片山晃(五月)さんがロックアップ期間中にモダリス株を全て売却

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 6

億万長者トレーダーの片山晃氏が、2020年に新規上場したモダリス株ロックアップ(売却禁止)期間中に全て売却していたことが判明しました。

片山晃氏(ハンドルネーム五月さん)が、モダリス社から2019年4月に株式の割当を受けた60万株については、上場日以後6ヶ月を経過する日までの間に売却しては駄目なルールになっていました。

モダリスの上場日は2020年8月3日だったのですが、同社の発表によると2020年12月末時点で株主名簿の60万株保有の位置に片山氏の名前がなかったことから、売却が判明しました。8月3日から12月末時点のどこかで売ってしまったということですね。

ちなみに、下記リンク先は片山氏が自分で書いているブログですが、モダリス株のロックアップ違反について説明を行っています。

モダリス株の制度ロックアップ違反に関する補足と今後の対応について

このロックアップ違反の件ですが、私は衝撃を受けました。「ロックアップがかかっているIPO株でも個人投資家は大量に売却できてしまうのか!」と。

東京証券取引所に大量売却の注文が通ってしまうんですね。東証の方で「ロックアップ銘柄の売却は受け付けない」というシステム的な設定は存在しなかったということです。

この東証の制度上のお粗末さは、2005年に発生した みずほ証券によるジェイコム株の大量誤発注事件を思い出します。

このジェイコム株の事件では、ジェイコムの総発行株式が14500株しか存在しないにも関わらず、みずほ証券は61万株の空売り注文を出して、東証がその注文をシステム的にはじかず、多くの注文が約定しました。

空売り注文を出したみずほ証券は株の買い戻しをせざるを得ず400億円以上の損失を出しました。

今は東証のシステムが改正されているかもしれませんが、私はジェイコム株の事件で「機関投資家はIPO銘柄ですら大量の空売り注文を出せる」ということを知り戦慄したものです。

片山晃氏は銀行や証券会社などの機関投資家ではありませんが、片山氏が起こしたロックアップ違反の影響で、今後、東証がロックアップ中の売り注文を防ぐようシステム改修を行う可能性があるではないかと考えています。

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピード2の情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。現在、Amazonギフト券4000円分がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。また米国株取引サービスに強みがあります。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

  • SBIネオトレード証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。信用取引の手数料は常に無料です。

  • auカブコム証券・・・IPOがシステム抽選で全てのユーザーに公平なチャンスがあります。また一般信用取引の売建可能銘柄の数が豊富なので、株主優待銘柄をつなぎ売りに使える証券会社です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする