SBI証券、「金融機関変更によるSBI証券へのNISA口座開設の予約申込」を開始

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

nisa_logotype_jsda.gif

2014年11月7日、SBI証券が「金融機関変更によるSBI証券へのNISA口座開設の予約申込」を開始しました。

他社でNISA口座を作っている個人投資家が、SBI証券への乗り換えを希望する場合、SBI証券のウェブサイトで乗換の予約申し込みが可能になりました。

以下、SBI証券のウェブサイトからの抜粋です。

~~~~~

金融機関変更によるSBI証券へのNISA口座開設の予約申込を開始!他社でNISA口座をお持ちでもSBI証券で開設できます(2015年~)

↓画像はクリックで拡大可能

sbi_nisa_norikae_20141107_001.png

▼税制改正のポイント

POINT 1

2015年1月より、同一の勘定設定期間内(第1期間:2014年1月1日~2017年12月31日の4年間)であってもNISA口座を開設する金融機関を年単位で変更可能

POINT 2

同一の勘定設定期間内であっても、NISA口座を廃止した後に、NISA口座を再開設することが可能

2015年より他の金融機関にNISA口座をお持ちでも、SBI証券にてNISA口座を開設できます!

※金融機関を変更しようとする年分のNISA非課税枠について、既に株式・投資信託等を受け入れている(買付されている)場合、金融機関を変更しご利用いただくことはできません。

●勘定設定期間とは?

NISAは現時点では恒久的な制度ではなく、非課税投資枠が付与される期間が決められています。

現時点では、NISAは10年間限定の制度となっています。

「勘定設定期間」とは、非課税投資枠を利用できる期間のことであり、10年間は以下の3つの期間に分かれています。

・第1期間:2014年1月1日~2017年12月31日の4年間
・第2期間:2018年1月1日~2021年12月31日の4年間
・第3期間:2022年1月1日~2023年12月31日の2年間

■他の金融機関でお持ちのNISA口座をSBI証券で開設するまでの流れ(予定)

1 お客さま

  • SBI証券に金融機関変更の書類請求申込
  • 必要書類のお受取

※予約申込をされたお客さまにつきましては、2015年1月初旬(予定)に金融機関変更に必要な書類を発送させていただきます。

2 お客さま

  • ご利用中の金融機関で「非課税管理勘定廃止通知書(※1)」もしくは「非課税口座廃止通知書(※2)」のご用意

※1)年単位でNISA口座の金融機関を変更する場合は、「非課税管理勘定廃止通知書」

※2)NISA口座を廃止した後、NISA口座を再開設する場合は、「非課税口座廃止通知書」

  • SBI証券に必要書類のご返送

※詳しくはWEBサイト等を通じて別途ご案内いたします。

3 SBI証券

  • 税務署への申請

※税務署の確認には一定のお時間を要します。

4 SBI証券

  • NISA口座の開設・お客さまへのご連絡

「当社からのお知らせ」やご登録のEメールアドレス宛へ通知させていただく予定です。
⇒SBI証券のNISA口座でお取引いただけます。

~~以上、SBI証券のウェブサイトからの抜粋~~

2015年になったら、今回のSBI証券のように、「他社からのNISA口座の乗換、歓迎!」という証券会社が多くなると思われます。

▼関連記事

NISA口座、2015年から毎年 証券会社の変更が可能になります

NISA関連情報カテゴリ【ニーサ】

NISA口座で取引できる「日本国内の金融商品」の比較表 【ネット証券各社】

NISA口座で取引できる「海外の金融商品」の比較表 【ネット証券各社】

楽天証券のNISA口座では、株取引の手数料が無料となる

SBI証券、NISA口座における2014年度の株式売買手数料を無料に設定

SMBC日興証券、NISA口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーン実施

安藤証券、NISA口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーン実施

カブドットコム証券、NISA口座における株式買付 手数料無料キャンペーン実施

ネット証券、口座開設キャンペーンのまとめ 【期間限定】

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2016年12月30日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2016年12月31日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。2017年1月31日まで、15000円分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は最強の個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2016年12月31日まで口座開設とFX取引で、最大8万円分の楽天ポイントがもらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする