから株を買ったり、買った株に損失を限定する注文を入れたり、いろいろと便利になります。昼間外で働いていて、パソコンやスマートフォンで自由に株価が見られない人には重宝するでしょう。

それでは、特殊注文の具体的な内容を解説していきましょう。

▼逆指値S注文

逆指値S注文を使っての買い注文の場合は、現在値以上の価格を逆指値条件として設定し、逆指値条件に価格が到達した時点で「成行」または「指値」注文を発注します。

売り注文の場合は、現在値以下の価格を逆指値条件として設定し、逆指値条件に価格が到達した時点で「成行」または「指値」注文を発注します。

逆指値Sの使い方で一番重宝するのは、「損切り注文」です。逆指値を使うと「A株が900円を下回ったら成行売り」といった注文を出すことができる。株価が変動して、900円を下回ると自動的に成行売りの発注が出され、それ以上損失を拡大するリスクを抑えられます。

▼逆指値M注文

買い注文の場合は、現在値以下の価格を逆指値条件として設定し、逆指値条件に価格が到達した時点で「成行」または「指値」注文を発注します。

売り注文の場合は、現在値以上の価格を逆指値条件として設定し、逆指値条件に価格が到達した時点で「成行」または「指値」注文を発注します。

↑この二行はライブスター証券のウェブサイトからの抜粋なのですが、これだけ読むと、通常の指値注文と逆指値M注文は似ていると感じますよね。でも、違うのです。

指値注文は、注文の優先順位が成行注文に対して低い為、例えば、株価が下落して指値価格に到達したものの、即座に株価が反騰した場合は、優先順位が成行注文より低いため、約定しない可能性があります。

逆指値M注文では、指値価格に達したら成行注文を出すことができるので、逆指値価格付近で注文を約定させる確率が高まります。

▼OCO注文

OCO注文とは「指値注文と逆指値注文の2つを同時に発注する注文方法」のことです。一方の注文が約定したときは、約定していないもう片方の注文は自動的に取消されます。

損失を限定しながら利益確保を狙いたいときに使ったりします。

例えば、楽天の株を100株を1000円で買ったとします。そして、「100株1100円で売り指値注文を入れると同時に、100株900円での売り逆指値注文」というOCO注文いれたとします。その場合、順調に株価が上昇すれば1100円で利益確定ができるし、逆に株価が下落すれば900円で損失確定となります。

▼IFD注文

IFD注文とは買付注文と売却注文予約を同時に発注できる注文方法です。一つ目の注文(親注文:IF側)が約定すると、もう一方の注文(子注文:DONE側)が発注されます。

買付注文が約定した時点で利益確定注文や、損切り注文を自動で発注できるので、取引時間中にトレードツールから操作ができない場合などのリスクコントロールに利用できます。

▼IFDO注文

IFDO注文とは買付注文と同時に売却OCO注文の発注予約ができる注文方法です。

一つ目の注文(親注文:IF側)が約定すると、OCO注文(子注文:DONE側)が発注されます。

買付注文(新規建て注文)と同時に利益確定の注文と損失限定の逆指値注文予約ができる注文です。

なお、FX取引でIFD注文やIFDO注文が使える証券会社はたくさんあります。

しかし、「日本株取引・日経225先物取引・FX取引」の全てで、IFD注文やIFDO注文が使える証券会社はほとんどありません。

ライブスター証券は「日本株取引・日経225先物取引・FX取引」の全てでIFD注文やIFDO注文が使えるレアな証券会社なのです。

▼関連記事

ライブスター証券、全商品 取引手数料「0円」キャンペーン実施中

ライブスター証券のメリットとは

ライブスター証券、「大口信用取引 信用金利1.8% & 手数料0円 キャンペーン」実施

ライブスター証券、現物株取引の手数料を改定

ライブスター証券の手数料

ライブスター証券の「livestar S2」を使った感想

ライブスター証券のスマホ用株取引アプリ、逆指値などの特殊注文に対応

livestar R2に全銘柄の成行決済機能が搭載

ライブスター証券、一般信用取引の取扱いを開始

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2019年9月30日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2019年10月31日まで口座開設で現金2000円がもらえるキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。現在、Amazonギフト券4000円分がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。

  • SBI証券・・・投資家の口座開設数が460万口座を超えておりオンライン証券業界で首位です。(2019年3月末時点)

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

  • カブドットコム証券・・・IPOがシステム抽選で全てのユーザーに公平なチャンスがあります。また一般信用取引の売建可能銘柄の数が豊富なので、株主優待銘柄をつなぎ売りで狙うのに適した証券会社です。

 

※上記の証券会社7社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする