カブドットコム証券はNISA口座でスピード開設ができる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

カブドットコム証券が2019年1月からNISA口座のスピード開設を開始しています。

スピード開設で口座開設申込みを行えば、「一般NISA口座」や「つみたてNISA口座」において、通常より早い時期に取引を開始できます。

従来からあった通常開設での申込みだと、税務署の審査後、通常1~2週間程度でNISA口座が開設されます。

それに対してスピード開設では、税務署での審査・開設処理を待たずにカブドットコム証券での手続きが完了した後、NISAでの取引が開始できます。

以下、カブドットコム証券のウェブサイトからの抜粋です。

~~~

当社に証券口座をお持ちでないお客さま

NISA口座開設には、カブドットコム証券の証券口座を開設していただく必要がございます。証券口座開設のお申込みの際に、NISAも合わせてお申込みください。

 ~~中略~~

お申込みの際に、スピード開設および通常開設がご選択いただけます。

スピード開設では、税務署での審査・開設処理を待たずに、当社の手続きが完了した後、NISAでのお取引が開始できます。通常開設では、税務署の審査後【通常1~2週間程度】に開設いたします。

 ~~中略~~

スピード開設のご注意事項

  • NISA口座は1人1口座しか開設できません。他社で開設している場合は重複口座開設となり、無効となります。
  • 無効となったNISA口座にて買い付けた上場株式等は、当初より一般口座にて買い付けたものとして扱われます。
  • NISA口座が無効となった場合でも、手数料は原則発生いたしません。ただし、不正な行為が確認できた場合は、遡及して手数料を徴収する場合がございます。
  • NISA口座が無効となった場合でも、「取引履歴」および「取引報告書」は修正されません。NISAで購入した履歴が残ります。売却時には一般口座となります。
  • 一般口座での確定申告では、取引報告書をご利用ください。

~~以上、カブドットコム証券のウェブサイトからの抜粋~~

なお、個人投資家は「一般NISA口座」と「つみたてNISA口座」のどちらか片方しか選ぶことができません。

カブドットコム証券では、「一般NISA口座」を選んだ場合、国内株式(現物株式・ETF(ETN)・REIT)の買付手数料が無料です。

また、「つみたてNISA口座」を選んだ場合ですが、つみたてNISA口座で買える投資信託は金融庁が定める基準により購入時手数料および解約(売却)時手数料が0円(ノーロード)となっています。つまり、カブドットコム証券においてはも買付や売却の手数料は無料です。

▼関連記事

カブドットコム証券のメリットとは

カブドットコム証券の信用ダイヤモンド・プラチナ・ゴールドプランについて

カブッドコム証券が一般信用取引(長期)の返済期日を10年に延長

カブドットコム証券、信用取引の手数料を値下げ

カブドットコム証券の単元未満株取引「プチ株」の手数料の解説

カブドットコム証券が代用貸株サービスの提供を開始

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2019年3月29日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2019年4月26日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。現在、Amazonギフト券4000円分がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。

  • SBI証券・・・投資家の口座開設数が450万口座を超えておりオンライン証券業界で首位です。(2018年12月末時点)

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

  • カブドットコム証券・・・IPOがシステム抽選で全てのユーザーに公平なチャンスがあります。また一般信用取引の売建可能銘柄の数が豊富なので、株主優待銘柄をつなぎ売りで狙うのに適した証券会社です。

 

※上記の証券会社7社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする