年率1.66%の金利がつくSBI債を買えるのはSBI証券だけ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【以下の内容は、2012年7月3日現在の情報です】

SBI証券は不定期ですが、年に何回かSBI債という利率の高い債券の募集をかけることがあります。

今月、7カ月ぶりにSBI債の募集があります。10万円単位で購入申込ができて、1年保有すれば1.66%の金利がつきます。

SBI債は、東証1部上場企業のSBIホールディングスという国内の会社が発行する社債なので、為替変動リスクはありません。また、SBI債は、SBIホールディングスが元本保証しています。

SBI証券の証券取引口座を開設しているユーザーは、「2012年7月4日の昼の12時 ~ 7月5日の17時」に、SBI債の購入申込を行うことができます。

10万円単位で最大1000万円まで申し込むことができます。 過去の結果でいうと、SBI債はすべて完売しています。 毎回完売するだけの人気があるので、現在は抽選制となっています。

SBI債の購入申込をするには、SBI証券の証券取引口座を開設しておく必要があります。 ですから、現在、SBI証券の口座を持っていない人は、今月のSBI債の購入申込をするのは難しいでしょう。

しかし、不定期ですが、今後もSBI証券がSBI債の募集をかける機会はあると思われます。 「定期預金の金利では満足できない。高金利のSBI債を買ってみたい」という方は、SBI証券の口座を今のうちに作っておいた方がいいでしょう。

ただ、定期預金にはペイオフという預金保護制度があり、預金先の銀行が経営破綻しても1000万円まで預金が保護されますが、SBI債はSBIホールディングス株式会社が元本保証している社債なので、この会社が破たん・破産した場合には、元本の一部または全部が戻ってこなくなるというリスクがあることは理解しておきましょう。

以下、SBI証券のウェブサイトからの抜粋です。

~~~~~~~~~~~~

債券 > 円貨建債券 > SBI債(愛称)

SBI債(愛称)

お知らせ

■本債券は7/4(水)12:00から、抽選のお申し込みを開始いたします。
詳しくは、「ご注文の流れ」および「抽選のお申し込みにあたって」等をご確認の上、お申し込みください。

■お申し込みは1口座につき1回限り、上限金額は1,000万円となります。
抽選申込受付完了後の訂正・キャンセル等はお受けできませんので十分ご確認の上、お申し込みください。

SBIsai_24th_20120704.gif

▼商品概要

正式名称

SBIホールディングス株式会社2013/7/11満期1.66%円建社債

(第24回SBI債)

発行体 SBIホールディングス株式会社
期間 1年
格付 BBB(R&I)
利率 年1.66%(税引前)
申込単位 額面10万円以上、10万円単位
売出価格 額面100円につき100円
売出期間 2012/7/3(火) ~2012/7/11(水)
抽選申込期間(ネットのみ) 2012/7/4(水)12:00~2012/7/5(木)17:00
発行日 2012/7/11
償還日 2013/7/11
利払日 2013/1/11、2013/7/11
発行額 100億円

※当社における申込期間は、事務手続の関係上、実際の売出期間とは異なります。
また、本債券は売出額に限度がございます。よって抽選にお申し込みいただいてもご購入いただけない場合がございます。

※本債券に関しましては、契約締結前交付書面と目論見書のWEB閲覧をされていない場合は、ご注文は受付できませんのでご注意ください。

※本債券は、ユーロ市場で発行された円建債券です。

※本債券はコールセンターではお申し込みいただけませんのでご注意ください。また、IFAコースのお客様はお取引のある仲介業者までお問い合わせください。

▼SBI債ってどんな商品?

円建

為替リスクがありません

為替が円高に推移しても、円安に推移しても、投資元本が変動することはありません!

短期

1年満期

満期が1年なので、使途が明確な資金でも効率的に運用することができます!

少額

10万円以上10万円単位

10万円以上10万円単位でお申し込みできますので、SBI債初心者の方もお気軽にお買付いただけます!

▼利金・償還イメージ

利率1.66% (年/税引前)のSBI債を100万円購入し、償還までの1年間保有した場合

年に2回、利金を受取ることができます。

SBIsai_24th_20120704_06.gif

▼発行体 SBIホールディングスの事業内容

金融サービス事業におけるペンタゴン経営

創業からの10年間、第1ステージとしてグループの規模拡大と企業生態系の構築を最優先した経営を進めてきたSBIグループは、証券・銀行・保険事業をグループ内に有するインターネット金融コングロマリットとなりました。

2011年3月期以降は、第2ステージとして、これまでに構築してきた企業生態系の「ブリリアントカット」化を目指して、5つのコア事業を中心に据えた「金融サービス事業のペンタゴン経営」の推進や、アジアをはじめとする新興国へのSBIグループの金融生態系の移出、海外組織体制の強化などにより、EPSの持続的成長を目指した収益重視の経営を進めてまいります。

SBIsai_24th_20120704_07.gif

~~~以上、SBI証券のウェブサイトからの抜粋~~~

▼関連記事

SBI証券のメリットとは?

SBI証券、メインサイト内のニュース情報をQUICK社に変更

SBI証券、口座開設と入金で現金1000円プレゼントキャンペーン実施

SBI証券、「FX取引で現金5000円プレゼントキャンペーン」実施

リアルタイム・トレーディングツールHYPER SBIの無料利用条件が緩和

SBI証券、投資信託定期売却サービスを開始

SBI証券、IOC注文を導入 (株取引において)

SBI証券、「インドネシア株式取引」提供開始

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2017年12月31日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2017年12月31日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。現在、Amazonギフト券4000円分がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2017年10月31日まで口座開設とFX取引で、楽天ポイントが最大で1万円分もらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする