カブドットコム証券の社名がauカブコム証券に変更【2019年12月2日】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 6

2019年12月2日から、カブドットコム証券の社名が「auカブコム証券株式会社」に変更となっています。

去る2019年2月12日、KDDIがカブドットコム証券に出資すると発表しました。「1株559円でTOB(株式公開買付け)を実施して、KDDIの出資比率を49%に増加させる」という主旨の発表でした。

その後このTOBは成立しました。KDDIがカブドットコム証券に本格的に出資したことに伴い、会社名がKDDIのブランド名であるauを冠したauカブコム証券になったわけです。

以下、auカブコム証券のウェブサイトからの抜粋です。

~~~

auカブコム証券の発足について

2019年12月2日

当社は、12 月 1 日・2 日の両日に商号変更や監査役会設置会社への移行等の手続きを終え、新たに auカブコム証券として発足することとなりましたので、新たな経営ビジョンや新役員の布陣と併せ、下記のとおりお知らせいたします。

1. 商号変更

(1) 新商号

auカブコム証券株式会社(au Kabucom Securities Co., Ltd.)

(2) 変更日

2019 年 12 月 1 日

~~以上、auカブコム証券のウェブサイトからの抜粋~~

2018年までauカブコム証券は三菱UFJグループの色彩が強い会社でした。しかし、今年KDDIの出資比率が増したため、同社はKDDIグループとの距離が近くなっています。

これまで、すでに「KDDIグループのじぶん銀行とauカブコム証券で、銀行口座と証券口座の連携サービス」などが提供されています。

今後は、このようなKDDIグループとauカブコム証券の間で共同開発されたサービスが新規で出てくることが予想されます。

▼関連記事

カブドットコム証券のメリットとは

カブドットコム証券の信用ゴールドプランなどの金利の引き下げについて

カブッドコム証券の一般信用取引(長期)は建玉を最大で10年保有できる

カブドットコム証券、一般信用取引の買方金利を引き下げ

カブドットコム証券、信用取引の手数料を値下げ

カブドットコム証券では投資信託が100円から購入できる

カブドットコム証券の単元未満株取引「プチ株」の手数料の解説

カブドットコム証券が代用貸株サービスの提供を開始

カブドットコム証券はNISA口座でスピード開設ができる

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

 

※上記の証券会社7社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする