松井証券、海外先物取引の取扱銘柄を拡充

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

松井証券では海外先物(海外の取引所に上場している先物)を、取引することが可能です。

松井証券において、今まで海外先物の中で取引ができる銘柄は、CME上場の日経225先物だけでした。

これが2013年2月18日から、CME日経225先物に加えて、新たに「NYダウミニ先物等の株価指数、金や原油、とうもろこしなどの貴金属やエネルギー、農産物」関連の銘柄が、取扱い銘柄として追加されます。全部で16銘柄に増加します。

また、海外先物取引の手数料が、1枚あたり1050円から525円に値下がりします。

ちなみに、オンライン証券業界では、楽天証券が2010年から海外先物の取扱いを開始しており、松井証券より先行しています。

楽天証券と松井証券の海外先物取引の差についてですが、取引に使う通貨が大きく違います。

楽天証券の場合、海外先物で取引ができる銘柄の大部分は、米ドルでの決済になっています。いわゆる「ドル建て」の銘柄が大部分なわけですが、これを取引しようとした場合、まず楽天証券の口座の中で、日本円を為替取引で米ドルに変える必要があります。その米ドルを使って、海外先物取引を行います。

対して、松井証券の場合ですが、2月18日から取引できる16銘柄は、全て日本円で取引が可能です。 海外先物取引用に米ドルを用意する必要がないわけです。

以下、松井証券のウェブサイトからの抜粋です。

~~~~~

【海外先物】海外株価指数・貴金属・エネルギー・農産物の取扱いを開始します~手数料無料でお試しいただけるキャンペーンも実施~

松井証券は2月18日(月)より、「海外先物取引」の取扱銘柄を拡充します。松井証券の海外先物取引では、CME日経225先物に加えて新たにNYダウミニ先物等の株価指数、金や原油、とうもろこしなどの貴金属やエネルギー、農産物などに日本円で投資することができます。

海外商品先物の魅力をまずは無料でお試しいただくため、「海外先物取引 手数料0円キャンペーン」を実施します。2月18日(月)から3月30日(土)までの間に海外先物取引を取引された全てのお客様を対象に、期間中の海外先物取引にかかる手数料を上限100枚まで全額キャッシュバックします。

なお、海外商品先物取引の口座開設は、2月2日(土)より受付けます。

この機会に是非、松井証券の海外先物取引をご検討ください。

海外先物取引のサービス概要

業界最安水準の手数料

取引手数料は、約定1枚あたり525円(税込)です。

※日経225先物 円建は現行の約定1枚あたり1,050円(税込)から半額に引き下げます。

カテゴリ 銘柄名 原資産 取引所 手数料
株価指数 日経225先物 円建 日経225 CME 約定1枚
525円
(税込)
S&P500ミニ先物 S&P500
NASDAQ-100 ミニ先物 NASDAQ-100
NYダウミニ先物 DJIA CBOT
貴金属 金先物 COMEX
銀先物
プラチナ先物 プラチナ NYMEX
エネルギー WTI原油先物 WTI原油
WTI原油ミニ先物 WTI原油
天然ガス先物 天然ガス
灯油先物 灯油
ガソリン先物 ガソリン
農産物 とうもろこし先物 とうもろこし CBOT
小麦先物 小麦
大豆先物 大豆

※CME(シカゴ・マーカンタイル取引所)、CBOT(シカゴ商品取引所)、COMEX(ニューヨーク商品取引所)、NYMEX(ニューヨーク・マーカンタイル取引所)

日本円のまま取引可能

海外市場の外貨建て銘柄を取引する場合、通常、外貨で証拠金を差し入れる必要があるため、外貨への両替が必要となります。松井証券では、外貨へ両替を行うことなく円貨のままで取引が可能です。そのため、株式取引や国内の先物取引口座間での証拠金移動もスムーズに行えます。

時間限定少額証拠金口座でよりアクティブに

「時間限定少額証拠金口座」とは、原則として日本時間07:00~翌朝05:00(冬時間の場合は08:00~翌朝06:00)に限定して、通常時より減額された証拠金が適用される口座です。

例えば、海外証券先物のCME日経225先物を1枚取引するのに必要な証拠金は通常約20万円ですが、時間限定少額証拠金の適用時間中は約15万円となります。 少ない証拠金で取引でき、アクティブに取引される方に最適です。

※CBOT銘柄(農産物関連銘柄に限る)については少額証拠金の適用はありません。

~~以上、松井証券のウェブサイトからの抜粋~~

▼関連記事

松井証券、日経225先物の夜間取引で時間限定少額証拠金口座サービス開始

楽天証券、6月25日からE-mini Nikkei225(Yen)『(日経225ミニ先物(円建))』の取扱いを開始

カブドットコム証券、CME日経225先物取引のリアルタイムチャートをほぼ24時間提供

日経225先物取引手数料比較表

日経225mini手数料比較表

日経225先物取引とは

日経225miniとは

株価指数先物取引とは (株式用語解説)

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2016年12月30日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2016年12月31日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。2017年1月31日まで、15000円分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は最強の個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2016年12月31日まで口座開設とFX取引で、最大8万円分の楽天ポイントがもらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする