エヴァンゲリオン関連銘柄

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 6

「シン・エヴァンゲリオン劇場版:||」が公開されているので、エヴァンゲリオン関連銘柄をピックアップしてみました。

  • 東映・・・シン・エヴァンゲリオン劇場版の配給を東宝と共同で担当。両社が共同で映画を配給するのは異例である。
  • 東宝・・・シン・エヴァンゲリオン劇場版の配給を東映と共同で担当。(ちなみに東宝は「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」の配給も担当している。)
  • モブキャストホールディングス・・・「エヴァンゲリオン バトルフィールズ」という同社の子会社モブキャストゲームスが製作委員会に参画し開発中のスマートフォン向けゲームアプリがある。
  • KADOKAWA・・・新世紀エヴァンゲリオンの漫画版(貞本義行版)の愛蔵版・全7巻を2021年1月より順次新発売。
  • ゼンショーホールディングス・・・参加の飲食チェーンである「すき家」や「はま寿司」などでエヴァンゲリオンとのコラボキャンペーンを実施。
  • フィールズ・・・遊技機の企画開発、販売が軸。「エヴァ」シリーズ著名。円谷プロ買収等コンテンツ事業拡充も行っている。株式会社ビスティ製作の「CR新世紀エヴァンゲリオン(パチンコ)」と「新世紀エヴァンゲリオン(パチスロ)」の販売元。
  • SANKYO・・・パチンコ製造大手。ビスティはSANKYOのグループ企業。
  • ネットフリックス・・・動画配信サービス大手。日本国内で、テレビアニメ版の新世紀エヴァンゲリオンをサブスクリプション(月額定額)で見放題なのは今のところNetflixだけ。

今回の記事では、新世紀エヴァンゲリオンシリーズを、機動戦士ガンダムシリーズやスターウォーズシリーズなどと同じ様に一つの産業として捉えてみました。

記事の作成に当たってウィキペディアの新世紀エヴァンゲリオンの項目は非常に参考になりました。先人の知識に感謝です。

なお、エヴァンゲリオンは過去にスマートフォンのゲームアプリとたびたびコラボキャンペーンを実施しているので、ガンホーなどがまたコラボを実施することがあったら、その時は注目でしょうか。

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピード2の情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。現在、Amazonギフト券4000円分がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。また米国株取引サービスに強みがあります。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

  • SBIネオトレード証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。信用取引の手数料は常に無料です。

  • auカブコム証券・・・IPOがシステム抽選で全てのユーザーに公平なチャンスがあります。また一般信用取引の売建可能銘柄の数が豊富なので、株主優待銘柄をつなぎ売りに使える証券会社です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする