松井証券、NISA口座における株式取引の手数料を恒久無料化

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年1月から少額投資非課税制度(NISA) が、日本でも始まります。

NISA(少額投資非課税制度)について興味がある方は、下記リンク先をクリックしてください。日本証券業協会によるNISAの解説サイトです。

さて、松井証券が同社でNISA口座を開設したユーザーへの特典を発表しました。松井証券でNISA口座を開設したユーザーは、NISA口座内における現物株式の売買について、手数料が無料となります。

買いの手数料も、売りの手数料も無料になります※

(※ただし、株式売買の手数料が無料になるのは、年間の投資額が100万円に達するまで。100万円を超えてから、新たに株取引を行った分についてはNISAの非課税枠から外れるため、通常の売買手数料が徴収される)

なお、この手数料はNISA導入年に限った期間限定サービスや条件を設けたキャンペーンではありません。

以下、松井証券のウェブサイトからの抜粋です。

~~~~

【NISA口座】での株式取引手数料を恒久無料化します

2013年8月23日

松井証券は、2014年より導入されるNISA(少額投資非課税制度)口座における株式取引手数料を、現行制度下において恒久的に無料とします。

この手数料はNISA導入年に限った期間限定サービスや条件を設けたキャンペーンではありません。NISA口座の開設は、一人1口座に限られ、複数の金融機関に申込むことはできませんので、各金融機関の取扱内容を十分にご検討いただいたうえで、NISA口座の開設をお申込みください。

松井証券のNISAサービス概要

NISAとは、年間100万円までの投資資金による上場株式等の配当金や売却益等が最長5年間非課税となる新たな制度です。

日程
  • 口座開設:2013年10月1日(火)~
    ※現在、口座開設予約申込受付中
  • 取引開始:2014年1月6日(月)~
対象商品
上場株式、ETF/ETN、REIT(現物取引)
手数料
売買代金にかかわらず、買付、売却ともに無料

※上記の手数料はインターネット経由の場合に適用されます。単元未満株の売却、電話でのお取引は手数料無料の対象外となります。

主要オンライン証券のNISA口座における国内株式取引手数料の比較

下記の事例はNISA口座において、1年分の投資枠である100万円をもとに20万円ずつ現物株式を売買した場合と、4年分(※)の投資枠である400万円をもとに20万円ずつ現物株式を売買した場合の手数料比較です。

※一度NISA口座を開設した場合、4年間(2014年から2017年まで)は他の金融機関にNISA口座を変更・開設できません。

matsui_nisa_tesuryo_muryo_20130823_001.gif

※2013年8月22日現在、各社ホームページや開示内容を参照し当社作成。手数料は全て税込。

※マネックス証券は取引毎手数料コースを元に試算。SBI証券、楽天証券およびカブドットコム証券は、2014年についてはキャンペーンであるNISA取引手数料を元に試算していますが、2015年以降については手数料体系が明示されていないため不明。

▼NISA口座の開設について

松井証券では現在、NISA口座の開設予約申込を受付けています。松井証券に口座をお持ちの方は、会員画面内上部【口座管理】-【書類請求・申込】画面よりお申込みください。松井証券に口座をお持ちでない方は、「ネットストック口座」を開設のうえ、NISA口座をお申込みください。

▼関連リンク

NISA口座での株式取引手数料【恒久無料化】のお知らせ(211KB)【PDF】

~~以上、松井証券のウェブサイトからの抜粋~~

松井証券のNISA口座内手数料無料化は、他社のNISAキャンペーンへの対抗措置と思われます。

他社の「NISA口座内 手数料値下げキャンペーン」について興味がある方は、下記リンク先の記事をクリックしてください。

なお、松井証券が「NISA口座内の手数料無料化」を発表したので、後日、当サイトの下記リンク先の記事を更新する予定です。

NISA口座「口座開設キャンペーンの比較」 【ネット証券各社】

▼関連記事

SMBC日興証券、NISA口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーン実施

エイチ・エス証券、NISA口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーン実施

カブドットコム証券、NISA口座における株式買付 手数料無料キャンペーン実施

岡三オンライン証券、書籍「アベノ 爆騰株 ガチ勝ち! 130銘柄」と「NISA START BOOK トクする8つのセオリー」プレゼントキャンペーン実施

ネット証券、口座開設キャンペーンのまとめ 【期間限定】

証券会社 & FX会社、現金プレゼントキャンペーン比較表

▼関連カテゴリ

NISA関連情報

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2016年12月30日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2016年12月31日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。2017年1月31日まで、15000円分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は最強の個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2016年12月31日まで口座開設とFX取引で、最大8万円分の楽天ポイントがもらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする