逆日歩のかからない空売りをする方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

制度信用取引を使って、空売りを行えば、株価下落局面でも儲けることができます。

しかし、制度信用取引を使った空売りには弱点があります。

制度信用取引の場合、1つの銘柄に空売りが集中しすぎると、個人投資家は逆日歩という手数料を払わないといけません。

では、逆日歩がかからない空売りはできないのでしょうか?

いや、一般信用取引(無期限信用取引)を使えば、逆日歩のかからない空売りができます。一般信用取引については、下記のリンク先の解説をご覧下さい。

一般信用取引(無期限信用取引)とは

一般信用取引の場合、株を証券会社から借り受けて売建をするので、日証金や大証金といった証券金融会社とは関係なく売建ができます。
ですから、日証金や大証金に逆日歩を取られることはありません。

以下、一般信用取引でカラ売りができる証券会社の一覧です。

  1. カブドットコム証券
  2. 松井証券
  3. 大和証券

▼一般信用取引を使って空売りすることの長所

  • 建玉の返済期限が無期限の証券会社が多い。
  • 逆日歩がつかない

▼一般信用取引を使って空売りすることの短所

以上のメリット・デメリットを把握した上で、一般信用取引を使いこなすといいでしょう。

▼関連記事

信用取引 手数料比較表

信用取引とは【株式用語解説】

信用取引口座開設の際に収入印紙代が無料な証券会社

信用取引の金利比較表 (制度信用取引版)

信用取引の金利の安さランキング (一般信用取引編)

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする