SBI証券、日経225先物におけるJ-NETクロス取引の注文サービスを改善

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

SBI証券が 2018年5月21日に日経225先物・オプションの注文サービスを改善します。

まず、J-NETクロス取引がサービス改善されます。対象注文が拡充します。

SBI証券のユーザーが利用できるJ-NETクロス取引とは、日経225先物取引におけるSBI証券ユーザーの注文と、SBIジャパンネクスト証券の顧客の注文について、SBI証券の社内でマッチングを行ない、取引所の立会外市場(J-NET)で約定させる取引です。

マッチングが行われた場合、取引所の立会価格より有利または同価格で約定が可能なため、取引所立会市場に注文するよりも有利な価格での取引機会を享受できる可能性があります。

J-NETクロス取引について詳しく知りたい方は、下記リンク先の記事を読んでください。

さて、2018年5月21日から、下記の注文種別と執行条件が、J-NETクロス取引の対象注文となります。

注文種別 OCO、IFD、IFDOCO
執行条件 逆指値

これによりJ-NETクロス取引を選択し、逆指値や特殊注文を利用した場合に取引所立会取引より有利な価格で約定する可能性が出てきます。

また、SBI証券にはHYPER SBIというパソコン向けのトレーディングソフトがありますが、2018年5月21日から、このソフトでの日経225先物の決済注文がより便利になります。

HYPER SBIでの決済注文において、同一銘柄で建値価格が違う建玉を複数保有している場合、建値価格順での自動指定(建単価低順、建単価高順)が可能になります。

これにより建値価格が違う複数建玉の決済注文をする際の利便性が向上します。

以下、SBI証券のウェブサイトからの抜粋です。

~~~

先物・オプションの注文サービス改善(J-NETクロス取引、HYPER SBI一括決済)

5/21(予定)より、先物・オプションの注文サービスがパワーアップ!

今回改善するポイントは2つ、 1点目は、J-NETクロス取引の対象注文が拡充、注文執行条件の「逆指値」および注文種別の「OCO、IFD、IFDOCO」が新しく対象になります!

これによりJ-NETクロス取引を選択し、逆指値や特殊注文を利用した場合に取引所立会取引より有利な価格にて約定する可能性があります。さらに、再判定時のマッチング価格についても改善します。

2点目は、HYPER SBIでの決済注文がより便利に!同一銘柄で建値価格が違う建玉を複数保有している際に、建値価格順での自動指定(建単価低順、建単価高順)が可能になります!

これにより建値価格が違う複数建玉の決済注文をする際の利便性が大幅に向上します。

SBI証券の先物・オプションサービスは、今後もサービス改善を図ってまいります。是非、この機会にサービス改善した先物・オプションの活用をご検討ください!

 ~~中略~~

1.J-NETクロス取引がサービス改善!対象注文が拡充

J-NETクロス取引の対象注文が拡充!

一部マッチング時の再判定価格が改善!

J-NETクロス取引を選択いただいたご注文については、機関投資家の注文とマッチングが可能か確認をしています。

ご注文いただいた中で、一部がマッチング可能と判定された注文については、残数量の注文について再度マッチングが可能か判定いたします。

今までは、1度目の判定価格と同価格にて再判定しておりましたが、今後は大阪取引所 立会市場の最良気配価格を確認し、その価格にてマッチング可能か判定する方法に変更いたします。

これにより、マーケット価格により則した価格にて約定することが可能となります。

注文画面イメージ

 ~~中略~~

2.HYPER SBIでの決済注文がより便利に

HYPER SBIでの決済注文において、同一銘柄で建値価格が違う建玉を複数保有している場合、建値価格順での自動指定(建単価低順、建単価高順)が可能になります!

これにより建値価格が違う複数建玉の決済注文をする際の利便性が大幅に向上します。

HYPER SBIでの決済注文がより便利に

※先物・オプション口座開設でHYPER SBIの利用料がもれなく無料に!無料のご利用条件の詳細はこちら

~~以上、SBI証券のウェブサイトからの抜粋~~

▼関連記事

SBI証券、テーマ投資サービスを「テーマキラー!」にリニューアル

SBI証券、SBBO-Xサービスを開始

SBI証券のメリットとは?

SBI証券の一般信用取引の短期売り注文のメリット

SBI証券、スタンダードプランの株取引の手数料を値下げ

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2018年12月28日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2018年12月31日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。現在、Amazonギフト券4000円分がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。

  • SBI証券・・・投資家の口座開設数が430万口座を超えておりオンライン証券業界で首位です。(2018年6月末現在)

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

  • カブドットコム証券・・・IPOがシステム抽選で全てのユーザーに公平なチャンスがあります。また一般信用取引の売建可能銘柄の数が豊富なので、株主優待銘柄をつなぎ売りで狙うのに適した証券会社です。

 

※上記の証券会社7社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする