楽天証券のiSPEEDでは米国株式取引機能が可能

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 6

楽天証券にはiSPEEDというスマートフォン用の株取引アプリがあります。利用料は無料でiPhoneやAndroidスマートフォンに対応しています。

2020年4月27日から、このiSPEEDが米国株式取引に対応しています。米国株式の銘柄情報の閲覧や注文、銘柄管理ができるようになりました。

また、企業情報、業績・予測、ニュースなどの情報の全てが無料で閲覧可能です。

別途、月額300円(税抜)の米国株リアルタイム株価を契約すれば、アメリカ市場に上場している銘柄のリアルタイムな株価を、アプリで閲覧することも可能になります。

私は楽天証券の口座を開設しているので、iPhoneでiSPEEDの米国株取引画面を使ってみました。パソコンのウェブサイトの米国株取引画面でできることは、iSPEEDでもほとんどができる印象です。

以下、米国株取引の画面を取り込んだ画像です。

楽天証券のiSPEEDの画面

↓以前にはなかった米国株式の注文ボタンが表示されています。

↓iSPEEDで米国株市場のランキングを閲覧することが可能です。これは「株価値上がり率ランキング」の画面です。

1位の銘柄が株価25.4%アップの急騰を見せていますが、これはアメリカ株市場にストップ高がないからですね。

↓こちらは出来高ランキングの画面です。この日のランキングで19位に有名企業のアップル社が載っていたので、今回はこの銘柄の画面を見ていきましょう。

↓個別銘柄の注文画面はこのようになっています。

↓個別銘柄の要点をかいつまんだサマリーの画面です。

↓当日の出来高、高値、安値などが見れます

↓個別銘柄の株価チャートを、5分足・日足・週足・月足で並べて表示可能です。

↓個別銘柄のニュース記事を読むことが可能です。これはニュースの見出し一覧の画面です

↓ニュース記事の本文です

↓iSPEEDでは米国市場の上場企業の起業情報を閲覧することが可能です。財務指標や業績予測の情報を見ることも可能です。

↓財務指標の画面です。アップル社はROEも高いですが、PBRの数値も高いですね。

↓業績予測の画面です。あくまで予測の数値ですが、1株あたり配当やPERの情報を見られるのは便利です。

↓「1株あたりデータ」の画面です。こちらは過去の実績を元にしたデータです。なので、EPSや1株あたり配当の数値が先ほどの業績予測の画面とは異なっていますね。

↓業績の推移をグラフで見ることが可能です

↓損益計算書、貸借対照表、キャッシュフローの数字を閲覧可能です

以上、iSPEEDの画面をキャプチャした画像でした。

以下、楽天証券のウェブサイトからの抜粋です。

~~~

【4月28日更新】iSPEEDの米国株式取引対応がリリースしました!

2020年4月28日 更新

 ~~前略~~

お待たせしました。iSPEEDに米国株式の取引機能を搭載します。

2020年4月27日(月)から、iSPEED for iPhone/Androidは米国株式取引を完全サポートします。国内株式と同じアプリで、米国株式の銘柄情報の閲覧や注文、銘柄管理ができるようになります。

総合口座を開設済みのお客様であれば、iSPEEDをインストールするだけですぐに米国株式の取引きを開始頂けます。国内株式取引と変わらぬ操作性を体験頂き、世界最大の株式市場に投資しませんか?

※「マネーブリッジ」の自動入出金(スイープ)機能は、現在米国株式の売買に対応しておりません

要約すると

  • 米国株式投資に必要な情報が無料でご利用いただけます
  • 国内株式取引と変わらぬ操作性でご注文頂けます
  • 様々な便利機能(お気に入り銘柄管理や、プッシュ通知、AppleWatch対応など)をご利用いただけます。

~~以上、楽天証券のウェブサイトからの抜粋~~

私が知りうる限りでは、スマホ向けの米国株取引アプリをリリースするのはマネックス証券に次いで楽天証券が二社目です。

他のアメリカ株取引の機能について比較が見たい人は、下記リンク先の記事をクリックしてください。

米国株の取引ができるネット証券3社の比較

▼関連記事

楽天証券、米国株の最低取引手数料を無料に引き下げ

マネックス証券の銘柄スカウター米国株でできること

マネックス証券の米国株投資では早朝に取引を行うことも可能

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。信用取引の手数料は常に無料です。。2020年12月30日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、株取引と日経225先物の手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2020年10月31日まで口座開設で現金2000円がもらえるキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。現在、Amazonギフト券4000円分がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。また米国株取引サービスに強みがあります。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピード2の情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。

  • SBI証券・・・投資家の口座開設数が500万口座を超えておりオンライン証券業界で首位です。(2020年2月末時点)

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

  • auカブコム証券・・・IPOがシステム抽選で全てのユーザーに公平なチャンスがあります。また一般信用取引の売建可能銘柄の数が豊富なので、株主優待銘柄をつなぎ売りに使える証券会社です。

 

※上記の証券会社7社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする