キンカブのメリットとデメリット

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 5

SMBC日興証券にはキンカブという通常の株取引とは違うやり方で株が買える注文方法があります。

通常の株取引の場合ですが、株式市場で「自分が持っている株をこの値段で売りたい」という人と、「その株ならこの値段なら買ってもいい」という人が、お互いに歩み寄って値段が合致したときに売買が成立します。市場における需要と供給で成立する価格が決まるわけです。

さて、SMBC日興証券のキンカブですが、キンカブとは「金額・株数指定取引」の略称です。

例えば、キンカブで金額指定注文を使用すると、1銘柄につき500円単位の金額を指定して発注が可能です。

例を挙げると、ソフトバンクグループの株価が1万円だと仮定すると、売買単位は100株なので、東証における通常の株取引だと、買い注文に最低でも100万円の資金が必要です。

しかし、キンカブで金額指定注文を使用すると、500円から買い注文を出せます。ただし、500円では100株は買えません。500円で約定したら、部分的に端数株を所有することになります。

ソフトバンクグループの株価が1万円だと仮定して具体的に計算すると「500÷10000」なので、500円を投資すると0.05株を保有できることなります。通常の株式市場での株の売買とは、仕組みが異なっていますよね。

ここまで読んで、「キンカブって、なんだかややこしいな」と思った方もいるでしょうが、メリットも多数あるのでキンカブのことを解説します。

▼キンカブのメリット

  1. 株価に縛られず、500円から金額指定で売買できる
  2. 単元株数に縛られず、株数指定で売買できる
  3. 約定代金100万円までは買い手数料は0円
  4. 東証、マザーズ、JASDAQに上場する主な銘柄が対象
  5. 単元株数に達した株は保護預り口座に振り替えできる
  6. 端株を保有していても配当に相当するお金はもらえる

1 株価に縛られず、500円から金額指定で売買できる

500円以上、500円単位で指定した金額で対象銘柄を売買することができます。例えば10万円を、10銘柄に1万円ずつ分散して投資したりできます。

2 単元株数に縛られず、株数指定で売買できる

例えば、ソフトバンクグループの株は通常は100株からしか売買できませんが、キンカブなら1株でも発注が可能です。

3 約定代金100万円までは買い手数料は0円

キンカブの手数料は、通常のSMBC日興証券の株取引の手数料と異なっています。

VWAP値(分かりやすく言うとその日の平均の株価)に対して、スプレッドの手数料がかかります。

注文金額が100万円以下の場合、買付時のスプレッドは0になっているので、100万円以下の買付の約定だと手数料が無料になります。

なお、キンカブのスプレッドは下記のようになっています。

概算注文金額
スプレッド
買付
売却
100万円以下
0.0%
0.5%
100万円超
1.0%
1.0%

4 東証、マザーズ、JASDAQに上場する主な銘柄が対象

キンカブで取引ができる上場銘柄は、2018年11月時点で約3700銘柄です。

全上場株式が約4000銘柄なので、キンカブでは9割以上の上場銘柄が取引可能となっています。

5 単元株数に達した株は保護預り口座に振り替えできる

例えば、ソフトバンクグループの株を、10株ずつ買っていくとして、10回買えば全部で100株買ったことになります。

100株になれば通常の単元株として扱えます。キンカブ口座に単元株振替機能が搭載されているので、これを使えばキンカブから通常の証券取引口座に、通常の株式として移せます。通常の証券取引口座に移した後は、株主優待がもらえるようになります。

6 端株を保有していても配当に相当するお金はもらえる

キンカブでは、「1株」など中途半端な数で株を保有していても配当に相当するお金はもらえます。

配当金は、権利確定日における持分数量に応じて比例按分のうえ、証券取引口座に入金されます。

▼キンカブのデメリット

キンカブのデメリットですが、株の売却の手数料は高めです。

注文金額100万円以下の売却で、0.5%のスプレッド(手数料みたいなものと思ってください)が徴収されます。

注文金額100万円超の売却では1%のスプレッドが徴収されます。

また、キンカブで単元未満株(端株)を保有している場合、配当金に相当するお金はもらえますが、株主優待はもらえません。議決権も権利がもらえません。株主優待や議決権がほしい場合、単元株になるまで株式を買い増していく必要があります。

▼キンカブのポイント

SMBC日興証券のキンカブは売却の費用が高めなので、株の短期売買には向きません。

向いているのは、少額で株を買っていく積立投資です。なぜなら、キンカブにおける株の買付のコストは注文金額100万円以下なら無料だからです。

「配当利回りが高い銘柄を、毎月こつこつ積立で買っていく」といった投資にキンカブは向いています。

▼関連記事

SMBC日興証券のメリットとは

SMBC日興証券は信用取引の手数料が常に無料

SMBC日興証券、逆日歩予報を提供開始

SMBC日興証券がオンライン株取引にIPO優遇特典を導入

SMBC日興証券の信用取引の資金効率が改善

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

 

※上記の証券会社7社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする