SBI証券、テーマ投資サービスの「S株 Now!」開始

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年9月30日から、SBI証券が「S株Now!」という新サービスを開始しました。

「S株Now!」を使えば、個人投資家は「人工知能(AI)」、「電気自動車」といった旬のテーマを選ぶだけで、複数の企業に簡単に投資ができます。

「S株Now!」は、1株から取引できる単元未満株(S株)を活用したサービスです。

「S株Now!」では、投資のテーマごとに10銘柄がピックアップされています。テーマを選択してから、10万円か20万円か30万円の三つの中から投資資金を選んで投資を行います。

通常の株に投資する場合、10万円では10銘柄への分散投資を試みても、予算不足で買付できないケースがほとんとでしょう。しかし、「S株Now!」では単元未満株(S株)を活用するので10銘柄への分散投資が可能になっています。

以下、SBI証券の親会社のSBIホールディングスのウェブサイトからの抜粋です。

~~~

SBI証券、少額テーマ投資サービス「S株Now!」の提供開始のお知らせ

~S株がバージョンアップ!さらにサービス開始キャンペーンで買付手数料を全額キャッシュバック~

2017年9月25日
株式会社SBI証券

株式会社SBI証券(本社:東京都港区、代表取締役社長:髙村正人、以下「当社」)は、2017年9月30日(土)より、単元未満株(S株)による少額テーマ投資サービス「S株Now!」を開始することとなりましたのでお知らせいたします。

「S株Now!」は、「人工知能(AI)」、「自動運転車」、「ヘルスケア(健康)」といった旬のテーマを選ぶだけで、複数の企業に簡単に投資ができる新感覚の株式投資サービスです。流行りのテーマから、息の長いロングランテーマまで幅広い30のテーマを用意しており、テーマごとに、「みんかぶグループ(エムサーフ社)」による独自の分析に基づいて作成したポートフォリオ(有望企業10社への分散投資)を提案いたします。

通常の株式取引では、売買の最低単位である単元が100株や1,000株などと決まっており、複数企業に分散投資をするためには、ある程度まとまった投資資金が必要となります(例えば、10社の株式を1銘柄ずつ「単元」で購入しようとすると、ほとんどの場合、100万円以上の投資資金が必要となります)。

「S株Now!」は、売買単位に関わらず1株から取引できる単元未満株(S株)を活用しており、10銘柄への分散投資が10万円から手軽に始められます。

「購入コース」として、10万円、20万円、30万円の3コースを用意しており、お客さまは「購入コース」を選択することで、有望企業で構成されたポートフォリオに簡単に投資することができます。

 ~~中略~~

■「S株Now!」のサービス概要

・ テーマ数 : 30テーマより選択可能 (人工知能(AI)、自動運転車、ヘルスケア(健康)など旬なテーマが多数)

・ 金額 : 10万、20万、30万の3コース

・ 投資方法 : テーマ関連度の高い有望企業10社に分散投資

・ 手数料 : 0.5%(税別)

・キャンペーン : サービス開始キャンペーンで「S株Now!」の買付手数料を全額キャッシュバック(0円)
  (2017年10月2日~10月31日・約定日ベース)

※「S株Now!」はインターネットコースのお客さま向けのサービスとなります

■「S株Now!」の画面イメージ

~~以上、SBI証券の親会社のSBIホールディングスのウェブサイトからの抜粋~~

▼投資信託と「S株Now!」を比べると

今までテーマ株投資といえば、組成する銘柄にテーマを設定している投資信託を購入するのがお手軽な手段でした。

例えば、ロボットに興味がある人なら「ジャパン・ロボティクス株式ファンド」を買う、ヘルスケアやバイオに興味がある人なら「グローバル・ヘルスケア&バイオ・ファンド」を買うといったパターンです。

ただし、こういったテーマにそった投資信託は年間の信託報酬が高めです。一般的に年率1%~3%程度の信託報酬がかかる投信が多くなっています。

SBI証券の「S株Now!」は単元未満株を買い集めるサービスなので、信託報酬はかかりません。

「S株Now!」を使った投資でかかる費用は売買手数料だけです。なお、売買手数料は約定代金×0.500%(税込0.540%) となっています。

長期的な保有が前提ならば、投信より「S株Now!」の方がコストが安いわけです。

ただし、投信では個別の企業から個人投資家宛に郵便物は届きませんが、「S株Now!」で単元未満株を買ってずっと保有していると、その上場企業から配当金などに関する郵便物が届くようになります。

▼個別株と「S株Now!」を比べると

投信を買う以外に、テーマ株投資を行おうとした場合、下記リンク先のような記事を見て、その中から個別銘柄を買う方法もあります。

選挙関連銘柄の一覧 (まとめ)

ただ、個別銘柄は買値が安い株もあれば高い株もあり、ほしい株の中に高値の株が含まれていると途端に分散投資が難しくなります。

その点、SBI証券の「S株Now!」は単元未満株を活用して10銘柄を買付するので、分散投資は簡単にできます。分散投資が容易に可能な点は「S株Now!」の長所です。

ただし、「S株Now!」の売買手数料は約定代金×0.500%(税込0.540%) となっており、一般的には個別銘柄を買付するより手数料は高くなるケースが多いので、この点はデメリットでしょう。

「S株 Now!」には長所も短所もありますが、「S株 Now!」のサービスが始まったことで、投資信託以外に初心者でもテーマ株投資ができる手段が一つ増えましたね。

▼関連記事

SBI証券、アクティブプランの株式手数料を改定。約定10万円以下の手数料を無料化

「SBI証券 株アプリ」を使った感想【レビュー】

SBI証券、投信積立に毎日積立や毎週積立コースなどを追加 【2017年10月中旬より】

現在、株の夜間取引ができるのはSBI証券だけです【PTS】

SBI証券のiDeCoで投資を行うメリットとは

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2017年12月31日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2017年12月31日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。現在、Amazonギフト券4000円分がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2017年10月31日まで口座開設とFX取引で、楽天ポイントが最大で1万円分もらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする