楽天証券が「MARKETSPEED II」を2018年秋にリリース予定

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

楽天証券にはマーケットスピードという株取引と日経225先物取引に対応したパソコン用のトレーディングツールがあります。

このマーケットスピードの後継にあたるツール「MARKETSPEED II」が2018年秋に提供開始になる予定です。Windows7、8.1、10のパソコンで利用可能なツールとなっています。

「MARKETSPEED II」は、「アイスバーグ注文、スナイパー注文、トレイリング注文」といったアルゴ注文機能が搭載される予定です。

以下、楽天証券ウェブサイトの発表文からの抜粋です。

~~~

新トレーディングツール「MARKETSPEED II」提供開始のお知らせ【PDF】

‐これまで以上にスピーディなお取引を体感できる‐

楽天証券株式会社(代表取締役社長:楠 雄治、本社:東京都世田谷区、以下「楽天証券」)は、2018年秋(予定)に、トレーディングツールの先駆けである「MARKETSPEED」を全面リニューアルした、「MARKETSPEED II」を新たに提供開始することをお知らせします。なお、本ツールは現在ご利用いただいている「MARKETSPEED」と併用してのご利用も可能です。

「MARKETSPEED II」には、以下の3つの特徴があります。

  1. これまで以上にスピーディなお取引を体感!情報確認から注文執行までの時間を短縮
  2. 豊富な情報量を1つの画面に!優れた操作性と自由度が広がるカスタマイズ性を実現         「MARKETSPEED」で人気の機能もパワーアップ!
  3. プロの投資家等も利用する高性能な取引が実現できる!「アルゴ注文」機能を搭載

楽天証券は、2000年に個人向けに初めてリアルタイムで株価配信を行ったPC向けトレーディングツール「MARKETSPEED」※1をはじめ、Mac専用のトレーディングツール「MARKETSPEED for Mac」、スマートフォンアプリ「iSPEED」シリーズへの展開など、トレーディングツールの提供に力を入れております。業界に先駆けたサービス提供とお客様からのお声を積極的に取り入れた改善を常に心がけ、個人投資家から多くの好評を博しています。

今回新たに提供する「MARKETSPEED II」は、これまで楽天証券が培ってきたトレーディングツールの優れた機能を活かすと共に、より高度なお取引を実現いただくためお客様から寄せられてきたご要望や、実際に日々アクティブにトレーディングを行っているお客様に直接ご意見をいただきつつ、開発を進めてまいりました。新旧様々な機能を最適な形でご活用いただくことで、より多くの投資情報をお取引に活かしていただける環境が整います。

楽天証券は、これからも個人投資家であるお客様の取引環境をより良いものにするべく、「MARKETSPEED II」をはじめ、お客様のニーズに即したサービスや商品を提供してまいります。

■「MARKETSPEED II」3つの特徴
1.これまで以上にスピーディなお取引を体感!情報確認から注文執行までの時間を短縮

取引に関する一連の流れをスピードアップするため、以下の機能改善を行いました。

・投資情報の配信速度向上
・注文入力から執行までの操作性を改善
・発注に関わるプログラムロジックを改善したことで、執行速度が大幅向上

これにより、これまで以上にスピーディなトレーディングをご体感いただけるようになります。

2.豊富な情報量を1つの画面に!優れた操作性と自由度が広がるカスタマイズ性を実現

多彩な情報を一目で確認できる「個別銘柄」機能をはじめ、お気に入り銘柄のチャートが一覧で表示できるマルチチャート機能などを利用することで、一画面で表示できる情報量が大幅に増えます。また、かねてよりお客様からご要望をいただいていたマルチウィンドウ画面を搭載し、操作性・カスタマイズ性の向上を実現しました。

さらに、高性能な板発注機能である「武蔵」をはじめ、「チャート」や「ザラバ情報」、「ランキング情報」など、現在、「MARKETSPEED」で特に人気の高い機能も強化して搭載します。

3.プロの投資家等も利用する高性能な取引を実現できる!「アルゴ注文」機能を搭載
事前の条件登録によって自動で注文を発注することができる「アルゴ注文」機能をご利用いただけます。主な注文機能は以下の3つです。

・アイスバーグ注文:
1つの注文を複数に小口分割し、約定するたびに逐次発注します。氷山のように全体を見せずに大口の注文を執行することが可能です。

・スナイパー注文(R):
事前に発注を行わず、指定した価格の気配が表示された瞬間に発注する機能です。また、約定しなかった注文数量は自動的に取り消され、再度指定した価格気配が表示された際に再発注を行います。自身の注文を市場にさらさないで待つことができ、取引があまり活発でない銘柄を取引する際に特に有効です。主要オンライン証券で「スナイパー注文(R)」を提供するのは、楽天証券が初めてです。※2

・トレイリング注文:
損切りを行うための逆指値注文の設定価格(トリガー価格)が、株価に連動して自動的に修正される機能です。損失を最小限に抑えつつ、株価が有利な方向に動いた場合には、利益を大きく得られる可能性があります。

 ~~中略~~

※1:既存の「MARKETSPEED」は、国内株式のほか、米国株式、FX(外国為替証拠金取引)、日経225先物、オプション、海外先物などのお取引をいただけます。「MARKETSPEED」

※2:2018年6月29日時点、楽天証券調べ。主要オンライン証券とは、SBI証券、カブドットコム証券、松井証券、マネックス証券をいいます。

以上

~~~以上、楽天証券ウェブサイトの発表文からの抜粋~~~

MARKETSPEEDのフルモデルチェンジした新バージョンが開発中ということで、リリースされたら使用してみたいと考えています。

「MARKETSPEED II」のリリース日が決定したら、また当サイトの記事で取り上げる予定です。

▼関連記事

楽天証券、自動入出金の設定で現金1000円プレゼントキャンペーン実施中

楽天証券、超割コースの株取引手数料を値下げ

楽天証券、いちにち定額コースの手数料を値下げ。10万円まで取引が無料

楽天証券、大口顧客の現物株取引の手数料を値下げ【超割コース】

楽天証券、「いちにち信用取引 売買代金100万円以上で金利・貸株料0%」を恒久化

楽天証券、らくらく担保を開始

楽天証券で投信積立を行うと買付手数料が全額ポイントバックされる

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2018年9月30日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2018年9月30日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。現在、Amazonギフト券4000円分がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。

  • SBI証券・・・投資家の口座開設数が420万口座を超えておりオンライン証券業界で首位です。(2018年3月末現在)

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

  • カブドットコム証券・・・IPOがシステム抽選で全てのユーザーに公平なチャンスがあります。また一般信用取引の売建可能銘柄の数が豊富なので、株主優待銘柄をつなぎ売りで狙うのに適した証券会社です。

 

※上記の証券会社7社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする