楽天証券、米国株リアルタイム株価の利用料を値下げ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

楽天証券米国株リアルタイム株価の利用料を、2018年10月10日の15時から値下げすると発表しました。

米国株リアルタイム株価を利用すれば、個別銘柄だけでなくNYダウやS&P500指数、NASDAQなどの指数もリアルタイムで株価を確認できます。

今までの利用料は一月あたり1000円(税抜)でしたが、2018年10月10日から一月あたり300円(税抜)に値下げされます。

リアルタイム株価はウェブページだけでなく、パソコン用の株取引ツールであるマーケットスピード1でも利用できます。

なお、米国株リアルタイム株価サービスは、過去1ヶ月に手数料が発生する米国株式の約定が1回以上ある人は、利用料が一ヶ月間無料になります。ETFETNの約定でも無料利用条件に該当します。

以下、楽天証券のウェブサイトからの抜粋です。

~~~

米国株リアルタイム株価利用料を大幅に引き下げ!

2018年10月3日

▼要約すると

  • 米国株リアルタイム株価利用料を300円(税抜き)に引き下げ!
  • 過去1ヵ月の間に1回以上米国株の約定があれば、無料で利用可能!

お客様からのご要望にお答えして、10月10日(水)15:00申込み分より米国株リアルタイム株価の利用料を以下の通り変更します。

米国株リアルタイム株価を利用すれば個別銘柄だけでなくNYダウやS&P500指数、NASDAQなどの指数もリアルタイムで株価を確認できるようになり、相場状況の把握に役立ちます。

米国株式は、経済指標の発表や大統領選挙などのイベントがあるときは1日の中で大きく動くことがあります。リアルタイム株価を活用してより細かい投資の判断にお役立てください。

リアルタイム株価はウェブページだけでなく、マーケットスピードでも利用できます。

利用料が安くなった米国株リアルタイム株価を活用して、より快適な米国株式投資をお楽しみください!

~~以上、楽天証券のウェブサイトからの抜粋~~

アメリカの株式市場は、株価の値幅制限がありません。つまり、ストップ高やストップ安が存在しません。

なんらかの原因で取引が異常に活発化すると、株価が乱高下することがあります。

米国株取引をする人は、そのような時に備えて楽天証券の米国株リアルタイム株価のようなサービスを契約しておいた方がいいわけですが、今までは利用料が一月あたり1000円(税抜)するのがネックでした。

10月10日以降は、一月あたり300円(税抜)に値下がりするので、利用するためのハードルはかなり下がりました。

なお、マネックス証券SBI証券が提供する米国株リアルタイム株価サービスは、利用料が一月あたり500円(税抜)となっています。詳細を知りたい方は、下記リンク先の記事をクリックかタップしてください。

▼関連記事

楽天証券、自動入出金の設定で現金1000円プレゼントキャンペーン実施中

楽天証券、米国株式の取引手数料を値下げ

マネックス証券、米国株取引のスマホアプリとウェブ画面に板情報とニュース機能を追加

マネックス証券、「米国株 手数料キャッシュバック プログラム」実施中

SBI証券、米国株のテーマ・キーワード検索サービスを開始

マネックス証券が米国株取引に円貨決済を導入

SBI証券、米国株式や米国ETFの定期買付サービスを開始

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2018年12月28日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2018年12月31日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。現在、Amazonギフト券4000円分がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。

  • SBI証券・・・投資家の口座開設数が430万口座を超えておりオンライン証券業界で首位です。(2018年6月末現在)

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

  • カブドットコム証券・・・IPOがシステム抽選で全てのユーザーに公平なチャンスがあります。また一般信用取引の売建可能銘柄の数が豊富なので、株主優待銘柄をつなぎ売りで狙うのに適した証券会社です。

 

※上記の証券会社7社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする