マネックス証券では流行のテーマから銘柄探しができる「テーマ別投資情報」が使える

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 5

マネックス証券の証券取引口座にログインすると、「テーマ別投資情報」という銘柄探しの機能を無料で利用することが可能です。

テーマ別投資情報は、現在、個人投資家によく注目されているテーマ(例えば人工知能など)に属する株式銘柄をランキング形式で表示できるサービスです。

株式投資情報サイトでアクセスが多いテーマに関連する銘柄をランキング形式で表示したり、そのテーマに関する一言コメントを読めたりします。そのため、今の個人投資家が関心を持つ株式関係の題材に、いち早く着目することが可能になっています。

私はマネックス証券の証券取引口座を開設しているので、口座にログインをして実際に「テーマ別投資情報」を使ってみましたが、これはテーマ株や関連銘柄を普段からチェックしたい個人投資家にとっては有益であると感じています。

この記事では、「テーマ別投資情報」の画面を見ながら、その使い勝手について解説します。

以下の画像は、私がマネックス証券の証券取引口座にログインして、パソコンのディスプレイに「テーマ別投資情報」の画面を表示させたものです。

▼テーマ別投資情報のトップページの画像

↓トップページからキーワードとして「5G」を選んだ場合に表示された画像です。このようにキーワードをクリックかタップすると、キーワードの解説とそのワードに関連した上場銘柄の一覧が表示されます。

↓上の銘柄一覧から、この日はアンリツ(銘柄コード6754)の株価が上場していたので、この銘柄を選択してクリックしてみました。クリックすると、株価やチャートを閲覧できます。

↓上の画面で「四季報」という青い文字をクリックすると、会社四季報のデータを閲覧できます。四季報の画面を開けば会社概要が分かるので、流行の銘柄の中から知らない会社を調べるとき便利です。

↓今度はキーワードは「5G」ではなく、テーマ別投資情報のトップページから「復興関連銘柄」というキーワードを選んでみました。最近、日本は災害が多いので、こういったテーマに興味がある方もいるでしょう。

↓テーマ別投資情報のトップページにて「注目テーマ」という文字をクリックすると、時事ネタのテーマの解説を読むことが可能です。株式市場における流行の話題やキーワードを知っておきたい人には便利です。

↓また、テーマ別投資情報のトップページにて「テーマ一覧」という文字をクリックすると、その名のとおりテーマを一覧に並べた画面を表示することが可能です。この画像では銘柄が50音順に並んでいますが、株価の上昇率や下落率でも並び替えが可能です。

↓これは先ほどの画面を株価の上昇率の順番で並べ変えたものです。取引時間中にこの画面を見ると、「今日はこのテーマの株が盛り上がっているのか」といった具合に、直感的にトレンドを把握することが簡単になります。

以上で解説は終わりです。

マネックス証券のテーマ別投資情報は、短期トレードで流行の銘柄を探したいときには便利な機能です。

例えば、信用取引で短期取引を行っている人でしたら、「○○関連銘柄」「○○関連株」の中から自分が取引する銘柄を選びたいときがあるのではないでしょうか?

この○○の部分のジャンルを決める際に、テーマ別投資情報を使うのが有効なのです。

テーマ別投資情報の利用料は無料で、利用にお金がかからないので、マネックス証券の証券取引口座を開設している人は試しに使ってみるとよいでしょう。

▼関連記事

マネックス証券、信用取引の手数料 最大10万円キャッシュバック プログラム実施中

マネックス証券の一般信用取引の売建の解説(貸株料引き下げ)

マネックス証券の信用取引ではトレーディングツールの利用料が無料

マネックス証券ではスマホ用のトレーディングアプリの利用料が無料

マネックス証券の株取引では多彩な注文方法を利用できる

マネックス証券の通常口座において信用取引の手数料が値下がり

マネックス証券、現物株式と投資信託の買付手数料実質0円キャンペーン実施中

マネックス証券における信用取引のメリットとは

マネックス証券のニュース閲覧機能に株式新聞とフィスコが追加

マネックス証券の一般信用取引の売建対象で株主優待銘柄が増加

マネックス証券がPTSの信用取引を2020年に開始予定

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

 

※上記の証券会社7社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする